10月17日は何の日?今日は【貯蓄の日】

 

 

おはようございます、まちゃはるです。

 

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

将来のためにやるように心掛けているものの

記念日もあります。

 

スポンサーリンク

今回はそういう記念日です。

 

使いたいだけ使っちゃうので

予め使えないようにしておきますね。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで10月17日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで10月17日は何の日かというと

貯蓄の日

 

 

皆さんは「貯蓄」していますか?

 

大企業などごく一部を除いては

実質給与が下がっているこのご時世

貯蓄するのは大変です。

 

私も若い頃は貯蓄していませんでした。

それどころか、消費者金融に

お世話になったこともありました。

 

もう10年以上前の話ですが。

 

しかし、さすがにこれではヤバいと思い

現在ではできる限り貯蓄しています。

 

今では消費者金融にお世話になること

はありませんが、借金生活から抜け出すのに

それなりに苦労しました。

 

そこで、今回はいつもの進め方と変えて、

借金生活の抜け出し方について

取り上げていきます。

 

 

豆知識①どのようにして借金生活を抜け出したか

 

最初に断っておきますが、

この場合の「借金」とは

家や車などの「ローン」のことではなく、

消費者金融などの「キャッシング」のことを

指します。

 

普段の生活をするためにキャッシング」

に頼らないために、

どのようなことをしたかについて

取り上げてみました。

 

 

豆知識①-1.「借金する」とはどういうことかを考えた

 

皆さんは「借金する」とはどういうことか

について考えたことはありますか?

 

「お金を借りていること」と答える人が

多いと思います。

 

もちろんそれは正解なのですが、

私なりに出した結論は、

 

「将来手に入れるであろう収入から

現在までに先食いして使ってしまうお金

 

ということです。

 

つまり、借金というのは将来の収入から

返済しなければならないということですね。

 

具体例を挙げると例えば、毎月の収入が

30万円としましょうか。

 

そして毎月30万円いっぱいいっぱい

支出しているとしましょう。

 

しかし、ある月に出費がかさんで35万円

出費したとすれば5万円の赤字です。

 

貯蓄がなければ借金するしかありません。

 

そうなると、翌月に借金を返済するとしたら

翌月は25万円で生活しなけれはなりません。

 

いや、厳密にいうと利子が発生するので

24万円台になるでしょう。

 

ここで、翌月はその24万円台で

我慢して生活できればいいですが、

今まで通り30万円で生活したとします。

 

そしたらまた借金をしなくてはなりません。

また翌月も同じことになります。

 

そうなることで、

毎月いっぱいいっぱいの生活を強いられ、

かつ利子まで返済しなくてはなりません

 

結局生活レベルも下げなければなりません。

 

出費がかさむことなんて

念に1度や2度ではありませんから

その度に借金がどんどん膨らんで

しまいますね。

 

そのことに気づいた私は

なるべく借金をしないに考えました。

 

というか「もっと早く気付けよ」と

ツッコまれてしまいますね。

 

借金が膨らむうえ、それ相応の利子がついて

返済しなくてはなりません。

 

借金を踏み倒せるわけがなく、

徳政令があるわけでもありません。

 

ですので、借金をするときは慎重に!

スポンサーリンク

 

 

豆知識①-2.「家計簿」をつけて実態把握

 

皆さんは「家計簿」をつけていますか?

 

借金している人のほとんどは

家計簿をつけていません。

 

かくいう私も家計簿をつけていませんでしたが

今ではきちんと家計簿をつけています。

 

家計簿をつけないと

何にどれだけ使っているかわかりません。

 

私は家計簿を買ってきて、

その家計簿を参考に、独自の家計簿を

エクセルで作りましたね。

 

そして支出した分を入力していきました。

もちろんレシートは貰っておきました。

 

でないと家計簿がつけられませんからね。

 

そうしているうちに、

だんだん実態がつかめてきます。

 

そうすると、「無駄遣い」が見えてきます。

 

使ってもいないのに払っている「年会費」。

ATMなどの「手数料」。

訳の分からないものの衝動買い。

その他使っていない有料のサービスなど。

 

無駄遣いがゴロゴロ出てきました。

そしてその無駄遣いを削っていきました。

 

そしたら支出もかなり減って

貯蓄に回せる分が出てきました。

 

このように、実態を把握しなければ

無駄を削ることもできません。

 

ですので実態を把握するためにも

家計簿をつけることをおススメします

スポンサーリンク

 

 

豆知識①-3.実態に基づいて貯蓄を考える

 

私は無駄遣いを削っていき、

その分はまず、将来支払うであろう「経費」

に充てました。

 

大きいのが車の経費ですね。

 

車検だけで10万円かかるとすれば

月々5000円位は貯めておかなければ

ならない。{ボーナスは置いといて)。

 

毎年車税を支払う必要があり、

車にもよりますが

月々3000円位は貯めておかなければ

なりません。

 

車の任意保険も私は1年分まとめて

支払うようにしました。

その方が総額が安いですからね。

 

その分の経費も貯めておかなけれ

ばなりません。

 

後はタイヤだのワイパーだの

オイル交換だのその他消耗品だの・・・。

 

私は車だけのために

月に2万円は貯蓄していますね

少し多めでしょうかね。

 

結構大きな金額ですが、無駄遣いを削ったら

簡単に捻出できました。

 

これを踏まえて私は貯蓄を

3種類に分けていました。

 

1.近い将来の支払義務のための貯蓄

2.将来への備え・不測の事態に備える貯蓄

3.将来への備え・様々な出費に備える貯蓄

 

1は「貯蓄」というより「近々支払う経費」

2は結婚式や葬式などに備えた経費

3は「貯蓄」ですね。

 

つまり、実態を把握した上で無駄遣いを省き

支払い義務のための貯蓄と

将来・不測の事態に備えた貯蓄を

するようにしました。

 

 

「「お金があるとどうしても使ってしまう」

という人は、会社に「財形貯蓄」をする

システムがあればそれを利用し、

強制的に利用するのも手ですね。

スポンサーリンク

 

 

10月17日は何の日?まとめ

 

10月17日は【貯蓄の日】。

 

ということで借金生活の抜け出し方について

取り上げてきました。

 

貯蓄している人にとってこの話は

「当り前じゃないか」と思っている人も多い

のではないでしょうか。

 

しかし、貯蓄をしていない人は

このことを分かっておらず、

自分の実態もつかめていません。

 

特に社会人になりたての若者は。

 

私が貯蓄をすることができるようになったのは

 

1.借金とは将来の収入の先食いである

2.家計簿により実態把握

3.そこから無駄を省いていく

 

ということで借金は消え、

貯蓄をすることに成功しました。

 

要するに「身の丈に合った生活

が必要だということですね。

 

ただ、自分へのご褒美も忘れてはならない

と感じています。

 

無駄を削る、貯蓄するだけでは

気持ちが長持ちしません。

 

実態を把握しているからこそ

「使いたいところで使える」

ということでもあります。

 

いわば「メリハリ」。

 

【貯蓄の日】をきっかけに

借金や貯蓄について考えていただけたら

幸いです。

スポンサーリンク