10月21日何の日?【あかりの日

 

 

おはようございます、まちゃはるです。

 

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

これがないと生活が困難になるものの

記念日もあります。

 

スポンサーリンク

今回はそういう記念日です。

 

今では「当り前」に有ると思われがちですが

有ることに感謝をしないといけないですね。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで10月21日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで10月21日は何の日かというと

あかりの日

 

あかり」とは「明かり」のこと。

 

9月6日の地震で北海道のほぼ全域が

停電したことはまだ記憶に新しいところ。

 

今では主に「電気」によって「あかり」が

確保されています。

 

今回の出来事について

振り返ってみようと思います。

 

そこで【あかりの日】が制定された経緯と、

北海道中のあかりが消えた時のことについて

取り上げていきます。

 

 

豆知識①【あかりの日】が制定された経緯

 

【あかりの日】を制定したのは

日本電気協会・日本電球工業会等

 

「あかり」があることのありがたさを

改めて感じてもらいたいとの思いから

1981年(昭和56年)に

【あかりの日】が制定されました。

 

「あかり」に限りませんが、

「当り前にあるもの」に

感謝しないといけないですね。

 

1879年10月21日にエジソンが

エジソンが京都産に竹から「白熱電球」

を完成させました。

 

これにちなんで10月21日が

【あかりの日】に選ばれました。

 

 

さて、私が住む北海道のほぼ全域で

停電が起きました。

 

この時の記憶が薄れないうちに

あの時について振り返っていきたいと

思いました。

 

ということで、

北海道中のあかりが消えた時のことについて

取り上げていきます。

スポンサーリンク

 

豆知識②北海道中のあかりが消えた時のことについて

 

 

豆知識②-1.早朝の突然の揺れ

 

9月6日の早朝3時8分のこと。

 

私はかつてない揺れによって

目を覚ましました。

 

震度4だったのですが、

私の住む地方ではめったにない震度で

私にとって初めての体験でした。

 

家の中では特に被害がなかったので

ほっとしていた矢先、

異変は突然起きました。

 

 

豆知識②-2.地震後の停電

 

地震が起こってから1時間後ぐらいから

停電になってしまいました。

 

そういう時に限って「スマートフォンの充電」

をし忘れていたんですね

 

スマートフォンを見るとバッテリーが

「57%」に!

 

しかも古いスマートフォンですから

バッテリーの減りの速いこと!

 

昼過ぎには数%になっていました。

 

困ったことはそれだけではありません。

 

・ 電気がつかない

・ 電子レンジが使えない

・ パソコンが使えない(ブログも書けない)

・ テレビが見れない 

・ トイレの水を流すのも一苦労

・ ウォシュレットが使えない

・ 風呂・シャワーができない

・ スーパーやコンビニの商品がない

  もしくは閉まっている

 

他にもたくさんありますが、

今思い出しただけでもこれだけあります。

 

こうなってくると何もできないんですね。

 

幸いにも別居の家族の家の停電が

我が家よりも早く解消したので

スマートフォンの充電と懐中電灯を

手に入れることができました。

 

我が家で停電が解消されたのが

地震から丸一日以上の

9月7日の朝6時頃でしたね。

 

この出来事で「電気のありがたさ」を

痛感した人も多かったのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

 

豆知識②-3.停電中にできたこと

 

 

1.水道

 

幸いにも「断水」にはなりませんでした。

 

ですが、いつ断水になってもいいように

水はためておきました。

 

また、新しいトイレは電動式ですので、

流すことはできませんでした。

(後で聞いたところ、電動トイレでも

タンクがあれば「隠しレバー」

があるのだとか)

 

よって古い方のトイレを使い、

タンクのレバーで流しました。

 

結局水は自由に使えたので

飲み水等にも困ることはありませんでした。

 

 

2.ガス

 

うちはプロパンガスですので

ガスも使えました。

 

つまり、水とガスは使える状態でした。

 

この二つがあればちょっとした料理

ができます

 

鍋でご飯も炊いたし(失敗しましたが)、

インスタントラーメンやレトルトカレー、

卵焼き、みそ汁等もは作れました。

 

お茶やスープを飲んで落ち着けたし、

缶詰は山積みデーしたので

食べるものには困りませんでした。

 

これがせめてもの救いでしたね。

スポンサーリンク

 

 

3.乾電池で動くものを使用

 

幸いにも家には乾電池がたくさんありました。

 

また、充電式の乾電池もたくさんあったので

ラジオを聴くことができました

 

ですのでそこから情報収集することが

できましたし、寂しさを紛らわすことが

できました。

 

こういう時は「人の声」って

有難いものですね。

 

 

また、懐中電灯を使って

部屋を明るくすることができました

 

さらに懐中電灯の先をビニール袋に入れれば

ランタンの代わりになります。

 

 

ラジオや懐中電灯に限らず

乾電池で動くものもありますので

普段から乾電池を多めに用意しておくことを

お勧めします。

 

 

豆知識②-4.部分的に停電の回避

 

私の家のそばにはありませんが、

大きな病院の近くや公共施設等の近くは

停電は回避もしくは極めて短い時間で

停電が解消していました。

 

「優先順位」というところでしょうね。

 

また、「電力会社」で行っている

区割りのせいなのか、

向かいの家は電気がついているのに

うちはダメだったという話も

よく聞きました。

 

何はともあれ電気のありがたさを再認識する

きっかけになったことは間違いありません。

 

 

豆知識②-5.停電対策

 

 

1.冷暖房の用意

 

電気で動くストーブやエアコン等を

使用している家も多いのではないでしょうか。

 

今回は季節的に熱くも寒くもなかったのが

せめてもの救い。

 

しかし、災害はいつ起こるかわかりません。

 

暑い時期だと「熱中症」の心配が!

対策としては保冷剤を冷凍庫に入れておけば

いざというときに暑さ対策になります。

 

保冷剤がなかったらペットボトルに

水を入れて凍らせるのも有効な手段ですね。

 

 

また、寒い時期に備えるものとして

電源を使わず乾電池で動く石油ストーブ

用意しておけば寒さは凌げますね。

 

もちろんその時は家族全員

同じ部屋にいる必要がありますが。

 

ちなみにこの手の石油ストーブの売れゆきは

例年より多いようなので早めに用意することを

お勧めします。

 

 

2.冷蔵庫を毛布でくるむ

 

停電のときの怖いのが冷蔵庫の中の食材。

 

傷みやすいものから食べていくのがいいですが

どうしても冷蔵庫の中が温かくなっていって

せっかくの食材や保冷剤が台無しになります。

 

そういう時は冷蔵庫を毛布でくるむことで

冷気をなるべく外に逃がさないように

してください。

 

もちろん冷蔵庫の開け閉めは

必要最小限にとどめておいてくださいね。

スポンサーリンク

 

3.非常食の常備

 

停電が長引くと冷蔵庫のものが

台無しになります。

 

これに備えて缶詰などを用意しておくことを

お勧めします。

 

また、水や出すが使える場合は

レトルト食品もあるといいですね。

 

 

4.照明器具を用意

 

停電になると家の中が暗くなるので

懐中電灯(できればLEDのもの)

とビニール袋で明るさを確保してください。

 

また、いざという時のために

「つまみを手で回して発電することによって

ラジオ+懐中電灯+携帯の充電機として

使えるもの」

も役に立ちますね。

 

ちなみに私は停電解消後すぐに購入しましたが

3週間待たされました。

 

 

5.太陽光で携帯電話の充電

 

4の「手で回すタイプ」は用途によっては

たくさん回す必要があります。

 

特に携帯の充電はつまみを1分間回して

1%しか充電できません。

 

これでは疲れてしまいますので、

せめて太陽光で充電できる機器

購入することをお勧めします。

 

私はこれも購入ました。

 

 

 

10月21日は何の日?まとめ

 

10月21日は【あかりの日】。

 

ということで、

北海道中のあかりが消えた時のことについて

取り上げてきました。

 

電気のありがたさ、備えの重要性を

肌で感じました。

 

今後いつ停電が起きて長引くか

わかりませんので

備えができていない人は

すぐに備えておいてください。

スポンサーリンク