12月3日は「みかんの日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

ぬくぬくしながら食べる記念日があります。

 

今回はそういう記念日です。

寒くなってきたので

暖かいところで食べるものを選びました。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで12月3日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで12月3は何の日かというと

みかんの日」。

 

みかん」って寒い時期に

こたつで食べるというイメージは

ありませんか?

 

この時期に出回っているみかんですが、

魅力がたっぷり詰まった果物です。

 

そこで、「みかんの日」が制定された経緯と

みかんの魅力について取り上げていきます。

 

スポンサーリンク

 

「みかんの日」が制定された経緯

 

「みかんの日」を制定したのは

農林水産省」と

全国果実生産出荷安定協議会」。

 

みかんは「蜜柑」と書きますね。

これは「甘い柑橘」と言う意味から

来ていますが、昔は「みっかん」と

読まれていたそうです。

 

今では「みかん」と読まれていますが、

「いいみっか(3日)ん」

つまり「いいみかん」の語呂合せで

11月3日と12月3日を

「みかんの日」と制定したそうです。

 

「みかんの日」は2回あったんですね。

 

寒くなってくる時期でもあり、

ぴったりな時期なのではないでしょうか。

 

それとともに魅力たっぷりのみかん。

 

その魅力に迫っていきます。

 

 

「みかん」の魅力

 

1.手軽に食べられる

 

これは私見ですが、みかんは

手軽に食べることができますよね。

 

洗わなくても、包丁を使わなくても

素手で皮をむくだけで

食べることができますね。

 

洗うとすれば手ぐらいでしょうか。

 

また、みかんが

箱にぎっしり入っているのを見ると

ほほえましくなるのは私だけでしょうか。

 

それをこたつでぬくぬくしながら

食べていると幸せな気分になりますね。

 

食べる前でも後でも特に手間がなく

美味しく食べられるのがみかんの

魅力ですね。

 

 

2.栄養が豊富

 

みかんには栄養が豊富に含まれています。

その中でも、一番お伝えしたいことを

取り上げていきます。

 

それが白い筋「アルベド」です。

 

みかんの皮をむいたときに

白い好きみたいなものが

くっついてきますよね。

 

あの白い筋のことを

アルベド」と言います。

 

皆さんは「アルベド」をどうしていますか?

舌触りが悪い上、味を損ねると言って

皮から剥いで捨てていたりしていませんか?

 

実は栄養満点の「アルベド」。

 

みかんを食べるなら絶対に

捨ててはいけません。

 

もともとアルベドは「果肉に栄養を運ぶ」

働きをしています。

 

そのアルベド自体にも栄養が豊富で

食物繊維である「ペクチン」、

ビタミンPである「ヘスペリジン」が

豊富に含まれています。

 

もちろん果肉にも含まれてはいますが

果肉の何倍もの栄養を含んでいます。

 

ペクチンは食物繊維ですので、

整腸作用があり便秘の予防効果

が「期待できます。

 

ヘスペリジンはビタミンPの一つであり

みかん由来のポリフェノールです。

 

ヘスペリジンの効能は

 

・ 血の流れを良くする効果

・ 血中コレステロールを改善する効果

・ 毛細血管を強くする効果

・ ガンの予防効果

・ 免疫力を高める効果

 

これらの効果が期待できます。

 

アルベドはたまごの「カラザ」に

通じるものがありますね。

 

これらの効果が果肉の何倍にもなるので

ぜひとも「アルベド」まで

食べていただきたいと思います。

 

アルベドがきれいに取れたら

気持ちがいいかもしれませんが

今後は「いかにしてアルベドを残すか」

を発見したらいかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

12月3日は11月3日とともに

「みかんの日」。

 

みかん自体にも栄養がありますが

白い筋である「アルベド」は

その何倍もの栄養が含まれています。

 

この日をきっかけに、みかんを

「アルベドごと」食べていただきたいと

思います。


生活・文化ランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村