1月・5月・9月の25日は「主婦休みの日」

 

んばんは、まちゃはるです。

 

記念日は毎日です。

休日になっているものだけが

記念日ではありません。

 

9月25日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

9月25日は何の日かというと

主婦休みの日」。

 

スポンサーリンク

 

とは言っても、「主婦休みの日」は

1月25日、5月25日、9月25日の

3回ありますね。

 

ちょうど忙しい日が過ぎたあたりに

上手く設定したなという印象です。

 

これは「サンケイリビング新聞社」が

2009年に提唱したものです。

 

そこで、「主婦休みの日」の目的と

現状についてスポットを当てていきたいと

思います。

 

 

「主婦休みの日」の目的

 

ざっくり言うと主婦に休んでもらう日として

提唱された「主婦休みの日」。

 

主婦の元気がニッポンの元気になればという

思いでサンケイリビング新聞社が提唱した

「主婦休みの日」。

 

サンケイリビング新聞社によると、

「主婦休みの日」の目的は3つあります。

 

 

① 家事という仕事を夫婦(家族)で一緒に考える日

 

これを聞いてドキッとした旦那さんは

いらっしゃいませんか?

 

私の周りには、わがままな旦那さんが多く、

この言葉には耳が痛くなるのではないかと

思います。

 

ただ、一昔前と違い、専業主婦が

減っているので、わがままな彼らも

家事を「少しは」手伝っています。

 

私も含めて、今一度家事というものを

洗い出して、平等に分担しなければならない

と反省しています。

 

家事は多岐に渡っていますので、

お互いの得意な分野は、得意な人が行い、

上手く分担できればいいと思います。

 

 

② 夫や子供が家事にチャレンジする日

 

これも厳しいですね。

私の場合、料理は苦手なので、掃除をしたり

茶碗を洗ったり、ゴミだししたりなど

自分ができることしか手をつけていません。

 

私が料理をしてもいいのですが、リビングが

荒れ放題になり、「もうやらないで」と

言われるのが目に見えます。

 

ただ、子供にも家事をさせるというのは

教育的にも将来のためにもいいことですね。

 

私ができないことは、「お前の将来のためだ」

と言って、子供たちにやらせよう!

と考えるのはずるいでしょうか・・・

 

子供たちにチャレンジさせようということで

許してください。

 

 

③ 主婦が元気になって、ニッポンも元気になる日

 

ニッポンが元気なのかはともかく、

ニッポンの女性は男性より元気ですよ。

少女<女性(結婚前)<妻<母 の順に

どんどん強くなっている気がしますね。

 

それとも男性が弱くなったのでしょうか?

私の若い頃にはなかった「草食系男子」

なんて言葉も出てきましたからね。

 

ところでニッポンは元気なのでしょうか?

ニュースを見ていると暗い話題や不倫ネタが

多く、気が滅入ってしまいます。

 

しかし、主婦が元気になってくれれば

家庭も明るくなり、元気になるような

気がします。

 

主婦の方々にはムードメーカーに

なってもらいましょう。

 

それで、元気な家庭、元気なニッポンに

していこうじゃありませんか。

 

「主婦休みの日」の現状

 

「主婦休みの日」は、2009年4月に

認定されたため歴史が浅く、

まだ認知度も高くないと感じてます。

 

ですので紙面やWebサイトでの普及活動、

ツアーなど、さまざまなイベントが

企画されています。

 

これらのイベントに子供と一緒に参加

することにより、子供が喜んでくれれば

一番いいのではないかと思います。

 

 

まとめ

 

9月25日は「主婦休みの日」

1月と5月の計3回の「主婦休みの日」。

 

しかし、裏を返せば

「主婦は3日しか休みがないのか」

と怒りの声が聞こえてくるようです。

 

また、このことは知っている人だけの

一部の人に限らず、社会全体で考えなければ

ならないのではないでしょうか。

 

というわけで、せめてこの3日は

主婦の方々に気兼ねなく休んでもらって、

その分は旦那さん達に頑張って

もらいましょう。

私も含めて・・・