【1月13日は何の日」豆知識~今日は「王様の食パンの日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

1月13日は何の日かというと

王様の食パンの日」。

 

スポンサーリンク







 

あなたはご飯派ですか?

それともパン派ですか?

 

私はご飯派のですが、

たまにパンを食べるのも

気分が変わっていいですね。

 

食パンの魅力として

食べる前後の手軽さ

色んな食べ方ができる

ことにあります。

 

今回は朝食でよく食べる食パンについて

迫っていきたいと思いました。

 

そこで、「王様の食パンの日」

が制定された経緯と

食パンの魅力について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識①「王様の食パンの日」が制定された経緯

 

「王様の食パンの日」を制定したのは

株式会社フランソア

さん。

 

フランソアさんは九州地方を中心に、

パンの製造や販売等を行っている会社。

 

「王様の食パン」が皆から愛されることで、

朝の食卓に並んでほしい。

 

そして食卓が豊かに彩られる切り札に

なってほしいとの思いから制定された

「王様の食パンの日」。

 

食卓が彩られるかはともかく、

食卓に食パンとコーヒーが並ぶと

ゆったりするのは私だけでしょうか。

 

「王様」といえば「キング」。

「キング」といえば

トランプで言うと「13」。

 

これによって

「毎月13日」が

「王様の食パンの日」

に選ばれました。

 

毎月「王様の食パンの日」がありますが、

1月ですので1年で一番最初の

「王様の食パンの日」ですね。

 

「13」というのは縁起の良くない数字として

認識していますが、

「王様の食パン」を食べることによって

縁起の悪さを吹き飛ばしたいですよね。

 

 

さて、そんな食パンですが、

色んな食べ方ができるという、

意外と?優れものですよね。

 

そんな食パンに

迫っていきたいと思いました。

 

そこで、食パンの魅力について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識②食パンの魅力

 

 

豆知識②-1.食べる前後の手軽さ

 

食パンの魅力は何といっても

食べる前後の手軽さ。

 

例えば朝寝坊したときに食パンがあったら

焼いている間に着替えることができます。

 

着替え終わたころに食パンが焼き上がるので

後はマーガリン等を塗るだけで

すぐに食べられますよね。

 

ただでさえ慌ただしい朝。

まして寝坊なんてしたらマジでヤバイ!

 

そんな時は食パンの方が

時短に繋がります

 

 

また、下記の記事

 

【10月24日は何の日】豆知識~今日は「マーガリンの日」マーガリンの魅力

 

にあるように、食パンに塗るマーガリンは

意外と栄養価が高く、効率よく

エネルギー源になってくれます。

 

まあ「トランス脂肪酸」がうんぬんと

言われていますが。

 

マンガでしか見たことはありませんが、

「食パンを咥えながら家を飛び出す」

というシーンも可能ではありますね。

(歯磨きは?というツッコみは置いといて)

 

これがご飯だとそうはいきません。

おにぎりだと可能ではありますが、

おにぎりだとにぎるのに手間がかかります。

 

着替えながら握ることもできないので

時短にはつながりません。

 

また、ご飯にしてもTKGにしても

納豆ご飯にしても手軽ではありますが、

茶碗を洗うときに若干の手間が

かかりますよね。

 

これが食パンだったらパンくずを

ちょっと落としてサッと洗うだけで

綺麗になるのでちょっとだけ

手間が省けます。

(きちんと洗剤は使いますがね)。

 

また、ご飯は米を研ぐという手間が

ありますが、食パンはそれがない分

手間が少なくて済みますね。

 

「ご飯を炊く」という手間・時間も

食パンにはありません。

 

つまり食パンは

「用意する時間」「食べる」

「後片付け」をすることに

おいて手間を省く

ことができます。

 

朝は何かと忙しいので、

ありがたいのかもしれません。

 

 

豆知識②-2.色んな食べ方ができる

 

 

1.フレンチトースト

 

フレンチトーストは卵を使うので

栄養もありますし

朝食としてもいいですよね。

 

朝寝坊さえしなければ

良い朝食になるのではないでしょうか。

 

ただ、作るときや片付けの時の

手間が増えるのが欠点ですね。

 

 

2.ピザトースト

 

私はこれをよくやります。

 

とろけるチーズやピザソース

だけでもピザの雰囲気が味わえます。

 

それに加えて、あらゆる具材を乗せることで

バリエーションが増えるので

私の中では鉄板です。

 

たあ、フレンチトーストよりも費用が掛かる

というのが欠点ですね。

 

スポンサーリンク




 

 

3.サンドイッチ

 

私はサンドイッチは大好きです。

 

特にツナサンド、タマゴサンドが好きですが

カツサンドや野菜サンド等があり

色んなバリエーションができるので

あきないですね。

 

私はツナサンドとタマゴサンドしか

作ったことがありません。

 

また、下記の記事

 

【11月3日は何の日】豆知識~今日は「サンドウィッチの日」誕生秘話

 

にあるように、コンビニなどで買うときは

ついツナサンド、タマゴサンドが

入っているものを探してしまいますね。

 

ただ、カツサンドのような

重たいものがなければ

物足りなさを感じてしまうかもしれません。

 

また、自分で作るには

手間がかかってしまいますね。

 

 

4.ハニートースト

 

もう何年も前のことですが、

友人がハニートーストが好きな彼女のために

果敢にもハニートーストづくりに

挑戦していました。

 

アイスやら果物やらチョコレートソースやら

色んなものを入れてなんとかハニートースト

らしきもんのが出来上がりました。

 

そのハニートーストは見た目も悪く、

味もイマイチだったそうです。

 

しかし、そんな二人は結婚し、

今では2児の親。

 

ハニートーストがきっかけになったかは

定かではありませんが、その奥さん曰く

「ハニートーストの味というよりも

私の好物であるハニートーストを作ろう

とした心意気が嬉しかった」

のだそうです。

 

何が功を奏するかわかりませんね。

 

まあ素人がハニートーストを作るのは

難しいので、お店で食べるのが無難です。

 

まあ食パンのレパートリーの一つには

なるかなと覆います。

 

 

1月13日は何の日?まとめ

 

1月13日(毎月13日)は

「王様の食パンの日」。

 

そこで、食パンの魅力について

取り上げてきました。

 

こう考えてみると食パンって

色んな食べ方があって奥が深いですよね。

 

「王様の食パンの日」をきっかけに

食パンのレシピを増やしてみませんか。

 

ただし、ハニートーストだけは

お店で食べることをお勧めします。

 

スポンサーリンク