【1月23日は何の日】豆知識~今日は「アーモンドの日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

1月23日は何の日かというと

アーモンドの日」。

 

スポンサーリンク




 

なかなか

主役にならず出しゃばらない

アーモンド

 

まあ、おつまみ等としてアーモンドだけで

食べる場合もありますが。

 

大抵の場合、アーモンドは

板チョコの中に入っていたり等

付属、付け合わせとして主役を引き立てる

ために使われることが多い食べ物です。

 

しかし、アーモンドを含むナッツ類は

天然のサプリメント

といわれるぐらい栄養価が高い食材。

 

主に

抗酸化作用

生活習慣病の予防効果

便秘の予防・解消効果

骨の強化

等が期待できます。

 

つまり、アーモンドは出しゃばらないながら

様々な効能が期待できる。

 

「縁の下の力持ち」

といったところでしょうか。

 

そんなアーモンドについて

迫っていきたいと思いました。

 

そこで、「アーモンドの日」が

制定された経緯と、アーモンドの効能

について取り上げていきます。

 

スポンサーリンク







 

 

豆知識①「アーモンドの日」が制定された経緯

 

「アーモンドの日」を制定したのは

カリフォルニア・

アーモンド協会

 

日本の団体ではなく、

カリフォルニアの団体なんですね。

 

カリフォルニア・アーモンド協会によると

1日23粒のアーモンド

食べると1日分のビタミンE

が摂取できる

ということです。

 

この「1日23粒」をどう解釈するのかは

人それぞれかもしれません。

 

私としてはどちらともいえないというのが

正直な思いです。

 

「23粒」と聞いたとき最初は

「そんなに?」

と思ってしまいました。

 

ただ、その一方でアーモンドは

一度食べだしたら意外と止まらない。

 

気付いたら23粒ぐらいは

いけるのかなとも思います。

 

このアーモンドを「1,2,3」の掛け声

のもと、「1日23粒」食べてもらい

健康になってもらいたいという思いから

制定された「アーモンドの日」。

 

「1日23粒」の語呂合わせで1月23日が

「アーモンドの日に選ばれました。

 

 

さて、このアーモンドに

含まれている栄養素は

ビタミンEだけじゃありません。

 

アーモンドを含むナッツ類は

「天然のサプリメント」

といわれています。

 

他にもどのような栄養素があって

どの用な効能があるのか

気になるところです。

 

そこで、アーモンドの効能について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識②アーモンドの効能

 

アーモンドは主役になるのは少ないですが、

結論から言うと、栄養・効能は主役級です。

 

さすが

「天然のサプリメント」

だけありますね。

 

 

豆知識②-1.抗酸化作用

 

上記の通り、アーモンドには「ビタミンE」

が含まれています。

 

更にビタミンEに加えて

ポリフェノール

が豊富に含まれています。

 

ビタミンE・ポリフェノールにより

抗酸化作用が期待できます。

 

抗酸化作用

活性酸素の発生の抑制

活性酸素=諸悪の根源

 

ですので抗酸化作用を持つアーモンドを

食べることにより、あらゆる症状を抑え

健康状態を維持する効果が期待できます。

 

 

なお、ビタミンEとポリフェノールは

同時に摂取する事で相乗効果が生まれ、

強力な抗酸化作用を発揮することが

期待できます。

 

ということは目標である

1日23粒のアーモンドにより

強力な抗酸化作用が生まれ、活性酸素の発生

を抑える効果が期待できます。

 

 

豆知識②-2.生活習慣病の予防効果

 

アーモンドにはビタミンEとポリフェノール

の他に、

オレイン酸

が含まれています。

 

オレイン酸は

悪玉コレステロールを

減少させる効果

が期待できます。

 

更にビタミンEの抗酸化作用によって、

コレステロールの酸化を

抑制する効果

が期待できます。

 

酸化コレステロールとは文字通り

コレステロールが酸化によって

劣化したもの。

 

酸化コレステロールは

悪玉コレステロールより質が悪く

動脈硬化を引き起こす恐れがあります。

 

ですので電子レンジで食品の温め直しを

する際はコレステロールが酸化(劣化)

する恐れがありますので注意が必要です。

 

 

話はそれましたが、ポリフェノールは

血液をサラサラにする上、

血管を若返らせる効果

が期待できます。

 

ビタミンEやポリフェノール、オレイン酸

によって高血圧や動脈硬化を抑えて

脳卒中や心筋梗塞等の生活習慣病を

予防する効果が期待できます。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識②-3.便秘の予防・解消効果

 

アーモンドには食物繊維が含まれています。

 

食物繊維により

腸内環境を整えて

便通も良くする効果

が期待できます。

 

また、アーモンドにはマグネシウムも

含まれており、

便を柔らかくする効果

が期待できます。

 

これらの相乗効果によって

快便効果が期待できます。

 

また、老廃物がきちんと排出することで

吹き出物の防止やダイエット効果等も

期待できます。

 

更に血糖値の急上昇を抑える効果が

期待できます。

 

 

豆知識②-4.骨の強化

 

アーモンドには様々なミネラルが

豊富に含まれています。

 

その中でもカルシウムが含まれていて、

カルシウムは下記の記事

 

【ミネラル】の効能と摂取過剰・不足による影響、豊富に含まれている食材

 

にあるように

骨を強化する効果

が期待できます。

 

その他にも新陳代謝の活性化、

神経の正常な伝達と

筋肉のスムーズな動き、

貧血の予防効果等が期待できます。

 

 

1月23日は何の日?まとめ

 

1月23日は「アーモンドの日」。

 

ということで、アーモンドの効能について

取り上げてきました。

 

アーモンドはあまり主役にはならないですが

栄養素、効能に関しては主役級です。

 

「1日23粒」を食べることを

推奨されていますが、

毎日となるととても難しいと思います。

 

ですので、普段の食生活の中でも

アーモンドに含まれる栄養素を

摂取する必要がありますね。

 

ただ、「アーモンドの日」をきっかけに

アーモンドの効能を知っていただき、

普段の食生活の中で活用していただけたら

幸いです。

 

スポンサーリンク