【1月9日は何の日】「ジャマイカ ブルーマウンテンコーヒーの日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

1月9日は何の日かというと

ジャマイカ ブルーマウンテンコーヒーの日」。

 

 

スポンサーリンク




 

 

ジャマイカのブルーマウンテンコーヒー

といえば

コーヒーの王様

 

ところで、あなたはコーヒーを飲みますか?

飲んでいる人は「どの国のコーヒー豆」

なのか気にしていますか?

 

私の場合は好んで飲むことはありませんが

仕事先等でよく飲んでいます。

 

そのため「どこの国の豆」なのか

わからないのが現状です。

 

輸入量1位のブラジルなのか、ベトナム、

コロンビアあたりでしょうか。

 

そんな中、日本のジャマイカ産のコーヒー豆

の輸入量はそれほど多くなく18位ぐらい。

 

しかし、ジャマイカからみると、

ジャマイカ産のブルーマウンテンの

コーヒー豆輸出量は約70%が日本。

 

つまり、ジャマイカにとって

日本はいいお客さんになっています。

 

「ブルーマウンテンコーヒー」は

私達日本人にとっておなじみの

コーヒー。

 

ブルーマウンテンコーヒーはジャマイカでは

「勝ち」の願掛けに!

 

また、「コーヒー豆」は

「豆」ではなく「種」。

 

これらの事実を見ると、コーヒーのことを

あまりわかっていないと

言わざるを得ません。

 

そんなコーヒーについて

迫っていきたいと思いました。

 

そこで、

「ジャマイカ ブルーマウンテンコーヒーの日」

が制定された経緯と、コーヒーの雑学

について取り上げていきます。

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

豆知識①「ジャマイカ ブルーマウンテンコーヒーの日」が制定された経緯

 

「ジャマイカ ブルーマウンテンコーヒーの日」

を制定したのは

ジャマイカコーヒー輸入協議会

 

そのまんまの名前でわかりやすいですね。

 

ジャマイカ産のブルーマウンテンコーヒーの

最大の輸入国である日本

 

つまり日本はブルーマウンテンコーヒーの

最大の需要国。

 

この日本とジャマイカの関係を大切にする

とともに、ブルーマウンテンコーヒーを

より多くの人に飲んでもらいたいとの思い

から制定された

「ジャマイカ ブルーマウンテンコーヒーの日」。

 

1967年(昭和42年)1月9日に

ジャマイカ産ブルーマウンテンコーヒーが

初めてキングストン港から日本向けに

出荷されました。

 

これにちなんで1月9日が

「ジャマイカ ブルーマウンテンコーヒーの日」

に選ばれました。

 

ちなみにその量はなんと1,400袋。

1袋は約60Kgですので84トン。

 

この量は総収穫量の60%以上に上ります。

まさに「買占め」、「大人買い」。

 

「この店のコーヒー豆をぜ~んぶ!}

といった感じでしょうか。

 

 

さて、一口で「コーヒー」と言っても

色んな豆があるし、焙煎の仕方等で

風味が変わる奥が深い飲み物。

 

そんなコーヒーに

迫っていきたいと思いました。

 

といいことで、コーヒーの雑学について

取り上げていきます。

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

豆知識②コーヒーの雑学

 

 

豆知識②-1.ブルーマウンテンコーヒーとは

 

ブルーマウンテンコーヒーとはその名の通り

ジャマイカの「ブルーマウンテン山脈」の

標高800~1,200mの特定エリアで

栽培されたコーヒー。

 

この特定エリアは

ジャマイカ農産品規制公社

によって指定された山岳地帯。

 

この過酷な環境で育てられ、

さらに検査されて厳選されたものだけが

「ブルーマウンテンコーヒー」

になります。

 

ただ、ブルーマウンテンコーヒーも

ハリケーンやさび病や害虫などと戦い、

これらに勝ち抜いていかなくては

なりません。

 

そのため、1月9日に「勝ち」を願って

受験生等にコーヒーを飲んでもらう

という風習があります。

 

あなたも勝負時の前に

ブルーマウンテンコーヒーを

飲んでみてはいかがですか。

 

 

豆知識②-2.コーヒー豆は「豆」じゃない?

 

まずはコーヒー豆を想像してみてください。

上の写真を見てもらっても構いません。

 

「コーヒー豆」は

確かに見た目は豆。

 

しかし、コーヒー豆は結論から言うと

コーヒーの木に成る真っ赤な果実の中にある

」。

 

この種を加熱して焙煎されてできるのが

おなじみの「コーヒー豆」の形になります。

 

つまり、コーヒー豆は

コーヒーの木に直接コーヒー豆が成る

のではなく、

果実の中にある種を焙煎してできたもの。

 

となると、「コーヒー豆」ならぬ

「コーヒー種」という事に

なるのでしょうか。

 

 

 

1月9日は何の日?まとめ

 

1月9日は

「ジャマイカ ブルーマウンテンコーヒーの日」。

 

ということで、コーヒーの雑学について

取り上げてきました。

 

誰もが知っている

ブルーマウンテンコーヒー。

 

しかし、過酷な環境の中で育てられ、

厳しい検査を経てようやく

「ブルーマウンテンコーヒー」を

名乗らせることができるんですね。

 

そのため「勝ち」の願掛けに!

 

また、コーヒー豆は「コーヒーの種」。

同じ種でも焙煎の仕方によって

豆の日意味が変わるんですね。

 

1月9日は

「ジャマイカ ブルーマウンテンコーヒーの日」

 

そして受験生にとっては試験を目前に控えた

大事な時期。

 

コーヒーが嫌いでなければ「願掛け」で

「ブルーマウンテンコーヒー」を飲んで

願掛けをしてみませんか。

 

 

 

スポンサーリンク