1月15日は「いいいちごの日」

 

 

おはようございます、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

甘くておいしいので食べたくなるものの

記念日があります。

 

今回はそういう記念日です。

 

そのまま食べても美味しいし、

お菓子などの飾りや

お菓子の中身に含まれているものも多く

重宝されている食べ物です。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで1月15日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで1月15日は何の日かというと

いいいちごの日」。

 

ここで言う「いちご」は

「15歳」と言うことではなく

ストロベリー」のいちごです。

 

皆さんはいちごは好きですか? 

 

私はもちろん好きです。

 

普通に食べても美味しいし、

ケーキなどのトッピングにしても美味しいし、

「いちご味」のものはどれも美味しいですよね。

 

そこで、「いいいちごの日」が

制定された経緯と、甘いいちごの見分け方

について取り上げていきます。

 

スポンサーリンク

 

「いいいちごの日」が制定された経緯

 

「いいいちごの日」を制定したのは

全国いちご消費拡大協議会」。

 

なるほど、そういう団体もあるんですね。

 

いちごの旬はその種類によって違いますが、

1月から5月です。

 

さすがは「いちご」ですね(笑)。

 

そしていちごが一番売れる時期は12月です。

 

クリスマスケーキの影響ですね。

 

そんないちごですが

1(いい)15(いちご)

の語呂合わせで1月15日を

「いいいちごの日」と

制定されました。

 

種類によっては旬の時期にあたりますし、

もっとも売れる時期から外れているのが

かえって丁度いいのかもしれません。

 

いちごの売れ行きがどうなっているかは

わかりませんが、「いちごが嫌い」

という人は少ない気がします。

いちごの消費拡大が目的だと思いますが、

是非ともこの日を利用しながら

消費拡大につなげていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

いちごについて

 

もう3.4年ぐらい前の話ですが、

「笑っていいとも!」に安倍首相が

出演なさった時に、

「日本のいちごは世界一だ。

それを宣伝するために

(要人との会食などで)デザートでいちごを

食べてもらい日本のいちごを宣伝している」

とおっしゃっていました。

 

実際に番組の中でも会食?として

いちごを食べていましたね。

 

そんな誇るべき日本のいちごですが、

どうせなら甘いいちごを食べたいですよね。

 

真っ赤でもあまり甘くないものも

少なくありません。

 

そこで、甘いいちごの見分け方

について取り上げていきます。

 

 

甘いいちごの見分け方

 

1.ヘタを見る

 

ヘタが元気よく反っているものや、

ヘタ自体の色が濃い緑色ものは、

甘いいちごの場合が多いです。

 

2.タネの周りを見る

 

「いちご鼻」だったら嫌ですが、

いちごは周りにタネが

びっしり張り付いていますよね。

 

このタネが実に食い込んでいる、すなわち

いちごの実がタネを覆うように

盛り上がっていたら熟していている証です。

 

 

3.色

 

なんだかんだ言っても色も

一つの基準になります。

 

真っ赤ないちごというのが条件ですが、

その赤さがヘタのところまで

来ているものや、

赤い光沢がかかっていると

甘いいちごであることが多いですね。

 

スーパーで買うときは

パックに入っているので分かりづらい部分も

あるかと思いますが、

是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

 

まとめ

 

1月15日は「いいいちごの日」。

 

いちごは品種によって旬の時期や大きさ、

甘さなど様々ですが、

どれを取っても甘くて美味しいですよね。

 

総理もいちごを絶賛していましたし、

日本のいちごは

素晴らしいのだと感じています。

 

お菓子やケーキ、ジュースなどにも

使われているように、

いちごは万能の果実なんだと感じています。

 

そんないちごですが、

是非甘いいちごを選んでいただき

食べていただけたら幸いです。


生活・文化ランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村