10月1日何の日?今日は【トンカツの日

 

 

おはようございます、まちゃはるです。

 

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

私にとって食べて美味しいと思えるものの

記念日もあります。

 

スポンサーリンク

今回はそういう記念日です。

 

毎日でも食べたい気分ですが、

さすがに栄養が偏るので我慢しています。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで10月1日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで10月1日は何の日かというと

トンカツの日

 

皆さんは「トンカツ」は好きですか?

私は大好きです。

 

「こんなに美味しいものを

誰が作ったんだ?」と

ふと気になりました。

 

そんなトンカツに迫っていきたいと

思いました。

 

そこで【トンカツの日】が制定された経緯と

トンカツの豆知識について

取り上げていきます。

 

 

豆知識①【トンカツの日】が制定された経緯

 

【トンカツの日】を制定したのは

株式会社「味のちぬや」さん。

 

「また出てきたか」と思った方、

いつもブログにお付き合いいただき

ありがとうございます。

 

「味のちぬや」さんは、このブログでも

 

【今日は何の日?豆知識】11月4日は【かき揚げの日】麺の上に乗るもの

【今日は何の日?豆知識!】11月21日は「カキフライの日」私の恩人

【今日は何の日?豆知識】3月7日は【メンチカツの日】メンチカツの始まり

【今日は何の日?豆知識!】4月6日は「春巻きの日!」なぜ「春」なの?

【今日は何の日?豆知識!】6月21日は【えびフライの日】

【9月4日は何の日?豆知識】今日は「串の日」串料理の豆知識

 

でも度々登場し、今回で7回目。

いつもながら私に力を与えてくれて

ありがとうございます(笑)。

 

これらでわかるように、味のちぬやさんは

あらゆる冷凍食品を手掛け、全国のお店に

提供している会社です。

 

「秋」といえば「食欲の秋」。

(お前は常に食欲旺盛だろとツッコまれそう)

 

いや、「スポーツの秋」。

て勝負に「勝つ」ためにトンカツを食べて

頑張ってほしいとの願いから【トンカツの日】

が制定されました。

 

メンチカツに続いてトンカツも

「かつ丼」の地位を狙っている

ということですね。

 

でもかつ丼にはトンカツが

使われているか・・・。

 

 

「10(トン)1(勝つ=1番)」の

語呂合わせ?・・・で10月1日が

【トンカツの日】に選ばれました。

 

10月1日は年度の後半スタート。

是非この日にトンカツを食べて

元気にスタートさせたいところですね。

 

さて、そんなトンカツですが

私も大好きで、トンカツについて

迫っていきたいと思いました。

 

ということで、

トンカツの豆知識について

取り上げていきます。

スポンサーリンク

 

 

豆知識②トンカツの豆知識

 

 

豆知識②-1.トンカツの由来

 

「トンカツ」はどこの国の料理なのか

ご存知ですか?

 

結論から言うと

トンカツは「日本」独自の料理です。

 

最初に現れたのが大正時代。

 

その大正時代に現れたのが

カツレツ屋」。

 

これが今でいう「トンカツの専門店」

ですが、昭和の初めごろに「とんかつ」

という看板が誕生しました。

 

ただ、トンカツのの始まりは

フランスから渡ってきた一つの料理から。

 

その料理が

「コートレット・ド・ポール・パネ」

(骨がついた豚肉の揚物)。

 

これが日本で「骨抜き」にアレンジされ

「カツレツ」→豚肉のカツレツ「トンカツ」

になりました。

 

日本独自の料理ですが、

もともとはフランスから渡ってきたんですね。

 

フランスの人、そしてトンカツを作ってくれた人

私の好物を作ってくれてありがとうございます。

 

 

豆知識②-2.トンカツとキャベツはセット!

 

トンカツに必ず?ついてくるのが

「キャベツ」。

 

私の家のすぐそばには

「キャベツ食べ放題!」

と謳っているお店もあります。

 

なぜトンカツとキャベツは

セットになっているのでしょうか?

 

結論から言うと、当時はキャベツが

手に入りやすかったためという

至って普通の理由でした。

 

しかし、これがのちに

実に理にかなった組み合わせ

だということがわかります。

 

キャベツにはビタミンU(キャベジン)と

食物繊維が含まれています。

 

ビタミンUは胃の粘膜を修復する効果が、

食物繊維には脂肪の吸収を抑える効果

期待できます。

 

トンカツとキャベツのコンビは

年季が入っているだけあって、

実に絶妙なコンビネーションですね。

スポンサーリンク

 

 

豆知識②-3.トンカツの太りにくい食べ方

 

 

1.キャベツから食べる

 

トンカツといえば豚肉。

豚肉には良質なタンパク質とビタミンB1

が豊富の含まれています。

 

美容効果が期待できる一方で

カロリーの高さが気になるところ。

 

その懸念されるものに対抗するものとして

登場するのが「キャベツ」。

 

キャベツの効果は胃腸の粘膜を修復する、

脂肪の吸収を抑えること。

 

これは上記で述べた通りですが、

大切なのは「キャベツの食べ方」。

 

結論から言うと、最もよい食べ方は

「トンカツをキャベツで包んで

ソースとカラシをつけて食べること

だそうです。

 

ソースは酢が含まれており、

酢糖値の上昇を抑える効果が期待できます。

 

ただ、私の場合は

「トンカツの味をキャベツに邪魔されたくない」

という思いがあるので、先にキャベツを食べる

いわゆる「ベジファースト」をしてから

本丸である「トンカツ」に差し掛かります。

 

まあ私のやり方が正しいかは

疑問ですが・・・。

スポンサーリンク

 

 

2.よく噛んで食べる

 

「よく噛んで食べなさい!」

子供のころに良く言われませんでした?

 

私はよく言われましたが、

今ではよく噛んで食べるようにしています。

(父親は丸飲みに近かったですが)

 

だからなのかは定かではありませんが

40代で私の周りに肥満の人が増えている中

私のBMIは19.5です(自慢じゃないよ)。

 

それはさておき、よく噛んで食べることで

満腹中枢を刺激して食べすぎを抑えたり

唾液等の分泌で消化を助けたり

エネルギーが消費されたり等の効果

期待できます。

 

トンカツに関わらず「よく噛んで食べる」

という習慣をつけるだけでも

ダイエット効果が得られるかもしれませんよ。

 

 

10月1日は何の日?まとめ

 

10月1日は【トンカツの日】。

 

ということで、

トンカツの豆知識について

取り上げてきました。

 

トンカツの由来やキャベツと一緒の理由、

太りにくい食べ方を紹介しましたので

参考にしていただけたら幸いです。

 

そして、トンカツを発明してくれた人、

養豚をされている方々に

感謝の気持ちでいっぱいです。

 

ありがとうございます。

そしてこれからもよろしくお願いします。

スポンサーリンク