10月26日は何の日?今日は【青汁の日】

 

 

おはようございます、まちゃはるです。

 

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

昔はまずいと評判だったものの

記念日もあります。

 

スポンサーリンク

今回はそういう記念日です。

 

今では改良されて

まずいとは言えなくなりましたね。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで10月26日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで10月26日は何の日かというと

青汁の日

 

皆さんは青汁と聞いて

何をイメージしますか?

 

身体に良い飲み物、野菜不足を補う飲み物等

様々だと思います。

 

私は「まずい、もう一杯」という

CMのイメージが拭えません。

 

これは後述しますが、「まずい、もう一杯」

と言って青汁を飲んでいるというCMが

ありました。

 

そのイメージが強烈すぎて

今だに青汁を見るたびに思い出します。

 

そんな青汁の歴史について

迫っていきたいと思いました。

 

そこで、【青汁の日】が制定された経緯と、

青汁の歴史について取り上げていきます。

スポンサーリンク

 

 

豆知識①【青汁の日】が制定された経緯

 

【青汁の日】を制定したのは

株式会社アサヒ緑健さん。

 

有機大麦若葉を主原料とした青汁シリーズ

(緑効青汁、青汁×コラーゲンほか)

を手掛けている会社ですね。

 

青汁を飲むことで健康になってもらいたい

という思いから制定された【青汁の日】。

 

「IO(アイオー=あお)26(じる)」

の語呂合わせにより10月26日

【青汁の日】に選ばれました。。

 

ちょっと強引な感じがするのは

私だけでしょうか?

 

あまり美味しいとは言えない青汁ですが、

栄養があるから広めていきたいという

生産者の思いが詰まっていますね。

 

そんな青汁の歴史に

迫っていきたいと思いました。

 

ということで

青汁の歴史について取り上げていきます。

スポンサーリンク

 

 

豆知識②青汁の歴史

 

豆知識②-1、私が青汁を知ったきっかけ

 

先ほど述べた通り、

一昔前に「まずい、もう一杯」というCMが

流行っていました。

 

普通テレビでは美味しくなくても美味しいと

アピールするのがCMだと思っていました。

 

しかし自ら「まずい」と言っているので

当時は斬新なCMだなと思っていました。

 

そのCMは1990年(平成2年)に

放送されましたから、

もう28年前になるんですね。

 

私は「青汁の歴史」はこれが始まりで、

まだ歴史が浅いものだと思っていました。

 

しかし、青汁は相当昔から

あったそうです。

 

 

豆知識②-2.青汁の歴史は古い

 

日本の古い医書に「健康飲料」として

青汁が活用されていたということが

書かれています。

 

その古いとはなんと

1000年以上も前のものです。

 

すなわち、青汁は1000年も前から

飲まれている、相当歴史のある飲み物

なんですね。

 

これにはびっくり仰天でした。

 

おそらく最初から「まずい」と

評判だった青汁。

 

これまでに手を変え品を変え、

飲みやすくするような工夫が

なされてきました。

 

そのおかげで青汁は

すっかりお馴染みになりましたね。

 

青汁がまだ「まずい」と思われていた時代に

「青汁はまずい飲み物」というイメージを

利用して、バラエティ番組で罰ゲームとして

飲まれていましたね。

 

「◯◯が出来なかったら罰ゲームで青汁」

というのが流行っていて、

タレントさんが鼻をつまんで顔を歪めながら

青汁を飲んでいましたね

 

これを見た視聴者(私も含む)が見たときに

「どんだけまずいんだ」と思ったものです。

 

それで怖いもの見たさ(怖いもの飲みたさ)

と好奇心で青汁を購入した人も多かった

のではないでしょうか。

 

このことが「青汁ブーム」に

火をつけたのですが、過去の歴史を見ると

1000年以上も前から青汁があったこと

にはビックリです。

 

しかし、その後に開発・改良が進み、

はちみつが入った青汁や抹茶風味の青汁が

登場し、飲んで見たら別に不味くはない

という飲み物になってきました。

 

はちみつ入りの青汁は美味しいですね。

 

これからもいろんな開発が

進んでほしいと思います。

 

 

10月26日は何の日?まとめ

 

10月26日は【青汁の日】。

 

ということで青汁の歴史について

取り上げてきました。

 

1000年以上も前から存在していた青汁。

 

「まずい、もう一杯」で

ブームに火が付いた「青汁」。

 

そして改良されて飲みやすくなた青汁。

 

青汁は野菜不足を補うために

登場しました。

 

1日に摂取する野菜の目標量を見ると、

「こんなに食べなければならなの」

と思うぐらいの量ですよね。

 

そこで登場したのが「青汁」。

 

青汁を飲んでもらうことで、

健康になってもらいたいという思いから

制定された【青汁の日】」。

 

 

1000年もの歴史を経て、

製造者の努力により飲みやすくなりました。

 

また、体を張って?青汁をまずそうに

飲んでいたタレントさんのお力添えもあり、

青汁をメジャーな飲み物へと

押し上げてくれました。

 

普段から青汁を飲んでいる方々も、

これらの経緯があったことを頭の片隅に

入れて飲んでいただけたら幸いです。

スポンサーリンク