【1月3日は何の日】豆知識~今日は「くるみパンの日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

 

というか、あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

(1月1日に公開なので)

 

1月3日は何の日かというと

くるみパンの日」。

 

 

スポンサーリンク




 

 

あなたは

くるみパン

を食べていますか?

 

私は食パンを食べる以外

は下記の記事

 

【4月12日今日は何の日?豆知識】「パンの記念日」私の好きなパン

 

にありように、「くるみパン」は

あまり食べていません。

 

まあ「ピーナッツパン」はくるみと同じ

「ナッツ類」が入っているので

「ナッツパン」は食べています(笑)。

 

くるみパンのシェアはあまり大きいようには

感じられません。

 

しかし、くるみパンは栄養があるし、

何よりダイエットに向いています。

 

そんなくるみパンについて

迫っていきたいと思いました。

 

そこで「くるみパンの日」

が制定された経緯と、

くるみの雑学について

取り上げていきます。

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

豆知識①「くるみパンの日」が制定された経緯

 

「くるみパンの日」を制定したのは

カリフォルニアくるみ協会

さん。

 

わが国では様々な場面でくるみが

使われていますが、その最大の用途が

くるみパン。

 

確かに同じナッツ類のピーナッツと違って

「直接生で食べる」ことは少ないですよね。

 

このことから、定期的に「くるみパン」

を食べて、くるみパンに親しんでもらいたい

との思いで制定された「くるみパンの日」。

 

私自身はくるみパンを食べる機会が

少ないので、「くるみパンの日」制定の目的

には寄与していないですね(笑)。

 

「来る3日(くるみっか)」の語呂合わせ

によって「毎月3日」が「くるみパンの日」

に選ばれました。

 

毎月ある記念日なんですね。

なんだかありがたみが減った気がしますが

「くるみパンに親しんでもらいたい」

との目的なのでちょうどよいかも

しれません。

 

まして今年最初の「くるみパンの日」

であり、まだ正月3が日。

 

おせちやお雑煮で飽きている人には

くるみパンが良いかもしれませんね。

 

 

さて、そんなくるみパンですが

知らないことも多いのではないでしょうか。

 

ということで、くるみの雑学について

取り上げていきます。

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

豆知識②くるみの雑学

 

 

豆知識②-1.くるみの栄養

 

下記の記事

 

【9月30日は何の日】豆知識~今日は「くるみの日」くるみの魅力

 

にあるように、くるみには

オメガ3脂肪酸、

ポリフェノール

メラトニン、食物繊維、

タンパク質、ビタミン、

ミネラル等

を含んでいます。

 

DHA、EPAは青魚に多く含まれ

DHAは記憶能力や学習能力を高めたり、

EPA血液をサラサラにしたり

コレステロールを下げる効果が

期待できます。

 

ポリフェノールやメラトニンといえば

抗酸化作用

 

諸悪の根源である

活性酸素

の発生を抑える効果が期待できます。

 

食物繊維は整腸作用により

便秘の解消効果

が期待できます。

 

ビタミンやミネラルは下記の記事

 

【ビタミン】の効能と摂取過剰・不足による影響、豊富に含まれている食材

 

【ミネラル】の効能と摂取過剰・不足による影響、豊富に含まれている食材

 

にあるように、

健康な体を維持するのに

必要な成分。

 

 

あの小さな実の中にこれだけの栄養素が

含まれているなんて驚きですね。

 

 

豆知識②-2.くるみの歴史

 

くるみは人類が木の実として食べられてきた

ものの中で最も古く、

紀元前7,000年頃

から食べられてきました。

 

日本では縄文時代から食べられてきたと

いわれています。

 

どちらにしても相当古くから食べられてきた

ことは確かですね。

 

よくあんな硬い殻の中にある実を食べようと

思ったなと感心してしまいます。

 

それだけ食糧難だったんでしょうか。

 

ちなみに今では消費量の3分の2は

カリフォルニアからの輸入に頼っています。

 

国内の生産量では

長野県東御市が日本一

 

長野は日本で一、二を争う長寿県。

くるみが関係しているのでしょうか。

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

豆知識②-3.「くるみ」という漢字

 

「くるみ」は「胡桃」と書きます。

これには諸説あります。

 

中国に「胡」という地方があること、

くるみが「桃」に似ていることから「胡桃」

と書くようになったという説があります。

 

ちなみに「胡」という字は「胡椒」、「胡麻」

「胡瓜」などがありますね。

 

「胡」という地方は食べ物の宝庫

だったのかもしれませんね。

 

 

また、中国(当時の「呉国」)から

渡ってきたことから「呉実(くれみ)」が

訛って「くるみ」になったという説。

 

 

屈曲した実であることから「屈実(くるみ)」

になったという説。

 

 

殻に包まれていることから「包む(くるむ)」

が訛ったという説。

 

 

硬い殻の中に実があるので「凝実(こるみ)」

が訛ったという説。

 

 

殻が黒いことから「黒実(くろみ)」が

訛ったという説。

 

 

その他にもまだまだ諸説あると

言われています。

 

さすが紀元前7,000年から

食べられるんだなと

感心してしまいました。

 

私個人的には実を中国の「胡」という地方

から来た説が有力だと思っています。

 

 

豆知識②-4.ダイエット食品

 

くるみそのものは食べすぎると

太ってしまいます。

 

しかし、くるみは腹持ちが良く、

また食物繊維が含まれているため

食べ過ぎを防止し、かつ

整腸作用によって便秘の解消効果が

期待できます。

 

それゆえダイエット効果が期待できます。

 

 

1月3日は何の日?まとめ

 

1月3日は「くるみパンの日」

 

ということでくるみの雑学について

取り上げてきました。

 

くるみはあんなに小さな実の中にも

豊富な栄養が!

 

また、紀元前7,000年から食べられている

伝統ある食べ物。

 

このダイエット効果も期待できるくるみ。

 

「くるみパンの日」をきっかけに

くるみパンを食べてみるのもいいのでは

ないでしょうか。

 

スポンサーリンク