10月23日は何の日?【じゃがりこの日】

 

 

おはようございます、まちゃはるです。

 

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

普段からよく食べているものの

記念日もあります。

 

スポンサーリンク

今回はそういう記念日です。

 

これだけ世にあふれている食材は

なかなかありません。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで10月23日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで10月23日は何の日かというと

じゃがりこの日

 

皆さんは「じゃがりこ」を

食べたことがありますか。

 

もしかしたら「じゃがりこ」ってなんだ?

と思っている人もいるかもしれません。

 

「じゃがりこ」は簡単に言うと

じゃがいもで作ったスティック菓子の一つ

とでも言いましょうか。

 

今では姉妹品の「とうもりこ」や

「えだまりこ」もありますね。

 

それは置いといて、じゃがいもは

料理のレシピとしてはもちろん、

いろんなお菓子にも使われている

じゃがいも」。

 

今や、食卓にもおやつにも欠かせない

じゃがいも」。

 

そんな「じゃがりこ」や「じゃがいも」に

迫っていきたいと思いました。

 

そこで、【じゃがりこの日】が

制定された経緯、じゃがりこの

名前の由来とじゃがいもの魅力について

取り上げていきます。

スポンサーリンク

 

 

豆知識①【じゃがりこの日】が制定された経緯

 

【じゃがりこの日】を制定したのは

カルビー株式会社

 

おそらく皆さんも知っている会社で

じゃがりこを手掛けている会社ですね。

 

日ごろからじゃがりこを食べてくれている

お客さんに対しての感謝の気持ちと

今後の期待をファンの方に伝えたいとの願い

により制定された【じゃがりこの日】。

 

 

1995年(平成7年)10月23日に

新発売された「じゃがりこ」。

 

これにちなんで10月23日を

【じゃがりこの日】に選ばれました。

 

さて、カルビーさんは「じゃがりこ」に

限らずポテトチップスなど「じゃがいも」を

使った製品が多いですものね。

 

「じゃがいも」という存在に対して

最も感謝しているのではないでしょうか。

 

そんな「じゃがりこ」と「じゃがいも」に

迫っていきたいと思いました。

 

そこで、じゃがりこの

名前の由来とじゃがいもの魅力について

取り上げていきます。

スポンサーリンク

 

 

豆知識②じゃがりこの名前の由来

 

「じゃがりこ」の開発担当者が

「じゃがりこ」がまだ開発段階のとき、

名前が決まっていないこのじゃがいも菓子を

友人に食べさせたそうです。

 

そしたらその友人が

とても美味しそうに食べてくれました。

 

その友人の名前は「りかこ」さん。

そこで開発担当者はピンときました。

 

「じゃがいもりかこ」

⇒「じゃがりかこ」

⇒「じゃがりこ」

ということで「じゃがりこ」という名前に

決定しました。

 

面白い発想ですね。

この友人が「りかこ」さんでなかったら

違う名前になっていたのでしょうか。

 

私が「りかこ」さんだったら

複雑な気持ちですね。

 

嬉しいような、恥ずかしいような、

誇らしいような・・・。

 

これが「じゃがりこ」の名前の由来です。

 

皆さんがお菓子に自分の名前に使われたら

どう思われるでしょうか?

 

ともあれ、じゃがりこの名前は

「りかこ」さんによって決まった

ということですね。

スポンサーリンク

 

 

豆知識③じゃがいもの魅力

 

1.レシピが豊富

 

じゃがいもを使った料理を上げたら

キリがありません。

 

ポテトサラダ、フライドポテト、コロッケ、

じゃがバター焼き、ハッシュドポテト、

あげいも、じゃがいも天ぷら、粉ふきいも

ジャーマンポテト、肉じゃが、きんぴら。

 

料理が苦手な私でもこれだけのものが

浮かんできます。

 

これらは「じゃがいも」がメインですが、

添え物として使うものも入れたら

キリがないくらいレシピが豊富です。

 

それだけじゃがいもが重宝されてきた

そして食べたら美味しい

と言えるのではないでしょうか。

 

 

2.高血圧予防効果

 

じゃがいもにはミネラルの一種である

カリウム」が含まれています。

 

カリウムは血液中の

ナトリウムイオン(塩分)を調整し、

過剰の分は外へ排出する働き

があります。

 

これにより高血圧やむくみの

予防・改善効果効果が期待できます。

 

ただし、腎不全を患っている人は

「カリウム制限」を課せられているので

摂取量に注意する必要があります。

 

 

3.腸内環境を整える

 

じゃがいもには「食物繊維」が含まれており

腸内環境を整えてくれます。

 

便秘の予防・改善効果が期待できます。

便秘に悩んでいる人には

嬉しい成分ですね。

 

また、食物繊維には血糖値やコレステロール

の急上昇を予防する効果が期待できます。

 

 

4.美肌効果

 

じゃがいもには「ビタミンC」が

豊富に含まれています。

 

ビタミンCには抗酸化作用があり、

体をむしばむ「活性酸素」の発生を

抑制する効果が期待できます。

 

活性酸素は諸悪の根源。

体に様々な悪影響を及ぼす恐れがあります。

 

抗酸化作用により活性酸素の抑制!。

(またこれかといわれそうですね)

 

これにより美肌効果やストレスが

たまりにくい等の効果が期待できます。

 

 

5.ガンの予防効果

 

ガンの発生原因は活性酸素です。

 

上記の通りじゃがいもには抗酸化作用がある

ビタミンCやポリフェノールの一種である

クロロゲン酸が含まれています。

 

これによりがん予防効果が期待できます。

 

 

6.注意点

 

体に良くて美味しいじゃがいもですが、

糖質が豊富に含まれています。

 

血糖値が上がりやすい体質の人、

普段から糖質を摂り過ぎている人、

糖尿病を患っている人や予備軍の人は

注意が必要です。

 

「甘いもの」だけに糖質が含まれている

というわけではありませんので

気を付けてくださいね、

 

 

10月23日は何の日?まとめ

 

10月23日は【じゃがりこの日】。

 

ということで、じゃがりこの

名前の由来とじゃがいもの魅力について

取り上げてきました。

 

開発者と「りかこ」さんのおかげ?で

存在している「じゃがりこ」。

 

そして普段何気なく食べている

「じゃがいも」。

 

知れば知るほど魅力にあふれた

食材です。

 

これもひとえに、日々苦労されている

農家さんのおかげです。

 

【じゃがりこの日】をきっかけに

「じゃがりこ」の開発者や「りかこ」さん、

「じゃがいも」を作っている農家の方々に

感謝しながら食べていただけたら幸いです。

スポンサーリンク