1月7日は何の日?今日は「七草」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

味はともかく縁起物として食べておきたい

ものの記念日があります。

 

 

今回はそういう記念日です。

 

この記事は2日前に出しているので

まだ正月気分が抜けきっていないかも

しれませんが、1月も七日にもなると

もう正月気分は抜けているのでは

ないでしょうか。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで1月7日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで1月7日は何の日かというと

七草」。

 

1月7日には「七草がゆ」を食べる

風習がありますよね。

 

「七草がゆ」には色んな意味が込められた

古来から伝わってきた食べ物。

 

今ではあまり食べてはいませんが、

子供のころはよく祖父の家に行って

食べたものです。

 

いわば年末年始の縁起物として

食べられるものの一つですね。

 

関東では1月7日までが「松の内」。

 

今回はそんな七草について

迫っていきたいと思いました。

 

そこで、「七草」の由来と

七草の種類について取り上げていきます。

 

スポンサーリンク

 

 

豆知識①「七草」の由来

 

1月7日に「七草がゆ」を食べる風習は

五節句の人日(じんじつ)の節句

から来ています。

 

節句といえば5月5日の「端午の節句」

あたりが有名ですが、

「人日の節句」は五節句のうちの一つです。

 

1月7日の「人日の節句」の他に

「上巳の節句」3月3日

「端午の節句」5月5日

「七夕の節句」7月7日

「重陽の節句」9月9日

があり、江戸時代から年中行事として

重要視されていました。

 

1月7日の「人日の節句」は

唐(中国)から伝来したものです。 

 

随分昔から伝わったんですね。

 

「人日の節句」は1月1日から7日の順に

鶏、犬、猪、羊、牛、馬、人、穀

を大事にして新年を迎えるという風習が

ありました。

 

このうち7番目に当たる1月7日「人日」に

厄災の御祓いをするために七草の入った汁物

を食べることで無病息災を願う風習が

ありました。

 

これが

七種菜羹(ななしゅのさいかん)

という風習です。

 

この七つの草はこの時期に芽吹く草で、

当時の日本の若菜摘みという御払いの風習

と合わせて、1月7日に七草がゆを食べる

ということが広まっていきました。

 

つまり、唐から伝わった風習が

日本に合うようにアレンジされて

できた風習だったんですね。

 

今ではこの風習が薄れつつありますが、

唐の時代からの伝統ある縁起物として

残ってほしいものですね。

 

さて、そんな七草ですが、それぞれに意味が

あります。

 

そんな七草に

迫っていきたいと思いました。

 

ということで七草の種類について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク

 

豆知識②七草の種類

 

あなたは「七草」を全部言えますか?

 

大抵の人は言えると思いますが、中には

人知れず言えない人もいるかと思います。

 

人って一つぐらいは

「そんなことも知らないの?」と

言われるようなことを一つぐらいは

抱えているものです。

 

なんとも人間臭くていいじゃありませんか。

 

これを機会に一つ賢くなっていただけたら

幸いです。 

 

七草はそれぞれその名前から縁起物として

扱われています。

 

その七草は以下の通りです。

 

 

豆知識②-1 芹(セリ)

 

「競り勝つ」という意味で

使われています。

田畑で栽培され和え物や鍋などに

使われていますね。

 

 

豆知識②-2 薺(ナズナ)

 

「ぺんぺん草」とも

呼ばれています。

撫でることで汚れを取るという意味が

込められています。

「ぺんぺん」というと「お尻ぺんぺん」で

お仕置きをイメージするのは

私だけでしょうか。

 

 

豆知識②-3 御形(ゴギョウ)

 

「母子草」とも呼ばれており、

「仏様の体」という意味が

込められています。

 

 

豆知識②-4 繁縷(ハコベ)

 

私は「ハコベラ」と

覚えていました。

 

これはどちらでもいいようです。

 

繁栄が広がっていくという意味が

込められています。

 

 

豆知識②-5 仏の座(ホトケノザ)

 

花の形が仏様が坐禅を組んでいる

ように見えることから

このように呼ばれています。

 

「タビラコ」とも呼ばれています。

 

 

豆知識②-6 菘(スズナ)

 

カブのことを指し、

神を呼ぶ鈴に例えられています。

 

 

豆知識②-7 清白(スズシロ)

 

大根のことで、

清白で汚れのないことを表しています。

 

 

この7つが七草です。

それぞれに意味が込められており、

1月7日に縁起物として食べられています。

 

 

1月7日は何の日?まとめ

 

1月7日は「七草」。

 

ということで七草の種類について

取り上げてきました。

 

年末年始は縁起物が多いですが

この中でもこれが最後になりますね。

 

唐の時代から伝わる伝統のある風習。

 

味はともかくとして、この伝統を守るべく、

七草がゆを食べていただけたら幸いです。

 

スポンサーリンク