【10月18日は何の日?豆知識】今日は「冷凍食品の日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

10月18日は何の日かというと

冷凍食品の日」。

 

スポンサーリンク




 

あなたは

冷凍食品

を食べていますか?

 

「体に良くなさそう」

というイメージがあって

食べていない人も多いかもしれません。

 

私もそんなにしょっちゅう食べている

というわけではありません。

 

しかし、スーパー等で冷凍食品コーナーを

見つけると、美味しそうでついつい

目移りしてしまいます。

 

冷凍食品と名乗るためには

食品を下処理している

急速凍結している

-18℃以下で保管

適切な包装

している必要があります。

 

また、冷凍食品のメリットとして

手間がかからない

ごみの削減・リサイクル

等があります。

 

今回はそんな冷凍食品につて

迫っていきたいと思いました。

 

そこで「冷凍食品の日」が

制定された経緯と、

冷凍食品の豆雑学ついて

取り上げていきます。

 

 

豆知識①「冷凍食品の日」が制定された経緯

 

「冷凍食品の日」を制定したのは

一般社団法人日本冷凍食品協会

さん。

 

冷凍食品にも協会があったなんて

いつもながら驚きですね。

 

冷凍食品をより多くの人に食べてもらい、

冷凍食品をPRしたいとの思いで制定された

「冷凍食品の日」。

 

後述しますが、

冷凍食品の条件の一つとして

冷凍食品は―18℃以下で保存

されるというものがあります。

 

そこで冷凍「れいとう(10)」

と―18℃にちなんで

10月18日が「冷凍食品の日」に

選ばれました。

 

 

さて、一口に冷凍食品と言っても

様々な種類の冷凍食品がありますね。

 

そんな冷凍食品に

迫っていきたいと思いました。

 

ということで、

冷凍食品の雑学について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識②冷凍食品の雑学

 

 

豆知識②-1.冷凍食品の条件

 

簡単に言うと、

冷凍食品=冷凍されている食品

であるとは限りません

 

ただ単に「冷凍されている」

だけではダメなんですね。

 

冷凍食品は「採れ(獲れ)たて、作りたて」

をそのままに長期保存するために作られた

食品。

 

つまり

味や食感、栄養、色彩、衛生的

なこと等の品質が保たれている

必要があります。

 

そのために「冷凍食品の条件」があります。

 

 

1.食品を下処理している

 

冷凍食品は

品質の良い食材を綺麗に洗った

後に下処理し調理しやすく、

または温めるだけで食べられる

状態

でなければなりません。

 

例えば皮がむいてあって、

ちょうど良い大きさにカットされていたり、

既に調理してあってレンジで温めるだけで

食べられる状態でなければ

「冷凍食品」とはいえませんね。

 

冷凍食品の良さは何といっても

「手軽さ」ですからね。

 

この手軽さに助けられている人も

多いはず。

 

かくいう私もそのうちの一人です。

 

 

2. 急速凍結している

 

ただ家庭用の冷凍庫のようなところで

時間をかけて冷凍したら食品の品質が

落ちてしまいます。

 

これだと「作りたて」という条件を

満たせなくなります。

 

そうならないように

−30〜40℃の冷凍室で

急速冷凍することで

品質が保たれます

 

今では家庭用冷蔵庫でも「急速冷凍機能」

がありますが、製造工場の冷凍施設は

スケールが違います。

 

「冷蔵庫」というよりもむしろ

「倉庫」ですからね。

 

この倉庫の中で厳密な温度管理が

なされているんですね。

 

 

3.-18℃以下で保管

 

急速冷凍した後は貯蔵、輸送、配送、販売

という手順になります。

 

この

全ての工程で−18℃以下を

保つ必要があります。

 

どれか一つでも条件が

満たされなければ

「冷凍食品」にはなりません

 

品質を保つため、

手間とコストがかかっているんですね。

 

 

4. 適切な包装

 

いくら下処理がされていて急速冷凍していて

−18℃以下に保たれていても、

消費者の手元に来るまでに汚れたり型崩れ

したら食材は台無し。

 

そうならないように、冷凍食品を

アルミ蒸着フィルムパッケージ

等できちんと包装

されていなければなりません。

 

「密閉されている」ことが

必要になりますね。

 

まあ冷凍食品は

包装されていて当たり前だと

思いますが。

 

ただ、

よく発泡スチロールの中に魚を冷凍している

ものが売られています。

 

あれは包装されていないので

「冷凍食品」とは言えませんね。

 

 

豆知識②-2.冷凍食品売場のチェック点

 

結論から言うと、冷凍食品売場のチェック点は

冷凍ケース」。

 

「ガラス張りの冷凍庫」に保存している場合

と「オープンになっているケース」

で保存している場合とがありますね。

 

特にチェックしておきたいのが

オープンになっているケース。

 

基本的にはどちらも−18℃以下に

保たれています。

 

ただ、オープンの場合、お客さんが触ったり

外気によって溶けている場合もあります。

 

−18℃以下に保たれているか

を備え付けの温度計で確認

してください。

 

また、オープンの場合はケースに

ロードライン

と呼ばれる線が!

 

これは

積荷境界線

というもので、その線の下は−18℃以下に

保たれているという線です。

 

店員さんが商品を陳列する時はこの線の下に

置きますが、お客さんがいじったりすると

ロードラインの上に商品があることも!

 

商品がロードラインの下にあるかを

確認してください。

 

なんだったら、

一番上にある商品ではなく

一番下の方の商品を買った方

がいいですね

 

まあ私個人としては冷凍食品を

オープンのケースからは

なるべく買わないようにしていますが。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識②-3.冷凍食品のメリット

 

 

1.手間いらずでおかずができて保存もできる

 

冷凍食品のメリットはなんといっても

手間がかからずにおかずを作る

ことができる

ということ。

 

しかも保存がきくので、いっぺんに買って

買い置きすることができますし、

食べたい時にいつでも食べられるというのも

メリットですね。

 

ただ、どれも美味しそうで目移りし、

調子に乗って買いすぎて冷凍庫に入らない

(私のこと?)ようにしてくださいね。

 

 

2.生ゴミの軽減、リサイクル

 

例えば卵焼きを作ると卵のカラが出て来るし

ジャガイモを使うと皮が出てきますよね。

 

しかし、冷凍食品は「下処理」が

してあるんでしたね。

 

これは手間が省けるというだけでなく、

生ゴミを減らすことができる

というメリットが!

 

今の時期はともかく、

夏の時期だと生ゴミは

匂いを放つだけでなく

害虫がよってきますね。

 

これらの煩わしさを軽減できるのも

メリットですね。

 

なお、冷凍食品の工場では、この

排出された生ゴミを肥料や飼料

としてリサイクルしています

 

私はこのことは知りませんでしたが、

知らず識らずのうちにエコに

協力しているんですね。

 

 

3.弁当の中身が腐りにくい

 

今の時期はともかく、夏の暑い時期は

弁当の中身が傷んで食中毒が心配。

 

しかし、おかずを冷凍食品にすることで

弁当箱の中が冷えて、ご飯やおかずが

傷みにくい。

 

朝に入れておけば昼食の時間には

ちょうど良い感じで冷凍が

溶けているんですよね。

 

暑い時期でも安心して

お弁当にすることができます。

 

 

10月18日は何の日?まとめ

 

10月18日は「冷凍食品の日」。

 

ということで、

冷凍食品の雑学について

取り上げてきました。

 

下処理、急速冷凍、―18℃以下での保存、

適切な包装がされてはじめて「冷凍食品」

と言えます。

 

また、「冷凍食品を陳列しているケース」が

オープンケースの場合は、ロードライン

の位置を確認する等の注意が必要です。

 

そして手間、保存、生ゴミの軽減、

リサイクル等メリットもありますね。

 

私個人的には「手作り」に勝るものはない

と思っていますが、忙しいとき等には

上手に利用していただきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク