【1月25日は何の日】豆知識~「ホットケーキの日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

1月25日は何の日かというと

ホットケーキの日」。

 

スポンサーリンク




 

あなたは

ホットケーキ

は好きですか?

 

私はもちろん大好きです。

 

簡単に作れるし、美味しいし

庶民の味方だと勝手に思っています。

 

ホットケーキを作っているときの

あのいいにおい!

 

においを嗅ぐだけでなんだか

料理が上手くなった気がしてしまいます。

(勝手に思っているだけ?)

 

でもさすがに

イラストのような凝ったホットケーキは

作れませんけどね。

(現実はこんなもんか)

 

いたってシンプルなものしか作れません。

(シンプルイズベストって言いますし)

 

たまに食べるホットケーキ。

ホットケーキについて知らないことも

あるはず!

 

ホットケーキとパンケーキの違いは

ホットケーキ=スイーツ

パンケーキ=食事

という説があります。

 

また、ホットケーキに含まれる

特筆すべき成分は

モリブデンとセレン。

 

モリブデンは

高尿酸血症や貧血代予防効果

が期待できます。

 

セレンは

抗酸化作用

が期待できます。

 

ただ、トッピング次第では

カロリーや脂質、

糖質が高くなります

ので注意が必要です。

 

そんなホットケーキに

迫っていきたいと思いました。

 

そこで、「ホットケーキの日」

が制定された由来と、

「ホットケーキ」の雑学について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク







 

 

豆知識①「ホットケーキの日」が制定された由来

 

「ホットケーキの日」が制定された由来は

1902年(明治35年)

1月25日

でのこと。

 

この日は

北海道旭川市で

史上最低気温

を記録した日。

 

その気温はなんと

ー41.0℃

 

旭川市の郊外である江丹別地区で

記録した気温で、

今でもたまに-30℃以下になることも!

 

旭川市内(中心部及び周辺)では

せいぜい-20℃程度

といったところっでしょうか。

 

この最も寒い気温を記録した日に

ホットケーキを食べて

心も身体もホットになってもらいたい

という思いから制定された

「ホットケーキの日」。

 

-41℃を記録した日にちなんで

1月25日が「ホットケーキの日」

に選ばれました。

 

「寒いからホットでいこう」

ということでしょうか。

 

それならホットコーヒーとか

ホットドッグ等もあるのに・・・。

 

ちなみに、詳しくは触れませんが

同じ理由で1月25日が

中華まんの日

下記の記事

 

【1月25日は何の日】豆知識~今日は「あったか旭川まんの日」ご当地グルメ

 

にあるように

あったか旭川まんの日

が制定されています。

 

なお、ツッコミを入れられる前に

触れておきますが、

旭川の隣町である幌加内町で

1978年(昭和53年)に

-41.2℃を記録しています。

 

ただ、気象庁で測定したものではないので

非公式の記録になっていますが。

 

さて、話は脱線しましたが、

一番寒かった日にちなんで

「ホットケーキの日」

が制定されました。

 

いろいろ書きましたが、

ホットケーキについて

知らないこともあるはず。

 

そこで、ホットケーキに迫るべく

ホットケーキの雑学について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識②ホットケーキの雑学

 

 

豆知識②-1.パンケーキとの違い

 

「ホットケーキ」と「パンケーキ」

の違いってわかりますか?

 

私ははっきりと「これだ」ということは

わかりませんでした。

 

これには諸説あるようで

はっきりとはしていないようです。

 

ただ、「ホットケーキミックス」と

「パンケーキミックス」を取り扱っている

森永乳業さんは次のように分類しています。

 

森永乳業さんによると、

ホットケーキはスイーツ系

パンケーキは食事系

なのだそう。

 

確かにホットケーキは材料に

小麦粉、卵、牛乳、砂糖等が

使用されています。

 

砂糖が加わることで甘さが加わって

「おやつ」として食べられるように

なっています。

 

そして、ふわふわとして分厚い

のが特徴です。

 

また、メープルシロップを使用することで

スイーツとしての特色を出しています。

 

更にバターや生クリーム等のトッピング次第

でますますスイーツらしくなります。

 

 

 

それに対しパンケーキは

砂糖を使用していないので

甘くなく食事

として取り扱っています。

 

甘さは抑えられ、

なおかつホットケーキに比べて

薄型になっているのが特徴です。

 

というわけで、

ホットケーキとパンケーキの違いは

「スイーツ」と「食事」の違いということで

よろしいのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識②-2.特筆すべき成分

 

ホットケーキには様々な栄養素が

含まれています。

 

その中でも特に豊富に含まれている

栄養素について取り上げていきます。

 

 

1.モリブデン

 

ホットケーキはモリブデンが

豊富に含まれています。

 

モリブデンは下記の記事

 

【ミネラル】の効能と摂取過剰・不足による影響、豊富に含まれている食材

 

にあるようにミネラルの一種で

尿酸や糖質、脂質の代謝や

鉄分の働きの促進等の効果が

期待できます。

 

これにより

高尿酸血症や貧血予防効果

が期待できます。

 

 

② セレン

 

ホットケーキはセレンが

豊富に含まれています。

 

セレンもミネラルの一つで、

抗酸化作用が期待できる成分です。

 

抗酸化作用

=活性酸素の発生の抑制

 

活性酸素=諸悪の根源

という方程式が成り立っています。

 

それに加えて

免疫力の向上、

ビタミンEの吸収

生活習慣病予防効果

等が期待できます。

 

 

豆知識②-3.注意すべき点

 

ホットケーキは「スイーツ」として

作られています。

 

さらにメープルシロップだったり

バターだったり生クリーム、デザート

等と乗せると

カロリーや脂質、

糖質が高くなります

 

そもそもスイーツっていう時点で

わかっていることではありますね。

 

モリブデンやセレンが含まれているからと

いっても食べ過ぎたら肥満の素になります。

 

肥満は体型が崩れるだけでなく

あらゆる病気を引き起こしかねません。

 

ですので食べすぎには

気を付けてほしいものです。

 

 

1月25日は何の日?まとめ

 

1月25日は「ホットケーキの日」。

 

ということで、ホットケーキの雑学

について取り上げてきました。

 

日本史上でもとも寒い日にちなんで

制定された「ホットケーキの日」。

 

カロリーや糖質、脂質が高いことは

わかっていましたが、

スイーツのわりにミネラルが多いのが

特徴ですね。

 

「ホットケーキの日」をきっかけに

ほどほどにホットケーキを

楽しんでいただけたら幸いです。

 

スポンサーリンク