【1月15日は何の日】豆知識~今日は「いいいちごの日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

1月15日は何の日かというと

いいいちごの日」。

 

スポンサーリンク







 

ここで言う「いちご」は下記の記事

 

【1月5日は何の日】豆知識~今日は「いちごの日」高校受験前日に行ったこと

 

のように「15歳」と言うことではなく

ストロベリー

のいちごです。

 

あなたはいちごは好きですか? 

私はもちろん好きです。

 

普通に食べても美味しいし、

ケーキなどのトッピングにしても美味しいし

お菓子等の「いちご味」のものは

どれも美味しいですよね。

 

その一語に見分け方として

ヘタ

タネの周り

を見ること。

 

 

そんないちごについて

迫っていきたいと思いました。

 

そこで、「いいいちごの日」が

制定された経緯と、いちごの見分け方

について取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識①「いいいちごの日」が制定された経緯

 

「いいいちごの日」を制定したのは

全国いちご消費拡大協議会

 

なるほど、いちごにも業界団体が

あるんですね。

 

いちごの旬は種類によって違いますが、

1月から5月。

さすがは「いちご」ですね(笑)。

 

ただ、いちごが一番売れる時期は12月。

クリスマスケーキの影響ですね。

 

「いいいちごの日」の目的は

いちごをより多くの人に食べてもらいたい、

いわばいちごの消費拡大ですね。

 

是非とも「いいいちごの日」を利用しながら

消費拡大につながればいいなと思います。

 

いちごの売れ行きがどうなっているかは

わかりませんが、「いちごが嫌い」

という人は少ない気がします。

(私の周りにいないだけ?)

 

そんないちごですが

1(いい)15(いちご)

の語呂合わせで1月15日が

「いいいちごの日」に選ばれました。

 

もっとも売れる時期である12月からは

外れているものの、

種類によっては旬の時期にあたりますし、

かえって丁度いいのかもしれません。

 

 

さて、いちごはいろんなところで

登場しますよね。

 

生で食べたりトッピングされたり

加工されたりと様々です。

 

私の感想ですが、「いちご味」のものは

お菓子だろうがケーキだろうが

どれも美味しい。

 

そんないちごについて

迫っていきたいと思いました。

 

ということで、いちごについて

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識②いちごについて

 

もう何年も前の話ですが、

「笑っていいとも!」に安倍首相が

出演なさった時のこと。

 

首相が

日本のいちごは世界一だ

それを宣伝するために

(要人との会食等で)デザートにいちごを

食べてもらっている。

それで日本のいちごを宣伝している」

とおっしゃっていました。

 

実際に番組の中でも会食?として

いちごを食べていましたね。

 

安倍総理はさぞ美味しいいいちごを

召し上がっていることでしょう。

 

そんな誇るべき日本のいちごですが、

どうせなら甘いいちごを食べたいですよね。

 

たとえ真っ赤でもあまり甘くないものも

少なくありません。

 

実際にどうやって見極めればよいか

気になるところです。

 

そこで、甘いいちごの選び方

について取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識③いちごの選び方

 

 

豆知識③-1.ヘタ

 

まず見ていただきたいのが

ヘタの部分。

 

ヘタが元気よく反っているもの

ヘタ自体の色が濃い緑色もの

甘いいちご

の場合が多いです。

 

ヘタがヘタっていたりするものは

(駄洒落じゃないよ・・・)

甘さが足りない場合が多いので

注意してください。

 

また、ヘタの色がくすんでいるものは

新鮮でない可能性が高いですね。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識③-2.タネの周り

 

いちごは周りにタネが

びっしり張り付いていますよね。

 

これが自分の鼻、

いわゆる「いちご鼻」だったら嫌ですね。

 

しかし、いちごの場合は

このタネが実に食い込んでいる、すなわち

いちごの実がタネを覆うように

盛り上がっているものは

熟している証拠

 

いちごの身もすぐに見えるところ。

是非いちご鼻になっているものを

選んでください

(イメージが悪いですね)。

 

 

豆知識③-3.色

 

なんだかんだ言っても色も

一つの基準になります。

 

いちごを見て一番最初に目につくのが

いちごの色ですね。

 

一見真っ赤ないちごで美味しそうに

見える場合があります。

 

しかし、必ずしも甘いとは限りません。

 

いちごの

赤さがヘタのところまで

きているものや、

赤い光沢がかかっているものは

甘いいちご

であることが多いですね。

 

スーパーで買うときはパックに入っており

光沢等わかりづらい部分も

あるかと思いますが、

是非参考にしてみてください。

 

 

なお、バナナやメロン、キウイ等は

追熟(収穫した後に更に甘くなる)しますが

いちごは追熟しません。

 

いちごは収穫して4日ほどで

甘さが30%も落ちてしまいますので

収穫後はなるべく早く食べたいですね。

 

 

 

1月15日は何の日?まとめ

 

1月15日は「いいいちごの日」。

 

ということでいちごの選び方について

取り上げてきました。

 

いちごは品種によって旬の時期や大きさ、

甘さなど様々ですが、

どれを取っても甘くて美味しいですよね。

 

総理もいちごを絶賛していましたし、

日本のいちごは

素晴らしいのだと感じています。

 

お菓子やケーキ、ジュースなどにも

使われているように、

いちごは万能の果実なんだと感じています。

 

そんないちごですが、

是非甘いいちごを選んでいただき

食べていただけたら幸いです。

 

スポンサーリンク