【10月15日は何の日?豆知識】今日は「すき焼き通の日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

10月15日は何の日かというと

すき焼き通の日」。

 

スポンサーリンク




 

あなたは

すき焼き

は好きですか?

 

私は大好きですし、

好きな人は多いのではないでしょうか。

 

あのにおいを嗅ぐだけで

食欲がそそられます。

 

そんなすき焼きですが、始まりは

「鋤を焼く」「剥き身を焼く」

等諸説あること。

 

生卵を入れる理由は

火傷の防止

高級感を出す

牛肉臭さを消す

味をマイルドにする

等があります。

 

 

そんなすき焼きについて

迫っていきたいと思いました。

 

そこで「すき焼き通の日」

が制定された経緯と、

すき焼きの雑学について

取り上げていきます。

 

 

豆知識①「すき焼き通の日」が制定された経緯

 

「すき焼き通の日」を制定したのは

すきや連

さん。

 

すきや連さんは、

すき焼き店とすき焼き愛好家によって

結成された団体。

 

また、すきや連さんは

すき焼きに関する本である「すき焼き通」が

発売されたことをきっかけに

結成されました。

 

すき焼きの美味しさと楽しさを

より多くの人に知ってもらいたいとの思い

で制定された「すき焼き通の日」。

 

2008年(平成20年)10月15日は

すき焼き通の発売が始まった日。

 

これにちなんで10月15日が

「すき焼き通の日」に選ばれました。

 

そんなすき焼きですが、

美味しくて楽しいということは

誰もが知っているはず。

 

ということで「すき焼き通の日」目的は

達成されたといっていいでしょう。

 

 

さて、そんなすき焼きですが

知らないこともたくさんあります。

 

そんなすき焼きについて

迫っていきたいと思いました。

 

ということで、

すき焼きの雑学について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識②すき焼きの雑学

 

 

豆知識②-1.すき焼きの歴史

 

すき焼きはもともと

中国から伝わってきました。

 

ただ、中国から「すき焼き」

が伝わる前にあったのが

牛鍋」。

 

牛鍋がすき焼きと呼ばれるようになった経緯

には諸説あるようです。

 

江戸時代にさかのぼって

鴨やカモシカを

鋤(すき)の上で焼く

ということから「すき焼き」になった

という説があります。

 

 

また、肉や魚を薄切りしたものを

「剥き身(すきみ)」と言います。

 

剥き身を焼く

ということから剥焼き(すきやき)になった

という説もあります。

 

どちらが正しいのかはわかりませんが、

これらを日本に合うように

改良されてきました。

 

 

更に関東の方では関東大震災によって

「牛鍋屋」さんの多くが被害を受けて

廃業に追い込まれました。

 

その「牛鍋屋」さんの代わりに関西から

「関西風のすき焼き屋」さんが

進出してきました。

 

その

関西風の「すき焼き」と

関東の「牛鍋」を合わせた

「関東風のすき焼き」が誕生

しました。

 

こうして日本中にすき焼きが広まったとも

言われています。

 

この名残で「関東風」と「関西風」

があるんですね。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識②-2.すき焼きに卵を入れる理由

 

すき焼きに生卵をつけて食べる人と、

生卵をつけないで食べる人に分かれますね。

 

ちなみに私は

生卵をつける派

です。

 

生卵をつけて食べるようになったのにも

理由があります。

 

 

1.火傷をしないため

 

意外に思われる方もいるかもしれませんが、

熱々の具材に生卵をつけること

によって具材を冷まして

火傷を防ぐ効果を得るため

に生卵が使われました。

 

「生卵」ということは

「熱い」ということはあり得ませんからね。

 

 

伝わった頃は絶大な人気を誇った

すき焼き。

 

あまりに美味しいので「ガツガツ食べる」

「慌てて食べる」人が多かった。

 

そうなると火傷してしまいますよね。

そこで生卵をつけることで具材を冷ました後

に食べるという手法が生まれました。

 

「具材を冷ますなら

生卵でなくてもいいじゃん」

と思われた方もいるかもしれませんが、

生卵を使う理由は他にも理由があります。

 

 

2.高級感を出すため

 

生卵は安くて今ではすっかり庶民の食べ物に

なりましたが

すき焼きが出た頃

生卵はは高級品

でした。

 

また、卵は栄養価が高いので、すき焼きを

更に栄養価の高い食材にするために生卵を

入れて食べるようになったと

言われています。

 

卵が高級品だったということは

「火傷を防ぐ」ために生卵を使った

ということに疑問を感じますね。

 

それともすき焼きを食べるときは

奮発をしたということでしょうか。

 

スポンサーリンク




 

 

3.卵によって牛肉のを消すため

 

当時は牛肉を食べる風習が

浸透していませんでした

 

そのため牛肉を「臭い」と感じる人も

いました。

 

下記の記事

 

【9月30日は何の日?豆知識】今日は「クミンの日」クミンの雑学

 

にもあるように、

においというのは味を決める大きな要素。

 

せっかくの美味しいすき焼きも

「臭い」と感じたら台無しです。

 

そうならないために臭みを消す必要が

あったんですね。

 

 

4.味がマイルドになり美味しくなる

 

生卵で味も美味しくなる。

現在でも同じ認識ですよね。

 

生卵はすき焼きに限らず、

食材をマイルドで美味しいもの

にしてくれますね。

 

また、親子丼やカツ丼を食べてわかるように

肉と卵は相性が良く、

抜群の組み合わせ

になりますね。

 

「味」という理由でも生卵をつけて食べる

理由になりますね。

 

 

なお、卵は栄養価の高い食材。

火傷の防止、高級感を出す、臭みを消す

美味しくするとなれば

一石五鳥ですね。

 

 

10月15日は何の日?まとめ

 

10月15日は「すき焼き通の日」。

 

ということで、

すき焼きの雑学について

取り上げてきました。

 

すき焼きの語源や生卵をつけて食べる理由

について取り上げましたが、

「火傷の防止」というのは意外な理由ですね。

 

生卵をつけずに食べる人は、

火傷に気をつけるか

何か別のものをつけて食べたら美味しく

食べられるかもしれません。

 

昔の方、すき焼きを発案してくれて

ありがとう。

 

 

スポンサーリンク