【10月27日は何の日】豆知識~「テディベアの日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

10月27日は何の日かというと

テディベアの日」。

 

スポンサーリンク




 

あなたは

テディベア

と聞いて何をイメージしますか?

 

私はただ単に

「クマのぬいぐるみ」としか

イメージできませんでした。

 

意外と私のような人は

多いのかもしれません。

 

確かにテディベアは

クマのぬいぐるみ。

 

しかし、テディベアは

歴史があるぬいぐるみ。

 

しかもテディベアが作られたのにも

様々ないきさつが!

 

テディベアは

アメリカの大統領の優しさ

ドイツで行われた見本市

ニューヨークの百貨店で販売

という流れで誕生し、一気に人気者に!

 

そんなテディベアに

迫っていきたいと思いました。

 

そこでテディベアの意外な誕生秘話や

「テディベアの日」が制定された経緯

について取り上げていきます。

 

 

豆知識①テディベアの意外な誕生秘話

 

結論から言うと、テディベアの名前の由来は

当時のアメリカの

セオドア・ルーズベルト大統領

 

「セオドア」という名前は別名

「テディ」もしくは「テッド」。

 

すなわち

テディ(セオドア)のクマ

という意味が込められて作られた

テディベア。

 

ここで

「なぜ大統領の名前が由来になったんだ?」

という疑問がでてきますよね。

 

これには

大統領の優しさを表す

エピソード

から大統領の名前が由来になりました。

 

そのエピソードが起こったのは

1902年(明治35年)。

 

今から120年以上前の出来事

になりますね。

 

大統領は休日を利用して

友人とハンティングに出かけました。

 

そう、大統領の趣味はハンティング。

 

ただ、その日は思うように

ハンティングができなかった。

 

そんな中、友人の一人が瀕死の子クマを

捕まえました。

 

その友人は大統領に

「この子クマへ最期の一撃を!」と

お願いしました。

 

しかし大統領は

「瀕死のクマを撃つのは

スポーツマンシップに反する」

といって、これを拒否したんです。

 

結局この子クマを逃がすことに!

 

このエピソードを同行していた新聞記者が

イラストとともに記事にしました。

 

このエピソードがアメリカ国中に広まって

大統領は人気者になりました。

 

この記事を見た

ブルックリンのお菓子屋さんの店主が

「クマのぬいぐるみを店に飾ろう」と思い、

クマのぬいぐるみを作ることにしました。

 

そして飾られたぬいぐるみの片隅に

解説として書かれていたのが

テディのベア」。

 

つまり、ここまでが全米を湧かせた

「テディのベア」が作られたエピソード。

 

 

そんな中、ドイツの「シュタイフ社」が

クマのぬいぐるみを作っていました。

 

しかし、作ったクマのぬいぐるみは

人気がなくて困ったことに!

 

そこで「クマのぬいぐるみの見本市」

を行ったところ、

ニューヨークの百貨店の目に留まりました。

 

ちょうど見本市が行われていたころ

アメリカでは「テディのベア」のエピソード

盛り上がっていました。

 

偶然なのでしょうけど、

ちょうどいいタイミングでしたね。

 

そしてテディのベアがアメリカに大量に輸入

されたことから「テディベア」が

広まっていきました。

 

つまり、

 

・ 大統領が瀕死の子クマを逃がした

 

・ 同行していた新聞記者が

  このエピソードを

  イラストとともに記事にした

 

・ お菓子屋の店主がイラストを見て

  「テディのベア」を作って店に飾った

 

・ ドイツで行われた

  「クマのぬいぐるみの見本市」を見た

  ニューヨークの百貨店が

  テディベアを大量輸入

 

・ テディベアの人気に火が付いた

 

という流れでテディベアが誕生し、

人気を集めたということですね。

 

こうしてみると、テディベア誕生の発端は

大統領のハンティングでのエピソード。

 

そして、色んな偶然が重なって

テディベアが商品化し人気者に!

 

これがテディベアの歴史の始まりです。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識②「テディベアの日」が制定された経緯

 

前置きがだいぶ長くなりましたが、

大統領の誕生日は

10月27日

 

これにちなんで10月27日が

「テディベアの日」に選ばれました。

 

 

その後イギリスでもこの

テディベアのコレクターを中心に

心の支えを必要とする人たちに

テディベアを贈る運動

が行われるようになりました。

 

今ではこの運動が世界中に広がっており、

日本でも

日本テディベア協会

が1997年から実施しています。

 

 

というわけで、テディベアは古くから

そしてこれからも愛され続けて

いくことでしょう。

 

 

10月27日は何の日?まとめ

 

10月27日は「テディベアの日」。

 

ということでテディベアの意外な誕生秘話や

「テディベアの日」が制定された経緯に

ついて取り上げてきました。

 

「テディベアの日」は

セオドア・ルーズベルト大統領の誕生日。

 

元をたどれば大統領の優しさから生まれた

「テディベア」。

(ハンティングする人が

優しいか否かは置いといて)

 

120年以上も前のことで

歴史のあるエピソードから生まれた

「テディベア」。

 

今でも人々の「心の支え」として

世界中に親しまれている「テディベア」。

 

「テディベアの日」をきっかけに

テディベアのエピソードを知っていただき

テディベアに対する接し方が

変わってくれたら幸いです。

 

 

スポンサーリンク