【10月25日は何の日】豆知識~今日は「新潟米の日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

 

10月25日は何の日かというと

新潟米の日」。

スポンサーリンク




産地が限定されている「新潟米の日」。

新潟といえば日本有数の米どころですね。

 

新潟ではありませんが、

20年ぐらい前に

仕事で宮城県に赴任したときのこと。

 

 

そこの同僚に「北海道から来た」と言ったら

ああ、まずい米を食って

育ってきたんだな

とバカにされ、嫌な思いをしたものです。

 

今思えば失礼極まりないですね。

 

しかし、最近ではその北海道米

も美味しいということで

注目を集めています。

 

北海道は

涼しい気候で病害虫が少ない、

品種改良など様々な要因があり

北海道米は美味しい米

として成長を遂げました。

 

バカにした奴に

「どうだ、見たか!」と

言ってやりたい気分です。

 

その人たちとは

もう会うことはないんですけどね。

 

しかし、新潟は昔から米どころとして

その名を轟かせていますね。

 

新潟米の魅力は

信濃川に含まれる栄養素

栽培の難しさの克服

コメの生育に合った気候

によって生み出されています。

 

 

そんな新潟米に

迫っていきたいと思いました。

 

そこで、「新潟米の日」が制定された経緯と

新潟米の魅力について取り上げていきます。

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

豆知識①「新潟米の日」が制定された経緯

 

「新潟米の日」を制定したのは

JA全農にいがた」。

 

昔から米どころであり

美味しいと評判である

新潟米」。

 

 

この新潟米をより多くの人に

知ってもらいたい。

 

そして新潟米を食べてもらうことで、

新潟米の美味しさを知ってもらいたい

との思いで制定された「新潟米の日」。

 

「1(い)0(いお)2(こめ、に)

5(いがたコシヒカリ)」

いいお米新潟コシヒカリ

という語呂合わせによって

10月25日が「新潟米の日」

に選ばれました。

 

かなり苦しい語呂合わせ。

 

しかし、

その甲斐もあり新潟コシヒカリは

すっかり有名になりました。

 

これもJA全農にいがたの方々をはじめ

生産者の方や関係者の努力の賜物ですね。

 

これには頭が下がる思いです。

 

関係者の方々の努力もあるのでしょうが、

消費者に支持されるような魅力がなければ

ここまで有名にはならなかったはずです。

 

 

その魅力はどこに魅力があるのかについて

迫っていきたいと思いました。

 

そこで、新潟米の魅力について

取り上げていきます。

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

豆知識②新潟米の魅力

 

 

豆知識②-1.信濃川に含まれる栄養素

 

日本一長い川として有名な

信濃川」。

 

信濃川は

長野県、新潟県を流れる

全長367kmの河川

 

古来から大きな川の流域では

様々な文明が発達しましたよね。

 

やはり人間が生きていく上で

水を確保することは

重要なこと。

 

この

信濃川の水に含まれる栄養分が

新潟米を美味しい米に育てた

と言われています。

 

信濃川には雪解け水や土砂が含まれており、

この中には

天然のミネラルが

豊富に含まれています

 

天然のミネラル水によって成長した米が

美味しくないわけがありませんよね。

 

そのため、米に含まれている栄養分は

全国平均の2倍以上です。

 

要するに、信濃川があるという環境が

新潟米を美味しく育て上げ、有名にしたと

いうことですね。

 

 

豆知識②-2.栽培の難しさの克服

 

新潟米、特にコシヒカリは

美味しい一方で、

栽培が難しい米でした。

 

病気に弱い上

繊細だったためで、

作る人も二の足を踏んでいました、

 

それにより

もともと収穫量も少なかった

新潟米の「コシヒカリ」。

 

しかし、関係者の努力に甲斐があり、

長い年月をかけ生産量も増えて、

日本一の米に昇りつめることが

できました。

 

やはり、

地道にコツコツ継続

できるというのは強いですね。

 

継続は力なり

私の大好きな言葉です。

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

豆知識②-3.コメの生育に合った気候

 

いい米が育つ要因として、

日中と夜間の気温差が

大きい方が良い

とされています。

 

また、台風などの被害も少ないことも

いい米ができる要因です。

 

新潟はこの条件を満たしているため、

美味しい米ができるのです。

 

ちなみに北海道でも

この条件に当てはまります。

 

とひと昔前までは認識していましたが

最近の気候では当てはまらないかも

しれませんが。

 

そもそも学生時代に

「北海道には台風が来ない」

と習ったような・・・。

 

やはり地球温暖化の影響を

受けているということでしょうか。

 

ともあれ日中と夜の寒暖差が激しい

台風被害が少ないという条件が

良い米を作ることができる条件の一つ

だったんですね。

 

 

10月25日は何の日?まとめ

 

10月25日は「新潟米の日」。

 

そこで新潟米の魅力について

取り上げてきました。

 

信濃川の水に含まれる豊富な栄養、

栽培の難しさの克服による生産量の増加、

一日の寒暖差があり米の生育に適した気候。

 

そして何より、農家の方々をはじめをはじめ

関係者の血のにじむ努力のおかげで

我々は美味しい米にありつけることが

できます。

 

「新潟米の日」をきっかけに

新潟米を食べていただけたら幸いです。

スポンサーリンク