【1月26日は何の日】豆知識~「コラーゲンの日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

1月26日は何の日かというと

コラーゲンの日

 

スポンサーリンク




 

コラーゲン

て聞くだけでが躍る方

いらっしゃいませんか?

 

男性はもちろん、特に女性にとっては

「摂るな」と言われても

摂りたくなりますよね。

 

若々しい肌を維持するためにも

欠かせないのが「コラーゲン」。

 

コラーゲンを作るため、生かすためにも

欠かせない成分もあります。

 

 

ビタミンCとヒアルロン酸とエラスチン。

コラーゲンと一緒に摂ることで

効果的に美肌を作る効果が期待できます。

 

今回はそんなコラーゲンについて

迫っていきたいと思いました。

 

そこで「コラーゲンの日」が

制定された由来と、

コラーゲンの雑学について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク







 

 

豆知識①「コラーゲンの日」が制定された由来

 

「コラーゲンの日」が制定された由来は

1960年(昭和38年)

1月26日

 

当時はコラーゲンは単に

「水に溶けないタンパク質」

と認識されていました。

 

しかし、これを覆したのが

日本皮革(株)

(現(株)ニッピ))

の研究員だった「西原富雄」

さん。

 

西原さんは

「トリプシン」と「ペプシン

という酵素でコラーゲンを

水に溶かせることを発見

しました。

 

そして特許を取得した日が

1月26日。

 

これにちなんで1月26日が

「コラーゲンの日」に選ばれました。

 

 

コラーゲンを溶かす研究成果によって

コラーゲンを肌に浸透させやすく

なりました。

 

これでコラーゲンの製品化が加速され

各種製品に活用されることとなりました。

 

今ではこの効果が医療分野にまで

広がりを見せています。

 

コラーゲンの存在を知らない人はいませんが

この「西原富雄」さんの功績を知る人は

少ないのではないでしょうか。

 

「西原富雄」さんには感謝ですね。

 

この研究成果によって

世の人の美肌効果に寄与している

ということになりますからね。

 

ご本人も自らの発見が

様々な場面で利用されるようになり

さぞ喜んでいることでしょう。

 

 

さて、製品化されたことによって

身近になったコラーゲン。

 

コラーゲンを体内で作られる、

生かされるために欠かせない成分が

あります。

 

また、コラーゲンを効率よく摂取する方法、

コラーゲンと一緒に摂取することで

美肌効果に磨きがかかるもの等

知りたいことがたくさんありますね。

 

そんなコラーゲンの雑学について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識②コラーゲンの雑学

 

 

豆知識②-1. コラーゲンの効果

 

今さら触れるまでもないかもしれませんが、

コラーゲンはタンパク質の一種

皮膚や軟骨等を構成している

物質

 

「美肌にはコラーゲン」と言われるぐらい

有名な物質ですね。

 

しかし、「コラーゲン」は摂取したい成分

ではありますが、

「コラーゲン」だけを摂取しても効果は

あまり期待できません。

 

そこで、

コラーゲンを効率的に摂取するためには

どうすればよいのかについて

取り上げていきます。

 

 

豆知識②-2.コラーゲンを効率的に摂取するには

 

女性はもうご存知かもしれませんが、

コラーゲンと一緒に摂取すると効果的な物質

は次のどれかわかりますか?

 

① ビタミンC

② ヒアルロン酸

③ エラスチン

 

 

 

 

 

 

 

答えは

全て正解

 

①のビタミンCは

コラーゲンを合成する

のに欠かせない成分

 

ビタミンCは安定したコラーゲンの生成に

欠かせない成分ですが、ビタミンCは

体内で作ることはできないので、

食事によって補うしかありません。

 

「野菜を食べなさい」と言われた経験がある

と思いますが、その理由の1つが

ビタミンCの摂取ですね。

 

また、果物にもビタミンCが含まれています

ので、うまく摂取してほしいものですね。

 

 

②のヒアルロン酸は

保湿力に優れている

成分。

 

ヒアルロン酸をコラーゲンと

一緒に摂取する事で

肌にハリや潤いを与える効果が

期待できます。

 

ヒアルロン酸は

山芋、オクラ、納豆、もずく等

ネバネバした食材に含まれています。

 

また、鶏の手羽や軟骨、豚足、鮭、うなぎ、

魚の目玉等に含まれています。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識②-3.エラスチンの効果

 

③のエラスチンて聞いたことがありますか?

普段耳にしない人も多いと思いますが、

最近注目されている物質です。

 

「美魔女」さんの間では有名なのかも

しれません。

 

エラスチンは肌を構成する物質で、

肌に弾力を与える成分

 

エラスチンは弾力が必要な物の、

例えば肌の他に

血管や靭帯等にも

欠かせない成分

 

エラスチン不足は弾力不足に繋がってしまい

肌の場合は弾力を失ってしまうし、

血管の場合は動脈硬化を

引き起こしてしまいます。

 

エラスチンも25歳前後がピークだと

言われています。

 

エラスチンは

牛スジ、鶏の手羽先、モツ、

小魚(丸ごと食べられるもの)

煮魚(皮まで食べられるもの)

等に含まれています。

 

また、エラスチンを補うサプリメント

その他製品もあります。

 

 

1月26日は何の日?まとめ

 

1月26日は「コラーゲンの日」。

 

ということで、

コラーゲンの豆知識について

取り上げてきました。

 

特に美肌効果が欲しい女性にとっては

欠かせない成分です。

 

ビタミンやヒアルロン酸はもちろんのこと、

今回は更に「エラスチン」という物質も

覚えて欲しいと思います。

 

「コラーゲンの日」をきっかけに、

コラーゲン等を効果的に摂取していただき、

美肌活動に励んでいただけたら幸いです。

 

スポンサーリンク