【1月22日は何の日】豆知識~今日は「カレーの日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

1月22日は何の日かというと

カレーの日」。

 

スポンサーリンク




 

あなたは「カレー」は好きですか?

私はもちろん好きですよ。

 

カレーの話題は、下記の記事

 

【金曜日は何の日?豆知識】「カレーの日」カツカレーにまつわる思い込み

 

【6月2日】今日は何の日?豆知識「横浜カレー記念日」スープカレーの食べ方

 

【5月22日】今日は何の日?豆知識「たまご料理の日」私が食べたオムカレー

 

【4月25日今日は何の日?】「カレーラーメンの日」室蘭カレーラーメンについて

 

に続いて5回目になりますね。

 

まあスープカレーやオムカレー、

室蘭カレーラーメンと一緒のものかといえば

微妙ですが。

 

ともあれ「またカレーか」と思われる方も

いらっしゃると思います。

 

しかし、違う切り口で進めていきますので、

お付き合いのほどよろしくお願いします。

 

カレーは美味しい上に効能もあるという

優れもの。

 

カレーは

抗酸化作用

新陳代謝の向上

血行の促進効果

認知症予防効果

等が期待できます。

 

また、効能とは違いますが、

カレーライスにすることによって

野菜をたくさん食べられる

というメリットもあります。

 

ただ、

糖質が高い

というデメリットも!

 

そんなカレーについて

迫っていきたいと思いました。

 

ということで、「カレーの日」が

制定された経緯と、

カレーライスの効能について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク







 

 

豆知識①「カレーの日」が制定された経緯

 

「カレーライスの日」を制定したのは

社団法人全国学校栄養士協議会

さん。

 

ちなみに

全日本カレー工業協同組合

さんも「カレーの日」を制定しています。

 

元をたどればどちらも同じ理由で

「カレーの日」を制定しています。

 

全日本カレー工業協同組合さんの

カレーライスをよりいっそう普及させたい

という思い。

 

そしてカレーを食べた人が

健康で豊かな生活を送ってほしいとの思い

から制定された「カレーの日」。

 

カレーはもはや国民食といわれるほど

人気の食品になりましたね。

 

「カレーの日」が制定された目標は

達成されたといっていいでしょう。

 

なお、一昔前はあのイチロー選手が

毎日カレーを食べていました。

 

また、石川遼選手が出演していたCMで

カレーで

野菜がいっぱい食べられる

とも言っており、カレーを食べるメリットが

たくさんあります。

 

 

それはさておき、

「カレーの日」が制定したきっかけは

「学校給食開始35周年」。

 

1982年(昭和57年)

1月22日全国の

小中学校の給食を

カレーライスに決めた

ことが由来で、1月22日が

「カレーの日」に選ばれました。

 

全国の小中学校の給食が一斉に

カレーライスだったって

考えただけですごくないですか?

 

想像してみてください。

 

当時の小中学校が何校あったか、

生徒が何人いたかはわかりません。

 

しかし、その全ての生徒に

カレーが出されたということは

何万食分のカレーが全国で作られた

ということになります。

 

日本国中でカレーのにおいが充満していた

のではないいかと想像してしまいます。

 

また、学校給食でどのようにカレーライスを

作っていたのかはわかりませんが、

カレーのルーや材料を作っている業者が

材料が足りなくて困っている様子が

目に浮かびます。

 

「こんな大量のカレーが何故」とあわてて

右往左往していてパニック状態になっていた

のを想像したら笑ってしまいました。

(当時の関係者の方々すいません)

 

そうなっていたら

面白かったかもしれませんが、

きっと前もって段取りを組んでいた

のでしょうね。

 

カレーの材料を販売している業者は

さぞ儲かったことでしょう。

(その反動が怖いですが)

 

さて、そんなカレーライスですが、

もはや国民食と言えるもの。

 

触れ合うことの多い、健康に良さそうな

カレーですが、実際はどうなのか

気になりました。

 

そこで、カレーライスの効能について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識②カレーライスの効能

 

 

豆知識②-1.抗酸化作用

 

カレーのルーにはウコン(ターメリック)が

使われています。

 

ウコンといえば

抗酸化作用

 

抗酸化作用によって

活性酸素の発生を抑制する効果が

期待できます。

 

抗酸化作用=活性酸素発生の抑制

「活性酸素」はあらゆる症状を引き起こす

諸悪の根源。

 

活性酸素の発生を抑制することにより

健康的な身体を維持することにも

つながります。

 

また、「ウコンは肝臓に良い」

ことで有名であり、

二日酔い対策効果

も期待できます。

 

また、抗酸化作用によりシミやそばかすが

できにくくなり、

美肌効果

も期待できます。

 

抗酸化作用によって

様々な恩恵が受けられるので

女性はもちろん男性にも嬉しい効果ですね。

 

 

豆知識②-2.新陳代謝の向上、血行の促進効果

 

カレーには様々なスパイスが

使用されています。

 

ウコンの他にコリアンダーやクミン、

シナモン、カルダモン等々。

 

これらにより

免疫力の向上、疲労回復効果

等が期待できます。

 

また、血行が促進されることにより

冷え性や肩こりの対策効果

が期待できます。

 

更に、代謝を良くすることで

加齢臭対策

効果が期待できます。

 

「加齢臭対策にカレー」なんて

ダジャレのようですが、

代謝をよくすることで

加齢臭を発生させやすくなります。

 

また「加齢臭」よりも「カレー臭」のほうが

食欲がそそられていいにおいですけどね。

(なんのこっちゃ!)

 

様々な効果が期待されているため、

カレーに使われているスパイスは

漢方薬にも使用されています。

 

 

豆知識②-3.認知症予防効果

 

「カレーを食べて認知症予防」なんて

想像もしていませんでした。

 

もちろん完全に予防できる

というわけではありませんが。

 

カレーに含まれるウコンには

「クルクミン」が

豊富に含まれています。

 

クルクミンには抗酸化作用の他に

アルツハイマー型認知症の原因である

「アミロイドβタンパク」が

脳に沈着するのを軽減する効果

が期待できます。

 

認知症には誰もなりたくない、

認知症にはなりたくてなったんじゃない

という症状。

 

少しでも予防できる方法があったら

いいですね。

 

 

豆知識②-4.野菜をたくさん食べられる

 

効能ではありませんが、

上記で述べた通り、カレーの中には

色んな具が入っています。

 

ニンジン、玉ねぎ、ジャガイモ、肉など

盛りだくさんに入れることができます。

 

私は個人的にシーフードカレーなんかが

大好きですね。

 

一口にカレーといってもトッピングによって

味わいが変わるので無限の可能性を

秘めています。

 

それはさておき、

私は好き嫌いがありませんので

野菜は普通に食べていました。

(唯一うなぎだけは嫌いですが)

 

ただ、カレーはスパイスも効いているので

野菜嫌いの子供でも

カレーライスに

野菜を入れれば

喜んで食べるのでは

ないでしょうか

 

特に小さなお子さんがいる家庭では

野菜をどう食べさせるかについて

とても苦労をされているのでは

ないでしょうか。

 

カレーを食べさせるのもその方法の一つ

になるのではと思っています。

 

 

豆知識②-5.注意点

 

カレーの良いところを取り上げましたが

良いところだけではありません。

 

カレーを食べる際に注意すべき点は

糖質の高さ。

 

ご飯の盛り方やルーの具材等によりますが

カレー1杯で角砂糖25~30個分の糖質が

含まれています。

 

カレーは美味しいですが、

頻繁に食べすぎるのもよくないですね。

 

 

1月22日は何の日?まとめ

 

1月22日は「カレーの日」。

 

ということで、カレーライスの効能について

取り上げてきました。

 

大人も子供も大好きなカレーライス。

 

色んな効能があるし、

野菜もたくさん食べられるので

万能な料理と言えるんじゃないでしょうか。

 

ただ、カレーは糖質が高いうえ、

胃腸があれていたりする場合は

カレーに使われているスパイスが

逆効果にもなりますので

注意してくださいね。

 

「カレーの日」をきっかけに

カレーライスの良さを

再認識していただけたら幸いです。

 

スポンサーリンク