【1月17日は何の日】豆知識~今日は「おむすびの日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

1月17日は何の日かというと

おむすびの日」。

 

スポンサーリンク




 

「おむすび」とは「おにぎり」のこと。

 

ほとんどの人は

おにぎりを食べているはず。

 

自分や誰かに握ってもらうこともあれば

コンビニやスーパーで買うことも

ありますよね。

 

普段からふれることが多いおにぎり。

 

しかし、おにぎりについて

知らないことも多いはず。

 

おにぎりがなぜ三角形なのか、

おにぎりにはご当地おにぎりがある等

おにぎりは意外と奥が深いですね。

 

 

そんなおにぎりについて

迫っていきたいと思いました。

 

ということで、「おむすびの日」

が制定された経緯と、おにぎりの雑学

について取り上げていきます。

 

スポンサーリンク







 

 

豆知識①「おむすびの日」が制定された経緯

 

「おむすびの日」を制定したのは

下記の記事

 

【1月17日は何の日】豆知識~今日は「おむすびの日」おにぎりとの違い

 

にあるように、事務局を兵庫県に置く

ごはんを食べよう

国民運動推進協議会

が2000年に制定しました

 

ただ「おむすびの日」の活動は2018年に

公益法人

米穀安定供給確保支援機構

が引き継ぎました。

 

1995年(平成7年)1月17日は

阪神淡路大震災が起きた日。

 

この時に力になったものの一つが

有志ボランティアによるおむすび

等の炊き出し。

 

このことから、いつまでもこの時に受けた

ボランティアの善意を忘れないために

1月17日が「おむすびの日」

に選ばれました。

 

また、「おにぎり」ではなく「おむすび」

になっているのは

単に関西では「おむすび」というだけでなく

人と人との心を結ぶ

という意味が込められています。

 

阪神淡路大震災をきっかけに

「おむすびの日」のほかに

NPO等ができたり東日本大震災等

が起きました。

 

そのたびに活躍するのがボランティア。

善意が生きていると感じています。

 

 

話は脱線しましたが、災害の時はもちろん、

普段の生活でも私たちの生活を

支えてくれている「おにぎり」。

 

そんなおにぎりについて

迫っていきたいと思いました。

 

ということで、おにぎりの雑学について

取り上げていきます。

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

豆知識②おにぎりの雑学

 

 

豆知識②-1.おにぎりが三角形になった経緯と背景

 

下記の記事

 

【1月17日は何の日】豆知識~今日は「おむすびの日」おにぎりとの違い

 

にあるように、様々な説によって

「おにぎりとおむすびの違い」があるものの

おにぎりは三角形が多いですよね。

 

まあ俵型を始め、キャラクターを型どった

おにぎりもありますが。

 

やはり一般的に三角形のおにぎりが

圧倒的に多いですね。

 

やはり三角形のおにぎりの需要が

多いと考えられ、コンビニやスーパーで

販売されているおにぎりも三角形なのかなと

思っていました。

 

ただ、それだけでなくコンビニ各社が

各メーカーにおにぎりの型を発注した時に

三角形のものが発注されたので、

コンビニでは三角形のおにぎりが多い

のではないでしょうか。

 

また、衛生的に考えると人の手には様々な菌

が存在します。

 

いくら手をきれいにしても、手袋をしていても

菌が見えるわけてはないので注意が必要です。

 

特に黄色ブドウ球菌がおにぎりに付着したら

大変なことになります。

 

これを防ぐためにプラスチック製の

おにぎりの型ができました。

 

こうしてますますおにぎりが三角形であること

が一般的になっていったんですね。

 

ただ、コンビニのおにぎりにも俵型のもの

もあるので俵型の型もあるんでしょうね。

 

 

豆知識②-2.ご当地おにぎり

 

下記の記事

 

【1月17日は何の日】豆知識~今日は「おむすびの日」おにぎりとの違い

 

にあるように、おにぎりの形には

諸説あります。

 

昔は地域に関係なく弔辞や災害の時の

炊き出し、行事の時など様々な場面により

形を変える場合もあったようです。

 

 

また、地域性は形よりおにぎりに使われる

具材に現れています。

 

 

1.北海道千歳市の支笏湖

 

支笏湖でとれるエビを煮込んで作った具

のおにぎりが昔から食べられています。

 

 

2.北海道の網走

 

バターやタラコは地元で取れたものを使い

タラコを具材にしてバター炒めにした後

醤油をつけるという

バター焼きおにぎり

があります。

 

まさに地産地消。

 

タラコにバターしょうゆなんて、

聞いただけでも美味しそう。

 

このおにぎりをおかずにご飯2杯は

いけそうですね。

(おにぎりがおかずになってる・・・)

 

 

3.北陸地方

 

特に富山県

は昆布の消費量が日本一。

 

おにぎりを海苔の代わりに

とろろ昆布で巻いた

とろろ昆布おにぎり

は富山県を代表するご当地おにぎり。

 

おにぎりを昆布で巻いて食べるなんて

栄養価も高そうで美味しそう。

 

うちでもできそうだし、

今度試してみようかな。

 

 

4.山梨県

 

百万遍

という厄払い、無病息災、安産祈願などの

意味を込めて握られるご当地おにぎりが

あります。

 

昔からおにぎりの三角形は「山神様」

のご利益にあずかると言われていますが、

百万遍もその一つなのでしょう。

 

昔は熱湯処理した小石を芯に入れ、それを

妊婦が食べると男子が生まれ、暗算になる

と言われていました。

 

「熱した小石を食べる」なんて、

かえって妊婦さんの体を壊しそうな

気がしますけど・・・。

 

 

5.近畿地方

 

近畿地方では「味付けのり」を

おにぎりに巻くのだそう。

 

その名も

味付け海苔にぎり」。

(そのままだな)

 

私は「薄味が好き」というイメージを

持っていました。

 

そんな中、海苔に味付けのりを使うなんて

意外ですよね。

 

 

6.沖縄県

 

ゆでた豚とネギを味噌やみりんで

甘辛く炒めたものを具材にした

アンダンスー」。

 

いかにも沖縄料理っぽいですね。

 

私の家の近所にも沖縄料理屋がありますが

さすがにおにぎりはないですね。

 

まあその沖縄料理屋は

美味しいんですけどね。

 

 

1月17日は何の日?まとめ

 

1月17日は「おむすびの日」。

 

ということで、おにぎりの雑学について

取り上げてきました。

 

おにぎりが三角形である理由は

諸説ありますが、需要の高さと衛生面で

有利であると思われます。

 

また、ご当地おにぎりは

どれも美味しそう。

 

ご飯に合うおかずのほとんどは

おにぎりに合うんじゃないでしょうか。

 

「おむすびの日」をきっかけに

人と人とを結ぶ心を大切にしつつ

おにぎりの新たな具材を開発しませんか。

 

 

スポンサーリンク