10月2日は何の日?今日は【杜仲の日

 

 

おはようございます、まちゃはるです。

 

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

聞いたことはあるものの

あまり触れたことのないものの

記念日もあります。

 

スポンサーリンク

今回はそういう記念日です。

 

「お茶」として飲んだことは

ありますけどね。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで10月2日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで10月2日は何の日かというと

杜仲の日

 

皆さんは「杜仲」と聞いて

何をイメージしますか?

 

「杜仲茶」という答えが

圧倒的に多いと思います。」

 

そんな「杜仲」のことを

もっと知りたいと思いました。

 

そこで【杜仲の日】が制定された経緯と

杜仲の豆知識について

取り上げていきます。

 

 

豆知識①【杜仲の日】が制定された経緯

 

【杜仲の日】を制定したのは

日本杜仲研究会さん。

 

色んな団体がありましたが、

「研究会」さんですか。

 

日々「杜仲」の研究・活動をを

しておられるのでしょうね。

 

私は「杜仲」と聞いたら「杜仲茶」

としかイメージできませんでした。

 

しかし、杜仲は古くから医薬品や漢方薬

としても使用されています

 

この杜仲の歴史や有用性などの知識を

より多くの人に知ってもらいたい

との願いから【杜仲の日】が制定されました。

 

「10(と)2(ちゅう?)」の

語呂合わせによって10月2日が

【杜仲の日】に選ばれました。

 

さて、私が無知なだけかもしれませんが、

医薬品や漢方薬に使用されているとは

知りませんでした。

 

他にも知らないことがたくさんあります。

 

ということで、

杜仲の豆知識について

取り上げていきます。

スポンサーリンク

 

 

豆知識②杜仲の豆知識

 

 

豆知識②-1.「杜仲」とは

 

杜仲の木は20年で20m

ほどにもなる落葉の大木。

 

杜仲は色んな地域で様々な種類がありましたが

氷河期に恐竜が絶滅したのと共に

杜仲の木も壊滅的なダメージを受けました。

 

そこで残ったのが中国原産の

トチュウ目トチュウ科のみ

 

相当昔から現在に至るまで

あらゆる困難を乗り切って

現在も存在しているんですね。

 

杜仲が「生きた化石植物

と呼ばれるゆえんですね。

 

私も杜仲のような強くたくましく

生きていきたいものですね。

 

 

豆知識②-2.杜仲の特徴

 

 

1.天然ゴムの成分を含む

 

私的には「杜仲茶」のイメージが強いので、

「天然ゴム」の成分を含むということに

驚きました。

 

葉っぱを切り裂いたり樹皮をはがすことで

白銀色の乳液が出てきます。

 

この乳液が固まることで

樹脂状の天然ゴムになります。

 

恐竜が絶滅した中で生き残った杜仲の木。

 

当然寒冷地においても育つ木。

日本が目を付けて植樹した理由も

天然ゴムを生産するためという

記録が残っています。

 

お茶や医療品、漢方薬のためでは

なかったんですね。

 

 

2.害虫を寄せ付けない

 

上記の乳液が天然ゴムになる性質にも

関係しますが、害虫が杜仲の葉を

食べたらゴムが絡まってしまいます、

 

ゆえに害虫が寄り付かない。

ということは農薬も必要なし!

 

ということは天然の杜仲が

育つということですね。

 

「無農薬」っていい響きですね。

 

なお、杜仲の葉はお茶として、

樹皮は医療品、更にゴム製品として

なおかつ樹木自体が緑化の一環になります。

 

そして農薬いらず。

 

まさに環境にも優しい

一石四鳥の樹木ですね。

スポンサーリンク

 

 

豆知識②-3.杜仲茶の成分

 

杜仲の葉から作られる「杜仲茶」。

杜仲茶にはミネラルが豊富に含まれています。

 

カルシウム、亜鉛、鉄分、カリウム、

マグネシウムが含まれており、

不足しがちなミネラルを摂ることができます。

 

高血圧や動脈硬化、滋養強壮効果等が

期待でき、健康な体づくりの源になりますね。

 

 

また、抗酸化作用の強いピノジェノールや

ダイグルコサイド、肝臓に良いゲニポシド酸

便秘の解消や美容効果が期待できるペクチン

等が含まれています。

 

また、杜仲茶は甘さがあるため

甘いものを欲しがる欲求を減らす効果が

期待できます。

 

これがダイエットに繋がる可能性を

秘めています。

 

また、花粉症はミネラル不足で起こる

ことも多く、杜仲茶を飲むことで

抗炎症作用が得られ、花粉症に効果を

発揮する場合があります。

 

 

10月2日は何の日?まとめ

 

10月2日は【杜仲の日】。

 

ということで、

杜仲の豆知識について

取り上げてきました。

 

杜仲は恐竜が絶滅した際も生き残った

古くから存在する丈夫な木。

 

また、杜仲は杜仲茶だけでなく

医療品や漢方薬、天然ゴムの材料にもなる上

農薬いらずで育つ素晴らしい木ですね。

 

さらに杜仲茶も体に良いので

杜仲は余すことなく役に立っていますね。

 

そんな杜仲のことを見直すきっかけになれば

幸いです。

スポンサーリンク