【1月7日は何の日】豆知識~今日は「生パスタの日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

1月7日は何の日かというと

生パスタの日」。

 

 

スポンサーリンク




 

 

あなたは

生パスタ

を食べていますか?

 

我が家では残念ながら

乾燥パスタ

しか食べていません。

 

生パスタと乾燥パスタは同じもののようでも

性質は全く異なる麺。

 

原材料はもちろん食感、カロリー等

いろんな面で違います。

 

生パスタと乾燥パスタとの違いについて

迫っていきたいと思いました。

 

そこで「生パスタの日」が制定された経緯と

生パスタと乾燥パスタの違いについて

取り上げていきます。

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

豆知識①「生パスタの日」が制定された経緯

 

 

「生パスタの日」を制定したのは

全国製麺協同組合連合会

さん。

 

下記の記事

 

【5月11日】今日は何の日?豆知識「めんの日」ラーメンの豆知識

 

【6月11日】今日は何の日?豆知識「めんの日」蕎麦の豆知識

 

にもあるように、「めんの日」を制定した

通称「全麺連

さん。

 

全麺連さんは

生めん類の製造業者で構成された団体。

 

私は何回も麺類について取り上げるほど

麺類が大好きです。

 

頑張れ、全麺連さん!

 

それはさておき、

生パスタの味や、風味、コシなどの食感を

感じることで、生パスタの魅力を多くの人に

知ってもらいたいとの思いにより制定された

「生パスタの日」。

 

「な(7)まパ(8)スタ」の語呂合わせ

により毎月7日と8日、そして7月8日が

「生パスタの日」に選ばれました。

 

生パスタを食べる機会が少ないのは

私だけでしょうか?

 

まあ食べようと思えばいつでも食べられる

のですが、乾燥パスタで済ませている

という人も少なくないはず。

 

生パスタを食べるのは

外食するときぐらいでしょうか。

 

 

ただ、「生」って聞くと

いかにも美味しそうですが、

色んな違いがあります。

 

そこで「生パスタ」と「乾燥パスタ」の違い

について取り上げていきます。

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

豆知識②乾燥パスタとの違い

 

 

豆知識②-1.原材料・製造方法

 

乾燥パスタは小麦粉に水や卵、塩等を加えて

作った生地を様々な形にしたもの。

 

ここで使われる小麦粉は

デュラムセモリア粉

という黄色くてザラザラしたものが

使われます。

 

この過程で水分が飛ばされて乾燥させるため

長期保存ができます。

 

そのために

硬い麺

なんですね。

 

 

それに対して生パスタは小麦本来の風味や

食感を生かすために、

出来立てをすぐに調理したものを指します。

 

まあ販売されているものは

「出来立て」ではありませんけどね。

 

乾燥パスタと違って

普通小麦

というパンを作る時に使われる小麦粉

に卵と水を混ぜあわせて、こねていきます。

 

そのため、

モチモチとした食感

の麺になります。

 

どちらかというと、うどんに似た食感の麺

になります。

 

 

同じパスタでも食感はともかく

原材料も違うんですね。

 

製造過程を見ても、

「生」という響きにしても

「生パスタ」の方が美味しそうですね。

 

 

豆知識②-2.茹でる時間

 

生パスタはもともと出来立ての柔らかい麺

なので、2〜3分ほど

で茹で上がります。

 

早く茹で上がるのも生パスタの良いところ。

 

 

これに対し、乾燥パスタほ乾燥している

だけあって

6〜8分

は茹でなければなりません。

 

 

乾燥パスタは長持ちするという利点が

ありますが、茹でる時間が長くなるという

デメリットもあります。

 

 

豆知識②-3.味・食感

 

生パスタはモチモチとした食感が特徴。

 

それに加えて味に深みがある麺に

仕上がっています。

 

また、パスタソースと絡みやすい一方、

伸びやすいという特徴があります。

 

 

それに対して乾燥パスタは生パスタと違い

シャキッとしたコシのある麺で伸びにくい。

(茹ですぎたら別ですが)

 

ただ、生パスタに比べてパスタソースが

絡みにくいという特徴もあります。

 

 

豆知識②-4.カロリー

 

原材料が違うため、カロリーも違うのでは

ないだろうかと思っていました。

 

確かに茹でる前のカロリーは

生パスタは288Kcal/100g

(1食分)

 

乾燥パスタは378Kcal/100g

(1食分)。

 

しかし、茹でた後は

生パスタは125Kcal/100g

(1食分)

 

乾燥パスタは140Kcal/100g

(1食分)。

 

生パスタと乾燥パスタのカロリーの差は

茹でる前はかなりありますが、

茹でた後はほとんど差がないことが

わかります。

 

ちょっと意外でしたね。

 

まあパスタソースの種類によって

カロリーの差は出てくるんでしょうけど。

 

 

豆知識②-5.賞味期限

 

新品未開封だと仮定して

生パスタは冷凍だと約3ヶ月、

冷蔵だと約10日。

 

それに対し、

乾燥パスタは冷暗所で2〜3年。

 

乾燥パスタの方が圧倒的に長いですね。

 

生パスタの「長持ちしない」という弱点を

克服したものと言えますね。

 

もともと乾燥パスタは

「長持ちするパスタを作りたい」

ということから開発されたので

当然と言えば当然ですが。

 

そのおかげで私のような料理が苦手な人は

乾燥パスタを常備させて、いつでも使えて

便利です。

 

乾燥パスタ、ありがとう。

 

 

1月7日は何の日?まとめ

 

1月7日は「生パスタの日」

 

ということで生パスタと乾燥パスタとの違い

について取り上げてきました。

 

まずは原材料から違うんですね。

 

また、「生」と「乾燥」の違いがあるので

ゆでる時間や食感、味が違います。

 

賞味期限は乾燥パスタの方が

圧倒的に長い。

 

ここまでは想定内ですが、カロリーは

生パスタも乾燥パスタも

同じぐらいなんですね。

 

カロリーという点だけが

意外だったような気がします。

 

私のように乾燥パスタに頼っている

そこのあなた。

 

「生パスタの日」をきっかけに

たまには生パスタを食べてみませんか。

 

もちろん自分で作って!

 

 

 

スポンサーリンク