【10月17日は何の日?豆知識】沖縄そばの日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

10月17日は何の日かというと

沖縄そばの日」。

 

スポンサーリンク




 

あなたは

沖縄そば

を食べたことがありますか?

 

沖縄そばは製法が「そば」というより

ラーメン、更に麺が太いことから

うどんに見えるのが特徴です。

 

そんな沖縄そばですが、

「そば」として認定されるまでには

一筋縄ではいかなかったようです。

 

「公正取引委員会」に「待った!」を

かけられましたが、

関係者や県民の熱意

により「沖縄そば」の名前は

存続されました

 

そんな沖縄そばについて

迫っていきたいと思いました。

 

そこで「沖縄そばの日」が

制定された経緯と、

沖縄そばの雑学について

取り上げていきます。

 

 

豆知識①「沖縄そばの日」が制定された経緯

 

「沖縄そばの日」を制定したのは

沖縄生麺協同組合

さん。

 

やはり沖縄が関係している団体が

絡んでいるんですね。

 

そんな沖縄そばですが、

1978年(昭和53年)10月17日

に公正取引委員会によって

承認されました。

 

これにちなんで10月17日が

「沖縄そばの日」に選ばれました。

 

ただ、いくら調べても

どのような目的で「沖縄そばの日」が

制定されたのかはわかりませんでした。

 

私が制定するなら、

沖縄そばをより多くの人に

知ってもらって、沖縄そばの

魅力を感じてもらいたい

といったところでしょうか。

 

 

さて、そんな沖縄そばですが、

公正取引委員会から承認を受けるまで

紆余曲折があったようです。

 

今では「沖縄そば」という名前が

普通に使われていますが、

「沖縄そば」を名乗れるようになるのに

相当苦労したようです。

 

また、沖縄そばのことを知らないという人も

多いのではないでしょうか。

 

ということで、

沖縄そばの雑学について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識②沖縄そばの雑学

 

 

豆知識②-1.「沖縄そば」の紆余曲折

 

「沖縄そば」は古くからありました。

 

そして沖縄が本土復帰を果たして4年目に

組合が設立されました。

 

そんな矢先に「公正取引委員会」が

「沖縄生麺協同組合」の

「沖縄そば」に対し

「まった!」をかけました。

 

公正競争規約によると

「『そば』と名乗るためには、

原料の蕎麦粉を三割以上使用

していること」

が必要であるとのこと。

 

そう、沖縄そばは「そば」という名が

ついていながら、そば粉は一切使用して

いないという事実。

 

公正取引委員会は「そばじゃないじゃん」

「このままではそばを名乗ることが

できない」と言ってきたんですね。

 

さすが役人、頭が固いですね。

 

それはともかく、

このままでは「そば」として親しまれてきた

「沖縄そば」の名称が使えなくなります。

 

これを懸念した沖縄生麺協同組合が

この歴史があり、古くから親しまれてきた

「沖縄そば」の名称を存続しようと

運動を展開しました。

 

「沖縄県内だけなら(名称を)使って良い」

等の案もありましたが、組合や県民の粘りで

「本場・沖縄そば」の名称を使用しても良い

ということになりました。

 

沖縄県民の思いが公正取引委員会に

届いて良かったですね。

 

 

豆知識②-2.沖縄そばの歴史

 

沖縄そばの始まりには諸説あります。

 

14世紀に明(中国)から伝わったという説

や15世紀に冊封使によって伝来した説等

様々あります。

 

どの説が正しいのかはわかりませんが、

「中国から伝わってきた

中華麺が起源」

だと考えられています。

 

ただ、その当時は小麦粉が

手に入りにくかったため

「宮廷料理」とされていました。

 

その後庶民に広まったのが

明治時代の後期に中国人が

支那そば屋

を開いたのが始まりだと言われています。

 

更にその後、大正時代に

街中に広まっていきましたが、

戦争等で壊滅状態になりました。

 

それでも米軍によって小麦粉が

大量に出回ったこと、そして県民の思い

もあって再度お店が増えていきました。

 

その中で各店で切磋琢磨していき

現在に至っています。

 

今では気軽に食べられる沖縄そばですが、

何度もピンチを乗り切った沖縄そば。

沖縄県民の「沖縄そば」への執念が

伝わってきます。

 

昔の人に「ありがとう」。

 

そして現在の人々に「沖縄そば」を

存続させてほしいですね。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識②-3.「沖縄そば」と「ソーキそば」

 

 

1.沖縄そば

 

一般的な沖縄そばは、うどんのような太麺を

使用しています。

 

スープは豚骨をダシにして醤油を加えたもの。

その上に豚肉とネギを

トッピングしたものでした。

 

そこから塩ベースのスープに豚肉や

かまぼこ、ネギや紅ショウガなどが加わり、

現在の沖縄そばに至っています。

 

 

2.ソーキそば

 

沖縄そば=ソーキそば

という使われ方が多いですよね。

 

簡単に言えば沖縄そばとソーキそばの違いは

トッピングにあります。

 

ソーキそばは

沖縄そばに

ソーキを乗せたもの

 

ソーキとは豚肉のスペアリブのこと。

 

豚肉に沖縄産の泡盛や黒糖、醤油などで

甘辛く炊いてできたもの。

 

ただ、このソーキそばのことを

沖縄そばと呼ぶことが多いですね。

 

「沖縄のそばだからいいか」

というところでしょうか。

 

 

10月17日は何の日?まとめ

 

10月17日は「沖縄そばの日」。

 

ということで、

沖縄そばの雑学について

取り上げてきました。

 

沖縄そばは公正取引委員会や戦争等で

存続の危機を幾度となく迎えましたが、

その度にそのピンチを乗り切ってきて

いまの沖縄そばがあります。

 

そしてソーキそばとともに

各店舗で切磋琢磨してきて

今の美味しい沖縄そばとソーキそば

があります。

 

あなたも沖縄に行った際には

ぜひ沖縄そばを堪能してください。

 

 

スポンサーリンク