【1月5日は何の日】豆知識~今日は「いちごの日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

1月5日は何の日かというと

いちごの日」。

 

スポンサーリンク




 

いちご

と言っても

 

 

ではありません。

 

ここで言う「いちご」とは

いちご世代

のことを指します。

 

私の年代の人はテレビで「キウイ世代」と

呼ばれることがありましたが、

こういうのとは意味合いが違いますね。

 

今まさに青春を謳歌している

「イチゴ世代」。

 

今回はかつての私がいちご世代の頃に

経験した高校受験の時のことを

思い出してみようと思います。

 

高校受験の前、特に前日は

不安なもの。

 

私見以外のことで余計な不安を

解消しておきたいですよね。

 

不安を解消するために

 

1.自宅を出て学校に着くまで

 の道のりと時間を測る

 

2.受験する学校に入り、

 自分の席を確認する

 

3.持ち物は入念にチェック

 

4.早めの行動

 

をしておくことによって

余計な不安を和らげる効果が期待できます。

 

そんな受験前日の行動について

迫っていきたいと思いました。

 

そこで「いちごの日」が制定された経緯と、

私が高校受験前日に行ったことについて

取り上げていきます。

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

豆知識①「いちごの日」が制定された経緯

 

「いちごの日」と言っても

いちご世代の日」。

 

「1(いち)5(ご)」の語呂合わせで

「いちごの日」と制定されました。

 

「いちご世代」とはかつて

1971年〜1974年生まれの

いわゆる「団塊ジュニア世代」

の人に使われていた言葉。

 

ただ、この言葉はもう

使われていないんですね。

 

ちなみに団塊ジュニアは今は46歳〜49歳

になりますね。

 

私はこれよりちょっと下の

氷河期世代(ロストジェネレーション)

またはポスト団塊ジュニアにあたります。

 

 

しかしここで取り扱う「いちご世代」は単に

15歳の中学生

のことを指します。

 

 

さて、15歳(14歳もいますが)

の中学生と言えばほとんどの人が

「高校受験」を控えています。

 

初めての受験という人もいため、

今の時期はだんだん緊張感が高まって

くる頃ですね。

 

そんな

彼らにエールを送る日

として制定された

「いちご世代の日」。

 

つまり

受験生を応援するための日

だったんですね。

 

果物のいちごでも、

団塊ジュニアのためでもない記念日です。

 

「高校受験をしない15歳はどうするんだ」

というツッコミは置いておきますが、

初めての受験で緊張していると思います。

 

しかし、受験が過ぎた後の楽しい高校生活を

思い浮かべ、合格に向けて

頑張っていただきたいと思います。

 

そのためにはもちろん勉強、学力向上は

欠かせません。

 

ただ、学力以外の余計な不安を

解消する必要もあります。

 

そこで、私が高校受験前日に行ったこと

について取り上げていきます。

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

豆知識②高校受験前日に行ったこと

 

受験当日は落ち着い試験に臨みなさい

と言われているかもしれませんが、

緊張しないなんて無理な話です。

 

当の私も緊張しまくりでした。

ただ、試験が進むにつれて

緊張がほぐれていきましたが。

 

ただ、当日にハプニングが起こることにより

緊張どころか頭が真っ白によってなんてこと

だけは避けたいものです。

 

そこでそのハプニングをなるべく防ぐべく

私が高校受験前日に行ったことについて

取り上げていきます。

 

 

豆知識②-1.自宅を出て学校に着くまでの道のりと時間を測る

 

まず行ったのは

受験会場への道のりの確認

 

当日に公共交通機関で学校へ行く場合

交通機関の時刻の確認、

そしてどのようなルートを通って

どのぐらい時間がかかるのかを

把握しておきたいですね。

 

一番いいのは、

当日と同じ時間に自宅を出て

予定通りに学校に着くかを

確認すること

 

私は当日と同じ時間に

確認を行いました。

 

そこで道のりと時間を測り、

自分が考えていた時間とのズレがないかを

確認します。

 

道のりを確認しておくことで、

当日は余計な気を遣わずにすみます。

 

 

豆知識②-2.受験する学校に入り、自分の席を確認する

 

次に

受験会場の確認

 

当日の学校への道のりや時間を把握した後は

受験する教室を下見しておきたですね。

 

どこから入って

何階の何年何組の教室の

どこの席かを確認

しておきます。

 

なんだったらそこの席に座って、

椅子や机がガタつきがないか、

その他不具合がないか等を確認します。

 

ただでさえ緊張している状態。

机や椅子にちょっとしたガタつきがあるだけ

で気になるもの。

 

余計な不安を解消するためにも

当日使用する机や椅子は

チェックしておきたいものですね。

 

そうすることで当日は余計な焦りがなく

受験に臨めますね。

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

豆知識②-3.持ち物は入念にチェック

 

言うまでもありませんが、

持ち物チェック

は基本ですね。

 

これも前日にゆっくりやっておきたい

ところですね。

 

受験当日に用意すると

焦りが生じます

 

万が一足りないものがあったとして、

それを当日に気が付いたら

間違いなく焦ります。

 

前日に入念にチェックして

当日は確認する程度

にしておくといいですね。

 

特にシャープペンシルや消しゴムは余分に

持っていくと、万が一落としたり、

芯がなくなったりしても安心です。

 

まあシャープペンシルの芯は

数本入れておくと安心ですね。

 

私は不安になり過ぎて

シャープペンシルを買いましたけどね。

 

 

4.早めの行動

 

これも当たり前だと思いますが、

早寝早起きして時間に余裕を持つと

余計な焦りを生まなくて済みますね。

 

また、朝ごはんを抜く習慣がある人も

いるようです。

 

朝食を抜いた場合、

朝食を食べた場合に比べて

頭の回転が悪くなります

 

もし朝食を食べていない人は

今からでも朝食をを食べる習慣を

つけてほしいですね。

 

受験生を持つご両親はたたき起こしてでも

朝ごはんを食べさせるようにしましょう。

 

 

1月5日は何の日?まとめ

 

1月5日は「いちごの日」。

 

ということで私が高校受験前日に行ったこと

について取り上げてきました。

 

受験の時は嫌でも緊張をするものです。

 

その中で、当日に道に迷ったり

忘れ物をしたり等をすると

余計に焦って頭の中が真っ白になる恐れ

があります。

 

ですので受験前日は余計な焦りや緊張を

しないように下見などをして

当日のシュミレーションをしておくことを

オススメします。

 

「いちご世代」の方々、

当日は自分の力を発揮できるよう、

頑張ってください。

 

スポンサーリンク