【10月16日は何の日?豆知識】今日は「十六茶の日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

10月16日は何の日かというと

十六茶の日」。

 

スポンサーリンク




 

あなたは

十六茶

は好きですか?

 

十六茶を含む「お茶」が嫌いな人は

少ないと思います。

 

私はお酒は嗜みますが、外出した時は

お酒よりもジュースよりも

お茶を飲むことが多いですね。

 

その中でも「十六茶」を飲むのが

一番多い気がします。

 

「ブランド茶のパイオニア」的存在

である十六茶。

 

また、十六茶は「16種類の素材」

という意味以外にも

六蔵六腑四味覚」

という意味が込められています。

 

また、健康の方から病気の方まで

美味しく飲んでいただけるように

十六茶が作られています。

 

 

そんな十六茶について

迫っていきたいと思いました。

 

そこで「十六茶の日」が制定された経緯と、

十六茶の雑学について

取り上げていきます。

 

 

豆知識①「十六茶の日」が制定された経緯

 

「十六茶の日」を制定したのは

アサヒ飲料株式会社

さん。

 

アサヒ飲料さんは人気の飲料を

いくつも手掛けている

お馴染みの会社ですね。

 

十六茶はその名の通り16種類の素材を

ブレンドしたお茶。

 

十六茶を飲んむことで、

自分や大事な人に

思いやりを持ってほしい

との思いから制定された「十六茶の日」。

 

「十六茶を一年中飲んでほしい」との願いが

込められているため、「毎月16日」が

「十六茶の日」に選ばれました。

 

あまり深く考えたことはないですが、

喉の渇きを癒すのは

お茶が一番だと思います。

 

炭酸飲料ももちろん飲みますが、

甘くて余計にのどが渇く気がします。

 

その中でも十六茶は

一番飲んでいると思います。

 

そんな十六茶について

迫っていきたいと思いました。

 

ということで、十六茶の雑学について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識②十六茶の雑学

 

 

豆知識②-1.十六茶とは

 

十六茶とは、文字どおり

十六種類の健康素材を使用

して作られています。

 

健康16素材とは、

玄米、大麦、発芽大麦、あわ、エゴマの葉、

桑の葉、びわの葉、ハブ茶、ハトムギ、

たんぽぽの根、とうもろこし、きび、

黒豆(大豆)、カワラケツメイ、ナツメ、

昆布です。

 

穀物からお茶等の葉から根っこから

豆、木の実、海藻と

バラエティに富んでいますね。

 

どうやってこの16種類を決めたのかは

わかりませんが、十六茶を作ったときは

相当苦労したんでしょうね。

 

 

十六茶が発売されたのが

1993年。

 

この頃は健康ブームであり、

さまざまな健康食品が発売されました。

 

その中で十六茶はペットボトルではなく

缶で発売されました。

 

16種類の健康素材

が使われているお茶

というのを売りにしたところ、

今でも飲まれている

ヒット商品になりました。

 

今ではさまざまなブランド茶がありますが、

十六茶は「ブランド茶のパイオニア」的存在

ですね。

 

 

また、十六茶は

体のバランスを重視しています。

 

体の状態として「健康」「未病」「病気」

に分けられます。

 

これらのどの状態でも

バランスよく刺激を与えるように

十六茶が作られています。

 

誰にでも優しいお茶

ということになりますね。

 

 

豆知識②-2.十六茶の他の意味

 

十六茶には十六種類の健康素材が

ブレンドされています。

 

そのため「十六茶」と言われていますが、

この「十六」にはその他の意味も

込められています。

 

結論から言うと

東洋健康思想の

六蔵六腑四味覚

を表しています。

 

よく「五臓六腑」と聞きますが

「六増六腑」なんですね。

 

六蔵とは六つの臓である

心・肝・腎・脾・肺・心包

表しています。

 

六腑とは六つの腑である

胆・胃・大腸・小腸・膀胱・

三焦

を表しています。

 

四味覚とは四つの味覚である

甘い・苦い・しょっぱい・

酸っぱい

を表しています。

 

これらを加えると

6+6+4=16になります。

 

 

これも十六茶の由来になっていますが

ほとんどの人は知らないはず。

 

 

どうせならCMでも

「六臓六腑四味覚」を

PRしてほしかったですね。

 

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識②-3.十六茶のこだわり

 

1.味わい

 

やはり一番のこだわりは「味」。

 

一昔前は青汁で「まずい!もう一杯」

というCMがありましたが、

現在では味も良いものが出ています。

 

やはり「味は無視できない」

ということですね。

 

十六茶は最初から味にこだわって

十六種類の素材を

それぞれの特徴に合わせて

焙煎の仕方を変えて

最適な味のお茶

に仕上げています。

 

相当な試行錯誤が

なされたんでしょう。

 

長らく愛されている所以ですね。

 

 

2.カフェインゼロ

 

十六茶は2005年に

マイナーチェンジしました。

 

結論から言うと十六茶を

「カフェインゼロ」

にしたこと。

 

健康面を考えて、

子供からご年配の方まで

より多くの人に飲んでもらおう

とカフェインゼロにしました。

 

また、いつでもどこでも飲めるようにと

「健康面」にこだわって

十六茶が作られています。

 

これで安心して飲むことができますね。

 

 

10月16日は何の日?まとめ

 

10月16日は「十六茶の日」。

 

ということで、

十六茶の雑学について

取り上げてきました。

 

「十六」とは「十六種類の健康素材」

という意味の他に「六蔵六腑四味覚」

という意味が込められています。

 

また、味や健康面にこだわって

十六茶が作られています。

 

そんな思いやこだわりに思いをはせて

十六茶を飲んでいただけたら幸いです。

 

 

スポンサーリンク