【1月4日は何の日】豆知識~「石の日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

1月4日は何の日かというと

石の日」。

 

 

スポンサーリンク




 

 

あなたは「石」と聞いて

何をイメージしますか?

 

私が子供の頃は砂利道が多かったので

石なんてその辺に転がっていました。

 

危険を知らない子供は石を投げ合うという

恐ろしい遊びを!

 

今思えば他人に石を当てる、

もしくは自分に当たるということがなくて

本当に良かったと本気で思っています。

 

 

石は危険なもの。

しかし、大人になってからは

石に触れることもなくなりました。

 

しかし、1月4日に石に触れると

願いが叶うという言い伝えが。

 

一口に「石」と言っても様々な石が

ありますが、石の代表格として君臨するのが

ダイヤモンド

 

ダイヤモンドは装飾品だけでなく

パワーストーン。

 

そんなダイヤモンドについて

迫っていきたいと思いました。

 

そこで、「石の日」が制定された経緯と、

石の代表格であるダイヤモンドの雑学

について取り上げていきます。

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

豆知識①「石の日」 が制定された経緯

 

 

「石の日」を制定したのは

山梨県石材加工業協同組合

さん。

 

やはり石材関係の方が絡んでいると

思いましたが、山梨県でしたか。

 

「組合」とはいえ、

地区が限定されているのは

意外でしたね。

 

 

「1(い)4(し)」の語呂合わせによって

1月4日が「石の日」に選ばれました。

 

この

1月4日に地蔵・狛犬・墓石等

願いが込めて作られた石に

触れると願いが叶う

と言われています。

 

制定された目的はわかりませんでした。

やはり

石に触れる日

ということでしょうか。

 

もし私が「石の日」を制定するなら

「人類の発展に寄与してきた石。

その石の意味や大切さをより多くの人に

知ってもらう日」

 

とこんなところでしょうか。

 

 

地蔵・狛犬・墓石などの石像だけでなく

石器として使われていた石。

 

今でも石焼き芋や石焼ビビンバ等で

石が使われています。

(食べ物しか思いつきませんでした)

 

 

さて、人類の発展に力をくれた石。

 

その石の代表格に君臨するのが

ダイヤモンド。

 

そんなダイヤモンドについて

迫っていきたいと思いました。

 

そこで石の代表格である

ダイヤモンドの雑学について

取り上げていきます。

 

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識②ダイヤモンドの雑学

 

 

豆知識②-1.パワーストーンであるダイヤモンド

 

 

あなたは「ダイヤモンド」と聞いて

何をイメージしますか?

 

「宝石」「指輪」「アクセサリー」など

「光物」、「装飾品」としてのイメージが

強いのではないでしょうか。

 

昔ある人に

プレゼントは光物に限る!

なんて超真顔で言われ、脅されたことを

思い出します。

 

「プレゼントなんて気持ちがあれば」

なんて若かりし私は思ったものです。

 

 

それはさておき、ダイヤモンドは

「悪霊を祓う」、「人やお金を集める」等の

力があるといわれています。

 

要するにダイヤモンドは

パワーストーン

の一種。

 

結婚する際にダイヤモンドの指輪を

用意するというのは単に綺麗だから

というわけではないんですね。

 

 

ただ、「パワーストーン」という事だけを

考えたら、磨かれて綺麗になった

ダイヤモンドよりも「ダイヤモンドの原石」

の方がご利益があります。

 

まあ「ダイヤモンドの原石」をあげたら

怒られるんでしょうけど・・・。

 

また、ダイヤモンドの色によって

ご利益が異なります。

 

黄色は金運、赤は勝負運、ピンクは恋愛運

というふうになりますので参考までに。

(みんな知ってる?)

 

 

豆知識②-2.ダイヤモンドの品質

 

ダイヤモンドの品質は

4C

で評価されています。

 

「4C」とは

キャラット(Carat)

カラー(Color)

クラリティ(Clarity)

カット(Cut)

であり、この「4C」を兼ね備えた

ダイヤモンドほど価値が上がります。

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

1.キャラット

 

ダイヤモンドの重さを表す単位である

キャラット。

 

1キャラット=0.2g

で、キャラット数が高いほど

価値が上がります。

 

当然高額になりますが、

キャラット数が高いダイヤモンドを

プレゼントしたら喜ばれるでしょう、

 

ただ、余計な見栄は張らないに限ります。

 

 

2.カラー

 

文字通り「ダイヤモンドの色」。

 

ダイヤモンドと言えば無色透明のイメージが

ありますよね。

 

無色透明に近いほど価値が高い

ダイヤモンド。

 

無色のダイヤモンドは「D」として、

黄色味のあるダイヤモンドは「Z」。

 

D~Zまで23段階あり、黄色のほかに

青、赤、ピンクなどがあります。

 

やはりプレゼントするなら無色透明に

限りますね。

 

 

3.クラリティ

 

クラリティとは

透明度」。

 

ダイヤモンドと言えば無色透明

というイメージがありますね。

 

ただ、よく見ると傷があったり

内包物があったりしますね。

 

傷や内包物の数や大きさ、種類、

入っている場所などにより、

11段階に分けられます。

 

 

4.カット

 

カットとは「ダイヤモンドの輝き」。

 

「4C」の中で唯一人間の手で

どうにかできる要素。

 

プロポーション

ポリッシュ

シンメトリー

によって価値が決まります

 

どうせならピッカピカに輝いている

ダイヤモンドで喜ばせたいものですね。

 

 

1月4日は何の日?まとめ

 

1月4日は「石の日」。

 

ということで、「石の日」が制定された経緯と

石の代表格である

ダイヤモンドの雑学について

取り上げてきました。

 

石は縁起ものであると同時に

私達人間の文明を発展させてくれた

尊い存在。

 

そんな石の代表格であるダイヤモンド。

プレゼントとしてはもちろん、

パワーストーンとしてもご利益があります。

 

身の丈に合ったダイヤモンドを

手に入れてダイヤモンドをから

パワーをもらいたいですね。

 

 

 

スポンサーリンク