10月16日は何の日?今日は【ボスの日】

 

 

おはようございます、まちゃはるです。

 

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

理想的な人に出会いたいと思うものの

記念日もあります。

 

スポンサーリンク

今回はそういう記念日です。

 

今まで何人もの人を見てきましたが

中には「若者を潰す」ような人がいて

困ったものですね。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで10月16日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで10月16日は何の日かというと

ボスの日

 

皆さんもいろんなところで「ボス

と出会っていることと思います。

 

身近なところでも会社の社長、所長、

施設長、部課係長、学校の校長、組合長、

町内会長、ママ友のボスなど

キリがないぐらいいる「ボス」。

 

会社単位でみれば「社長」がボスで

部課長は上司に当たります。

 

所属している部であれば

部長が「ボス」で課長が「上司」に

あたりますね。

 

私もいろんなところでボスや上司に

あってきました。

 

もちろんいいボスや上司もいましたが、

残念ながらそうでない人もいます。

 

そんな上司について考えてみようと思います。

 

そこで、今回は「ボスの日」

が制定された経緯と、

私が考える理想の上司について

取り上げていきます。

 

 

豆知識①【ボスの日】が制定された経緯

 

【ボスの日】を制定したのは

アメリカ商業会議所さん。

 

【ボスの日】の由来は1958年に

あるアメリカ人女性が提唱したことが

始まりでした。

 

その女性とはある会社の経営者の娘で、

経営者(父)と部下の間柄を円滑にしたい

と考えていました。

 

そこで考えたのは、部下が経営者(父)に

感謝の気持ちを伝えることができないかと

ずっと思っていたそうです。

 

そこで考えたのが、父の誕生日である

10月16日をその機会にできないかと考え

これを実行したことが【ボスの日】の由来。

 

これにちなんで10月16日が

【ボスの日】に選ばれました。

 

つまり、【ボスの日】はアメリカで生まれ、

部下がボスに感謝の意を伝える日

それが10月16日

 

アメリカ発祥の【ボスの日】ですが、

あまり日本では馴染みがありませんね。

 

ただデパート業界では、1988年から

この10月16日に

上司への感謝の気持ちを込めて

プレゼントやメッセージカードを

送っているそうです。

 

中にはランチや飲み会などの

お誘いをしているところも

あるようです。

 

 

さて、そんな【ボスの日】ですが、

部下が「ボスの日だから仕方なく」

なんて思われるボスには

なりたくないものです。

 

逆に「ボスの日だから仕方なく」

プレゼント等は送りたくはありません。

 

そのためにはどうしたらよいか

考えてみました。

 

というわけで

私が考える理想の上司について

取り上げていきます。

スポンサーリンク

 

 

豆知識②私が考える理想の上司

 

私も会社員になって、いろんな環境で

仕事をしています。

 

その中でたくさん見てきた私の「上司」。

 

いい上司もそいれば、そうでない上司も

たくさん見てきました。

 

また、いろんな部下や後輩も見てきました、

 

そこで、私が考える理想の上司を

取り上げていきます。

 

 

豆知識②-1.部下を正しい方向に導く

 

部下が新人の場合は手鳥足取り教える

必要がありますよね。

 

しかし、中堅クラス以上になってくると

後輩を指導したり、

自分が難しい判断をしなければならない場面

が出てきます。

 

特に後輩の指導って難しいですよね。

成長のスピードは人それぞれ。

 

もし後輩の成長が遅い、要領が悪かったら

自分の教え方が悪いのかなと

悩んでしまいます。

 

また、難しい判断を迫られた時は

悩んで考え込んでしまいます。

 

そんな時に

さりげなく正しい方向に導いてくれる

上司だったらありがたいですね。

 

上司も忙しい(はず)ですので

手鳥足取りアドバイスしてほしいとは

言いませんが、陰でスマートに導いてくれる

と助かりますね。

スポンサーリンク

 

 

豆知識②-2.豊富な知識と経験に基づく的確な判断力がある

 

仕事をしていると、いろんな悩みが出てきます。

 

しょっちゅう難しい判断を迫られます。

 

それを相談したときに、豊富な知識と

的確な判断によって問題が解決できたら

尊敬してしまいますね。

 

たまに「そんなもん自分で考えろ」

という先輩がいました。

 

確かに自分で考えて行動することは

大切なのはわかっています。

 

いざとなったらアドバイスができる

のであればそれもOKだと思います。

 

ただ、その人に指導力がない場合もあり

「アドバイスができる知識も経験もない

情けない先輩にだけはなりたくない」と

思いましたね。

スポンサーリンク

 

 

豆知識②-3.部下の前で上司を怒らない上司

 

ちょっとややこしいですかね。

 

これは実際に私の目の前であったことですが

たとえば、部長が課長に対して叱りつけて

いるとします。

 

それも部下の前で。

 

その時期は忙しくてみんな残業を

していました。

 

うちの会社は残業代は全部出してくれる

ホワイトな?会社でしたが、

その分残業にはうるさかったですね。

 

そこで部長が課長に対し、

 

「お前の指導が悪いから

部下たちがが残業しているんだ!」

 

などと、部下にわざと聞こえるように

怒鳴りつけていましたね。

 

課長も現場の状況がわかっているので

我々部下には何も言わなかった

んですけどね。

 

そうなると、部下たちも傷つくばかりか

「残業をつけにくいな」と思ってしまい、

結果的にサービス残業をする

羽目になりましたね。

 

これがまさに部長の狙い!

 

部長の一番の狙いは、課長に怒鳴りつける

ことにより、部下が残業をつけにくくする

ということでした

 

自分から「サービス残業をしろ」とは

口が裂けても言えませんから

このような卑怯作戦に出たということです。

 

こうなったら最悪です。

 

その時は課長が

「残業した分は遠慮なくつけていいからな」

と私達をかばってくれたのがせめてもの救い。

 

ただ、やっぱり残業を

つけづらくなりましたね。

 

前置きが長くなりましたが、

この場合の理想の上司は

現場の状況を把握していた「課長」ですね。

 

この部長も「人手が足りない」ことを

知りながらサービス残業をさせるように

仕向けていたのでたちが悪かったですね。

 

この部長は「部下の前で上司を怒る上司」

という理想とは真逆の上司でしたね。

 

 

10月16日は何の日?まとめ

 

10月16日は【ボスの日】。

 

ということで

私が考える理想の上司について

取り上げてきました。

 

私の理想の上司は

 

1.正しい方向に導く

2.豊富な知識に基づく的確な判断力

3.間接的に部下を叱らない

 

ですね。

 

あとはコミュニケーション能力とか

飲み会でおごってくれるとか・・・。

 

10月16日は【ボスの日】。

 

私も理想の上司になって

【ボスの日】に心のこもったものを

部下から貰えるように

なりたいと思います。

スポンサーリンク