10月22日は何の日?今日は【アニメの日

 

 

おはようございます、まちゃはるです。

 

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

最近はあまり見ないものの、

昔はよく見ていたものの

記念日もあります。

 

スポンサーリンク

今回はそういう記念日です。

 

最近では見ていた番組が1つだけ

ありましたが、終わってしまったので

また見なくなりました。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで10月22日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで10月22日は何の日かというと

アニメの日

 

皆さんは「アニメ」を見ますか?

 

私は最近は見ていませんが、

「ドラゴンボール超」だけは

見ていました。

 

それだけに終わってしまって残念です。

毎週楽しみにしていたのに・・・

(続きがあるような含みはありましたが)

 

こう考えているうちに、アニメについて

振り返ってみようと思いました。

 

そこで【アニメの日】が制定された経緯と、

私の好きなアニメについて

取り上げていきます。

 

 

豆知識①【アニメの日】が制定された経緯

 

【アニメの日】を制定したのは

一般社団法人日本動画協会

「アニメNEXT100」さん。

 

今や日本のアニメは

世界中で放送され、人気を博しています。

 

このアニメの魅力をさらに世界にを発信する

ことを目的として【アニメの日】

が制定されました。

 

日本で初めて国産アニメが公開されたのが

1917年で、ちょうど100年に当たる

2017年に【アニメの日】が

制定されました。

 

日本で初めてカラー長編アニメーション映画

である「白蛇伝」が後悔されたのが

1958年(昭和33年)10月22日。

 

これにちなんで10月22日が

【アニメの日】に選ばれました。

 

 

さて、最近は見る機会が

めっきり減ってしまったアニメ。

 

そんなアニメについて

振り返ってみようと思いました。

 

ということで、

私の好きなアニメについて

取り上げていきます。

スポンサーリンク

 

豆知識②私の好きなアニメ

 

 

豆知識②-1.ドラゴンボール

 

私がまだ子供の頃に始まった

「ドラゴンボール」。

 

ドラゴンボールZとかドラゴンボール超等が

あり 、幾度となく悟空(主人公)が

ピンチを乗り切っていくというストーリーです。

 

ここでちょっとクイズです。

 

初めて悟空を倒そうとしたのは何者でしょうか?

 

ベジータ?いや、ベジータも悟空を倒そうとは

しましたが、登場したのが遅かったのですね。

 

ピッコロ?確かに親子共々悟空に挑んで

いきましたが、ピッコロも最初ではありません。

 

天津飯?天津飯は鶴仙流を裏切って、純粋に

試合に臨んでいましたね。

 

レッドリボン軍?だいぶ最初の方に

出てきましたけど、天下一武道会の後なので

これも違います。

 

ピラフ一味?相手にもなっていません。

 

と焦らしすぎているのでここで答えは

悟空を食べようとした魚

(巨大なピラニアみたいな魚)」でした。

 

まああれは悟空自らが仕込んだ罠

でしたけどね。

 

「人」として悟空を倒そうとしたのは

悟空を銃で撃ったブルマですね。

 

 

では一番最初に地球を救ったのは誰でしょうか?

 

「悟空」と言いたいところですね。

確かに悟空は何回も地球を救いましたが

残念ながら悟空ではありません。

 

答えは「ウーロン」です。

ピラフ一味がドラゴンボールで神龍を呼び、

地球征服をお願いしようとしたところ、

「ギャルのパンティおくれー」と言って

地球征服を阻止しました。

 

 

と思ったら「武泰斗がピッコロを封印した」

のが歴史としてはでしたね。

 

答えは武泰斗ということになります。

 

ストーリーとしてはウーロンが先でしたが、

亀仙人が武泰斗とともにピッコロと闘った

という昔話で出てきましたね。

 

ご指摘して下さった方

ありがとうございます。

 

とそんな感じで最初はギャグマンガでしたが

次第に闘いのマンガに変わっていった

ドラゴンボール。

 

 

その中で、

アニメの最後に倒した

ドラゴンボール超の「ジレン」は

強すぎでしたね。

 

悟空が「身勝手の極意」を極めなかったら

ジレン一人で参加者全員(トッポを含む)を

倒せるだけの力を持っていることでしょう。

 

そんな「毎週日曜日」の楽しみであった

「ドラゴンボール超」が終わり、

楽しみが一つ減りました。

 

私の世代の人はドラゴンボールに熱中した

という人が多いのではないでしょうか。

 

 

豆知識②-2.スラムダンク

 

主人公は桜木花道。

マンガでは高校時代から始まっていますが、

中学生の頃から不良で地元では有名人。

 

ほんな花道にバスケットを勧めたのが

同じ学校の赤木晴子。

 

彼女に一目惚れしたこと、バスケットを

勧められたことからバスケットを始めることに

なりました。

 

そこで登場するのが主将のの赤木剛憲(ゴリ)

中学から有名な流川楓(ルカワ)

上級生から目をつけられた

宮城リョウタ(リョウ「ちん)

そして不良になりバスケットに戻ってきた

三井寿(ミッチー)。

 

この5人で試合に臨んでいくという

ストーリーです。

 

このマンガではさまざまな名言が

登場しています。

 

あきらめたらそこで試合終了だよ

ミッチーが試合で勝ちをあきらめかけた時に

安西先生がかけた言葉。

 

これでミッチー率いるチームは

試合に勝つことができました。

このセリフは有名ですね。

 

私個人的に言ってみたいセリフがあります。

私がなんらかのチームの監督になったら

 

うちに天才はいない。だが、うちが最強だ

 

神奈川の最強チームの海南大付属の高頭監督の

セリフです。

 

一度行ってみたいセリフですね。

 

名言がたくさんあるのもこのマンガの特徴

ですね。

 

今までいろんなバスケットのマンガがありますが

先駆けはこの「スラムダンク」と言えるのでは

ないでしょうか。

スポンサーリンク

 

 

10月22日は何の日?まとめ

 

10月22日は【アニメの日】。

 

ということで、

私の好きなアニメについて

取り上げてきました。

 

ドラゴンボールやスラムダンクは

私の世代(40代)以上の方は誰もが

知っているはず。

 

ドラゴンボールはギャグマンガでしたが、

手を替え品を替え、最後の方はほとんど

闘いのマンガになってしまいましたね。

 

幾度となくピンチを迎えるたびに

強くなって敵を撃退していくという

ハラハラドキドキのマンガですね。

 

スラムダンクはマイナーだったバスケットボール

に多大な影響を与えたマンガで、

名言、名ゼリフがあるところも好きでした。

 

まだまだ好きなアニメはたくさんありますが、

このぐらいにしておきます(笑)。

 

皆さんはどんなアニメが好きですか?

スポンサーリンク