10月19日は何の日?【いか塩辛の日】

 

 

おはようございます、まちゃはるです。

 

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

ご飯のお供に最高であるものの

記念日もあります。

 

スポンサーリンク

今回はそういう記念日です。

 

私の場合は好きな魚介類なので

いろんな場面で食べています。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで10月19日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで10月19日は何の日かというと

いか塩辛の日

 

皆さんは「いか塩辛」に対して

どんなイメージをお持ちですか?

 

ご飯のおともや居酒屋のお通し、

おつまみに大活躍の「いか塩辛」。

 

脇役に徹して、他の食材の良さを引き立てる

「いか塩辛」。

 

こんな「いか塩辛」が私は大好きです。

 

脇役がいなければ、主役が引き立ちません。

そんな役に私はなりたい。

 

目立つわけではないが、いなきゃ困る」。

そんなこと言われたら心が躍ります。

 

 

さて、美味しい「いか塩辛」には原料である

「イカ」が必要不可欠です。

 

美味しいイカといえば函館のイカが有名です。

さすが「イカの街」というだけありますね。

 

今回は函館で食べた美味しいイカについて

迫っていきたいと思いました。

 

そこで【いか塩辛の日】が制定された経緯と

函館のイカの美味しさについて

取り上げていきます。

 

 

豆知識①【いか塩辛の日】が制定された経緯

 

【いか塩辛の日】を制定したのは

株式会社小野万さん。

 

小野万さんは宮城県気仙沼市にある、

水産加工食品を手掛けている会社です。

 

宮城県の会社が制定したんですね。

これは意外でした。

 

「イカの街」として有名な函館(北海道)

制定したと勝手にイメージしていました。

 

 

新鮮なイカの良さをふんだんに生かして

製造された「いか塩辛」。

 

これをより多くの人に知ってもらい

食べてもらいたいとの思いから制定された

【いか塩辛の日】。

 

 

イカの旬は10月で、かつ

イカの足が10本であることから

10月に。

 

そのイカをを「熟(19)成」させて

いか塩辛を作るということで「19日」に。

 

これらによって10月19日が

【いか塩辛の日】に選ばれました。

 

 

さて、私は「イカ」は

それほど好きではありませんでした。

 

そんな私を「イカ好き」にしてくれた

出来事について迫っていきたいと思いました、

 

ということで

函館のイカの美味しさについて取り上げます。

スポンサーリンク

 

 

豆知識②函館の「イカ」について

 

函館は「イカの街」です。

 

ここでは様々な手法で「イカ」を

楽しませてくれます。

 

その出来事について取り上げていきます。

 

 

豆知識②-1.私を「いか好き」にしてくれた「函館朝市」

 

結論から言うと、私を「イカ好き」に

してくれたのは「函館朝市」。

 

函館朝市は函館駅のすぐそばにあり

函館に行くときには必ず立ち寄ります。

 

 

私は函館朝市に行くまで

「イカ」は別に好きではありませんでした。

 

スーパーで売っている「イカ」は

ペットリねちょねちょで

それほど美味しいという

イメージがなかったんです。

 

そんな中で函館朝市で

イカを食べる機会がありました。

 

函館朝市では「三色丼」といって

好きな海鮮類を3つ選んで注文する

という海鮮丼があります。

 

私はその中で「イカ」が入ってないものを

注文しようとしましたが、友人に

函館に来て、イカを食わないでどうする

といわれ、しぶしぶ「イカ」を投入!

 

そしたらその「イカ」の美味しいこと!

 

捌いた後でも動いている「イカ」。

そのイカはコリコリした歯触りで

私が抱いていたイカとは大違い。

 

舌だけでなく目でも楽しませてくれました。

 

イカが入った三色丼を食べたのがきっかけで

私がイカ好きになりました。

 

 

2.函館朝市で楽しんだ「活いか釣り」

 

函館朝市の中に「活イカ釣り

ができるところがあります。

 

活イカとは生きている新鮮なイカ。

 

そこには小さな「釣り堀」が用意されていて

活イカを釣ることができます。

 

水を吹きだしながら

釣り上げられていく「活イカ」。

 

お子さんに活イカ釣りをさせてあげると

喜んでくれます。

 

そこで釣りを楽しんで、

その釣った活イカはその場さばいてくれて

活イカ刺として食べることができます。

 

楽しんで、美味しいイカも食べる

ことができて一石二鳥ですね。

 

ただ、捌いたばかりの「イカ」は

醤油をかけると暴れて皿から落ちる場合

があるので注意してくださいね。

スポンサーリンク

 

 

3.私の「イカ好き」に追い打ちをかけた居酒屋

 

夜には函館駅から少し離れた

居酒屋に行きました。

 

函館朝市で生の「イカ」を食べたので、

今度は焼きで食べることにしました。

 

そこで初めて見たのが「イカゴロ焼き」。

 

イカを普通に焼くのですが、その上に

イカの内臓を味付けしたものがタレ

なっており、それをかけて食べるものです。

 

これがまた美味しい。

 

多少の苦みがあるものの、

私の好みにはぴったりで、

おつまみには最高の一品です。

 

そのタレが余るので

店員がそのタレのしょうゆなどを加えて

ご飯に混ぜてくれます。

 

これがまたまた美味しい。

 

そんなわけで、わたしは

「イカ」のファンになりました。

 

 

10月19日は何の日?まとめ

 

10月19日は「いか塩辛の日」。

 

ということで、

函館のイカの美味しさについて

取り上げてきました。

 

函館のイカは絶品でした。

 

この美味しいイカを使って塩辛を作るとは

考えた人には頭が下がります。

 

そして、日々イカ塩辛を作ってくれている

人たちにも感謝です。

 

 

皆さんもぜひ、

特にイカがあまり好きではない方には

美味しいイカを食べていただきたいです。

 

きっと価値観が変わりますよ。

 

【いか塩辛の日】をきっかけに

イカ好きの人が増えてくれたら幸いです。

スポンサーリンク