【1月25日は何の日】豆知識~今日は「あったか旭川まんの日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

1月25日は何の日かというと

あったか旭川まんの日」。

 

スポンサーリンク




 

旭川といえば

史上最低気温である-41℃

という公式記録

を持っているまち。

(非公式なら幌加内町の-41.2℃

というのがありますが)

 

そんな旭川にご当地グルメは

あったか旭川まん」。

 

「あったか旭川まん」とは

生地に旭川産米粉を使うこと

具材は北海道らしいもの

形状は自由

というルールにのっとって作られた

まんじゅう。

 

厳密にいうと、生地に旭川産米粉を使い

個性のある具材を挟む・包むことが

条件になっているので、まんじゅうとは

若干違うものも!

 

寒さは貴重な地域ブランド

のひとつ

ととらえ、温かいものをご当地グルメに

という事で作られた

「あったか旭川まん」。

 

 

そんな「あったか旭川まん」に

迫っていきたいと思いました。

 

そこで「あったか旭川まんの日」

が制定された経緯と

ご当地グルメである「あったか旭川まん」

について取り上げていきます。

 

スポンサーリンク







 

 

豆知識①「あったか旭川まんの日」が制定された経緯

 

「あったか旭川まんの日」を制定したのは

あったか旭川まん推進会議

 

「ご当地グルメは何にしようか」

ということからさらに進んで

「あったか旭川まんをどう推進していくか」

という事で会議が設けられていたんですね。

 

寒い日には温かい食べ物を食べるに限る

という発想のもと、寒さという特性から

生まれた旭川のご当地グルメ

「あったか旭川まん」。

 

この「あったか旭川まん」をより多くの人に

知ってもらいたいとの思いで制定された

「あったか旭川まんの日」。

 

旭川で-41℃を記録したのは

1902年(明治35年)1月25日。

 

これにちなんで1月25日が

「あったか旭川まんの日」に

選ばれました。

 

「あったか旭川まん」は

知名度としては決して高いとは

言えません。

 

制定された目的の達成には

まだ道半ばといったところでしょうか。

 

さて、そんな「あったか旭川まん」ですが

北海道民の私としてもより多くの人に

知ってもらいたいと思っています。

 

「あったか旭川まん」は

体が温まる食べ物。

 

更に地元の高校生等も「あったか旭川まん」

づくりに参加しており、その様子を見ると

心も温まります。

 

そんな「あったか旭川まん」に

迫っていきたいと思いました。

 

そこで、ご当地グルメである

「あったか旭川まん」について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識②ご当地グルメ「あったか旭川まん」について

 

 

豆知識②-1.あったか旭川まんのコンセプト

 

史上最低気温-41℃を記録した旭川。

 

-41℃なんて想像もできませんが

さぞ寒かったことでしょう。

 

おそらく旭川の江丹別で

記録されたものですが

今ではせいぜい-35℃程度。

 

旭川市内だったらせいぜい-20℃代。

 

この寒さに対し

寒さは貴重な地域ブランド

のひとつ

と前向きに捉え、寒さを味方につけた発想

のもと誕生したのがまんじゅうの仲間である

ご当地グルメ「あったか旭川まん」。

 

寒さを体感した人々には気の毒だとは

思いますが、今となっては

ご当地グルメを作るチャンス

と捉えられたということですね。

 

そして旭川らしく、北海道らしいものとして

「あったか旭川まん」が誕生しました。

 

 

豆知識②-2.あったか旭川まんのルール

 

ご当地グルメである「あったか旭川まん」

のルールは

生地に旭川産米粉を使うこと

具材は北海道らしいもの

形状は自由

これだけです。

 

このルールのもと、個性のある様々な

まんじゅうである「あったか旭川まん」

が誕生しています。

 

ただ、まんじゅうのように、

 

やはり決め手は「具材を何にするか」

につきますよね。

 

「北海道らしいもの」と限定されている

とはいえ、北海道らしいものといっても

沢山ありますよね。

 

それだけに「あったか旭川まん」に対して

無限の可能性を感じています。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識②-3.あったか旭川まんの種類

 

あったか旭川まんが誕生したのは平成22年。

 

「あったか旭川まんレシピ募集」という企画

から始まりました。

 

応募総数は68品目。

 

その中から料理に携わる専門家によって

審査され、お餅とお米入りのトマトジャム

「トマトとお米のコンフィチュール」

がグランプリに!

 

公認の「あったか旭川まん」第一号が

誕生しました。

 

 

現在旭川駅構内では

 

・ラムちゃん(大雪地ビール)

 

・みそ肉まん(いとげん味噌工房)

 

・黒大豆みそあんまん「くろっこちゃん」

 (いとげん味噌工房)

 

が販売されています。

 

 

この他にも

 

・旭川産笹豚と彦一にんにくのハンバーグに

特製トマトソースの「笹豚バーグまん」

(プリコ)

 

・旭川産の豚肉を3日間じっくり煮込んだ

角煮の「角煮まん」(井泉)

 

・笹豚のキーマカレー、トマトソース、

ホイコーロー風の3種の具材を

自分好みにはさんだりソースにつけて食べる

「サンドまん」(旭川グランドホテル)

 

・仔牛のソーセージをはさんだ

「ホットドックまん」

(ロワジールホテル)

 

・ジューシーなソーセージと野菜の

トマト煮が入った「ピザまん」

(旭川ターミナルホテル)

 

・謎の「旭川農業高校まん」・・・

 

・チャーシューと肉汁たっぷり特製あんの

「チャーシューまん」(敦煌)

 

・ラーメンの味をとじこめた

「らめっちゃ」(カフェフォセッタ)

 

・自家製こしあんを入れて皮を焼きあげた

「焼きあん」(壺屋総本店)

 

こしあんとみそ風味の半つきお餅を入れた

「ハートまん」(壺屋総本店)

 

・やわらかな牛ほほ肉と旭川産野菜の

ビーフシチュー「シチューまん」

 (自由軒)

 

等様々な「あったか旭川まん」が誕生

しています。

 

今後もいろんな「あったか旭川まん」が

誕生することでしょう。

 

どんな美味しいものが出てくるか

楽しみで仕方ないですね。

 

 

1月25日は何の日?まとめ

 

1月25日は「あったか旭川まんの日」。

 

ということで、ご当地グルメである

「あったか旭川まん」について

取り上げてきました。

 

旭川の「寒さ」によって生まれた

ご当地グルメである「あったか旭川まん」。

 

生地に旭川産米粉を使うこと

というルールはあるものの、

「具材は北海道らしいもの」

「形状は自由」であるという事に

無限の可能性を感じています。

 

どんな具材で美味しい「あったか旭川まん」

ができるのか、体が温まるのか

未知なる世界があふれています。

 

「あったか旭川まんの日」をきっかけに

「あったか旭川まん」を知っていただき

良いアイデアが生まれてくれれば

これほどうれしいことはありません。

 

スポンサーリンク