【1月21日は何の日】豆知識~今日は「瞳の黄金比率の日」

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

1月21日は何の日かというと

瞳の黄金比率の日」。

 

スポンサーリンク




 

様々なものに

黄金比

ってありますよね。

 

味付けの際の調味料の黄金比率

デザインで使われる黄金比など

様々ありますよね。

 

黄金比は味や見た目の美しさに

大きくかかわってきます。

 

その中でも

瞳の黄金比率

というのもあります。

 

 

上のイラストを見て下さい。

 

白目と黒目の比率が

1:2:1である瞳

が魅力的な瞳とされています。

(怖いイラストですいません)

 

 

そんな瞳について

迫っていきたいと思いました。

 

そこで、「瞳の黄金比率の日」が

制定された経緯と、きれいな瞳の条件

について取り上げていきます。

 

スポンサーリンク







 

 

豆知識①「瞳の黄金比率の日」が制定された経緯

 

「瞳の黄金比率の日」を制定したのは

「輝く瞳」推進委員会

 

「輝く瞳」に推進委員会があるなんて

もはや驚かなくなりましたね、

いろんな団体がありますので。

 

輝くような魅力的な瞳について考える日

として制定された「瞳の黄金比率の日」。

 

上記のとおり、「瞳の黄金比率」は

「1:2:1」。

この比率にちなんで12月1日と1月21日

が「瞳の黄金比率の日」に選ばれました。

 

一般社団法人日本記念日協会が掲げる記念日

としては12月1日のみが登録されていますが

「輝く瞳」推進委員会によると1月21日も

記念日にされています。

 

さて、先ほどから「瞳の黄金比率」

の話が出ていますが、

「人間は見た目よりも中身だよ」

という声が聞こえてきそうですね。

 

ただ、やはり第一印象というのは

良くしておきたいところですね。

 

そんな中、「瞳」というのは

第一印象を左右する重要なパーツの一つ。

 

そんな瞳について

迫っていきたいと思いました。

 

そこで、きれいな瞳の条件について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識②きれいな瞳の条件

 

 

豆知識②-1.瞳の黄金比率

 

「1:2:1」の比率の瞳が魅力的

であるというのは

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社

ビジョンケア カンパニーが行った

「カラーコンタクトに関する意識調査」

の結果をもとに打ち出しされた比率。

 

ですが、日本人の平均的な比率は

「1:1.5:1」。

 

「じゃあ黒目が大きい方がいいんだね」

「着色直径を大きくしよう」

と思ったそこのあなた!

 

黒目が小さくても魅力的な瞳には

なりませんが、

逆に大きすぎても

魅力的な瞳にはならない

ということもわかっています。

 

確かに黒目が大きいとかわいいという

イメージがありますが、それがかえって

違和感を覚えてしまいます。

 

あくまでも「1:2:1」なんですね。

 

 

豆知識②-2.白目と黒目をきれいに

 

魅力的な瞳の条件は白目と黒目の

バランスが良いこと。

 

つまり「1:2:1」ですね。

 

そして白目と黒目がともに輝いていることが

より魅力的な瞳になります。

 

「白目がきれいな人が本物の美人」

という美容関係者がいるぐらいですからね。

 

目が充血する大きな原因は

パソコンやスマートフォンの見過ぎ!

 

「ガチッ!とスマホ首!」

なんて怖いCMがありますが、

目にも良くありません。

 

また、紫外線を浴びると白目が濁る

原因になる恐れがあります。

 

また、喫煙者も白目が黄色くなる

傾向にあります。

 

綺麗な瞳のために

禁煙してはいかがですか?

 

その他に濁り目対策としては

1.目薬をする

2.目を温める

3.眼筋体操

4.ビタミンACE、B群摂取

が挙げられます。

 

2、3に関しては下記の記事

 

【1月3日は何の日?】豆知識~今日は「ひとみの日」瞳に良いこと

 

の通りです。

 

目薬に関しては眼科等にかかって

適切なものを処方してもらうのが

一番ですね。

 

目を温める、眼筋体操、ビタミンB群

によって眼精疲労の回復を!

 

ビタミンACE(エース)がもつ

抗酸化作用によって活性酸素の発生を抑制し

麺老化防止効果が期待できます。

 

ともあれ、濁り目を解消して

魅力的な目を目指したいところですね。

 

 

1月21日は何の日?まとめ

 

1月21日は「瞳の黄金比率の日」。

 

ということで、きれいな瞳の条件について

取り上げてきました。

 

白目と黒目の黄金比率が「1:2:1」。

黒目が大きい方がいいと思っていましたが、

ほどほどに大きい方がいいんですね、

 

カラーコンタクト選びの

参考にしていただければ幸いです。

 

また、瞳を輝かせること、

白目をきれいにすることも

重要なんですね。

 

それには

1.目薬をする

2.目を温める

3.眼筋体操

4.ビタミンACE、B群摂取

することで解消される効果が

期待できます。

 

「瞳の黄金比率の日」をきっかけに

綺麗な瞳について意識してみませんか。

 

スポンサーリンク