10月18日は何の日?「ドライバーの日」

 

 

おはようございます、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

私もその一因ですが、プロは一味違うなと

感じるものの記念日もあります。

 

スポンサーリンク

今回はそういう記念日です。

 

いろんな種類の方がいますが、

大抵は私たちの模範になるはずの方々です。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで10月18日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで10月18日は何の日かというと

ドライバーの日

 

皆さんは「ドライバー」と聞いて

どういうイメージをしましたか?

 

ここでは、工具のドライバーや

ゴルフのドライバーではなく

車やタクシー等の「運転手」のことです。

 

私たちも「運転手」ではありますが、

プロの運転手は一味違います。

 

先日の記事 【10月9日は何の日?豆知識】「トラックの日」運転手は何を運ぶ

ではトラックドライバーについて

触れています。

 

ですので今回は私たちが利用する

「タクシードライバー」について

考えてみようと思いました。

 

そこで、【ドライバーの日】

が制定された経緯と「タクシードライバー

について取り上げていきます。

 

 

豆知識①【ドライバーの日】が制定された経緯

 

【ドライバーの日】を制定したのは

「物流ウィークリー」を出版している

㈱物流産業新聞社さん。

 

やはり「物流」の関係の方々が

関係していたんですね。

 

日ごろからご苦労されているプロドライバー

(トラック・バス・タクシー等)に対する

感謝と地位向上を目指し【ドライバーの日】

が制定されました。

 

「10(ドラ)1(イ)8(バー)」

の語呂合わせによって10月18日が

【ドライバーの日】に選ばれました。

 

 

さて、最近では人材不足や燃料の高騰等で

経営状態が悪化している運送業界。

 

運送業に欠かせないドライバーが

最も影響を受けているという

由々しき事態です。

 

タクシードライバーも

もちろん例外はありません。

 

タクシードライバーの労働環境は

どんどん悪くなっています。

 

普段は利用する機会が減りましたが、

無くなったら困るタクシー。

 

そのタクシーを運転する

タクシードライバーについて

考えていきたいと思いました。

 

そこでタクシードライバーについて

取り上げていきます。

スポンサーリンク

 

 

豆知識②タクシードライバーについて

 

 

豆知識②-1.タクシードライバーの置かれている環境

 

突然ですが、タクシードライバーが

置かれている環境ってわかりますか?

 

私が子供の頃は、友人の親父が

タクシードライバーをしていました。

 

彼は立派な家に住んでいて、

「タクシードライバーってお金あるんだな」

と思ったものです。

 

しかし、今はそんなイメージはないかなと

感じています。

 

タクシードライバーの給与は

歩合制」です。

ということは、

利用者が多いほど給与も上がります。

 

昔は景気も良く、タクシー利用者が多かった

のではないでしょうか。

 

しかし、その頃に比べて現在は一部の人を

除いて景気が良くなっている実感がなく、

タクシーを利用する人も減っている

のではないでしょうか。

 

私も、例えば繁華街に飲みに行く時、

行きはバスで帰りはタクシーなどと、

タクシーを使う機会が半分になりました。

 

いや、繁華街に行くこと自体が減りましたし

飲んでも最終のバスに間に合うことも

増えてきたので半分どころか激減ですね。

 

また、繁華街に行くと、

タクシーが行列をなしていますね。

 

それだけタクシーが余っている

ということでしょうか。

 

その割には「人手不足」らしいのですが。

 

いろいろ見て行くと、規制緩和のあおりを

受けて、タクシードライバーの労働環境も

悪くなっているというイメージを

持っています。

 

しかし、これから高齢化も進み、

タクシーがないと困る人も増えるはず。

 

しかもタクシードライバー自体も

高齢化しています。

 

ですので、どうドライバーを

確保するか社会全体で考える必要が

ありますね。

スポンサーリンク

 

 

豆知識②-2.私が聞いたタクシードライバーの言葉

 

もう10年ほど前でしょうか。

 

あるタクシードライバーから

「タクシーってどんなイメージですか?」

と聞かれたことかあります。

 

私が答えるのに困って黙っていると

「態度が悪い、運転マナーが悪い

というイメージがないですか」

と聞かれました。

 

私も正直そのイメージがありましたが

返答に困って「はあ」としか

言えませんでした。

 

確かに態度が悪いタクシードライバーも

いるのは事実です。

運転マナーも悪い人もいるということは

そのタクシードライバーも認めていました。

 

しかし、これは「イメージが先行している

とも言っていました。

 

そのドライバーが言うには、

「普通の車が運転マナーが悪かったら

『なんだよあいつ』と思いながらも

そのことはその場で忘れてくれるものだ。」

と言っていました。

 

続けて、「それがタクシーの場合だったら

『なんだよあのタクシーは』となり、

タクシーはマナーが悪いというイメージが

刷り込まれるんです。」

 

私は「なるほど」と思いましたね。

 

確かに、普通の車ならその場では

頭にくるものの、その場ですぐ忘れます。

 

しかしそれがタクシーだったらインパクトが

ありますから、「これだからタクシーは」と

いうイメージに繋がりますね。

 

そのドライバー曰く、

「態度が悪い、運転マナーが悪いドライバー

はごく一部だけど、イメージが先行する

損な職業だよ」と愚痴っていましたね。

 

しかも最近では酔っぱらった客が

ドライバーに絡んだり物を壊したり

強盗までする者がいてテレビでも

取り上げられていますね。

 

確かに、悪いイメージが先行するうえ

危険な目にさらされて大変だなと

思います。

 

 

10月18日は何の日?まとめ

 

10月18日は「ドライバーの日」。

 

ということでタクシードライバーについて

取り上げました。

 

劣悪な労働環境で働いている上、

悪いイメージが先行しているというジレンマ

があるようです。

 

このことを踏まえた上でタクシーを見ると、

イメージが変わると思いましたね。

 

【ドライバーの日】をきっかけに、

タクシードライバーを含めたプロドライバー

に対して感謝をすることになってくれたら

幸いです。

スポンサーリンク