9月24日は「みどりの窓口記念日」

 

こんばんは、まちゃはるです。

 

毎日が記念日です。

面白い記念日や真面目な記念日

休日になっている記念日など、

色んな記念日がありますね。

 

9月24日も同様ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

選びたいと思います。

 

9月24日は

みどりの窓口記念日」。

 

スポンサーリンク

 

私は趣味でドライブ旅行しますが、

電車でも旅行することがあります。

 

そうなると、駅の存在、みどりの窓口を

むしすることができません。

 

私は乗り鉄でも撮り鉄でもありません。

どちらかというと駅弁鉄でしょうか(笑)。

 

ある程度大きな駅であれば

必ず存在する「みどりの窓口」

 

1965年(昭和40年)9月24日に、

当時の国鉄(現JR各社)が全国の

主要の駅構内と営業所内に設置された

みどりの窓口。

 

みどりの窓口が設置されてから

52年が経過していますね。

意外と歴史があるなと感じました。

 

同年の10月1日から営業開始しましたが、

この9月24日を記念日としました。

 

そこで、みどりの窓口記念日ということで、

みどりの窓口って一体何なのかを

掘り下げて行きたいと思います。

 

 

みどりの窓口とは

 

みどりの窓口は一言で言うと、

JRの乗車券を販売している窓口です。

 

当時みどりの窓口がない時代は、

乗車券の発券をする窓口として

多くの方に利用されてきました。

 

わからないことがあっても窓口の人が

親切に?教えてくれるし、

乗車券の発券に加えて案内書としても

機能していたように思います。

 

しかし、現在では指定券券売機が設置され、

みどりの窓口自体の撤廃や営業時間の縮小

がなされています。

 

ところで、みどりの窓口はなぜ「みどり」

なのかご存知ですか?

 

私の住んでいるところはJRのロゴが

緑色しているからかなと勝手に

想像していました。

 

しかし、緑色以外ののロゴを

使用している会社もあります。

 

西日本は青、東海はオレンジ、四国は水色、

九州は赤を使用しています。

 

「みどり」は切符の色に関係しています。

指定席に座る時に使う切符が緑色なので

「みどり」となったそうです。

 

こうしてみどりの窓口が設置され、

現在でも利用されていますが、

みどりの窓口は縮小傾向にあります。

 

現在では指定券券売機が設置され、

みどりの窓口自体の撤廃や営業時間の縮小

がなされています。

 

また、JRの路線や駅が次々と廃止され

駅がある各自治体も駅の存続に向けて

JRに要望している状態です。

 

これも時代の流れなんですかね。

 

車社会が進展し、一家に一台以上は

自家用車が所有されている現在、

公共交通機関の存在意義が問われていますね。

 

しかし、利用者が少ない、赤字路線だからと

いって簡単に廃止されたら困る人も

出てくるのではないでしょうか。

 

みんなで知恵を絞って、路線の存続に

知恵を絞って欲しいと願ってやみません。

 

話はそれましたが、路線がなくなる、

駅がなくなるとなればみどりの窓口も

減少し、いずれなくなるかもしれません。

 

そうなると、「みどりの窓口記念日」自体も

なくなってしまうかもしれません。

 

そこで、現在は観光に目が向けられています。

秘境駅であったり、情報発信基地などとして

駅を使用することで、利用者も増えて、

駅の存続の流れになって欲しいですね。

 

 

まとめ

 

みどりの窓口記念日は、1965年に制定

された記念日で、制定されてから半世紀が

過ぎた歴史のある記念日です。

 

しかし、、指定券券売機が設置されたり、

JR路線の廃止や縮小、駅の撤廃によって

縮小傾向にあります。

 

9月24日の「みどりの窓口記念日」

を機会に、もう一度JRのあり方、

存続する方法をみんなで知恵を出して

「みどりの窓口記念日」を存続して

欲しいと思います。

 

そして、「みどりの窓口記念日を」

100年、150年と続くように

なればいいなと思います。


においケアランキング