9月23日は「テニスの日」

 

テニスの日こんばんは、まちゃはるです。

 

毎日が記念日です。

と言っても休日ではありませんが。

 

9月23日様々の記念日がありますが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

選びたいと思います。

 

ということで、

9月23日は「テニスの日」。

 

スポンサーリンク

 

これは平成10年(1998年)に

設立された「日本テニス振興議会」。

 

日本テニス振興議会は

「財団法人日本テニス協会」

をはじめとしたテニスの関係団体が

結成したものです。

 

この日本テニス振興議会が

1998年9月23日に制定した

「テニスの日」。

 

ということは今年で20回目

テニスの日。

 

節目の回ですね。

 

テニスの普及と発展を推進するために

全国でイベントや各種行事が

開催されています。

 

まさにテニス三昧の日なんですね。

 

要するにテニスの日は

テニスの普及と発展のために

制定された日なんですね。

 

 

テニスは普及・発展しているの?

 

テニスは普及しているの?

 

ところで、「テニスって普及しているの」と

聞かれたらなんて答えますか?

 

ちょっと難しい質問かもしれません。

 

テニスの日ができたのは19年前。

 

ということは、私は40代ですので、

学生時代にはなかったテニスの日。

 

その頃テニスは普及していなかったか

と言えばそんなことはないと思います。

 

実は私も中学の頃はテニス部でした。

競技人口は多かったような印象です。

 

小さな学校でもテニス部は

ありましたからね。

 

公園にもテニスコートがありますし、

テニスがマイナーな競技だという

イメージはないですよね。

 

ですので私は答えます。

普及しています」と。

 

 

テニスは発展しているの?

 

では日本のテニス界は発展しているの?」

と聞かれたらどうでしょうか?

 

私の学生時代ではまだまだ世界には

通用していないと感じていました。

 

1995年に松岡修造選手がウィンブルドン

でベスト8に進出したときは大騒ぎに

なった覚えがあります。

 

確かそれが62年ぶりの快挙でした。

 

ですので私の学生時代はテニスが

発展していたとは言い難いと思います。

 

現在ではケガをしているものの、

錦織圭選手が現れて、

世界とも渡り合っていると言えます。

 

世界ランキングでも最高で4位まで上がり、

他の若い選手も錦織選手に続けとばかりに

頑張っていますね。

 

ですので、総合すると私の答えは

「テニスは私の学生時代よりは発展している」

ということですね。

 

ただ、まだ物足りないような気がします。

錦織選手のように世界一をうかがう選手が

何人か出てきてほしいと感じています。

 

日本人同志で世界一を争うようになったら

本物だと思います。

 

 

どうすればテニスは発展するの?

 

私何かが偉そうに言うのも恐縮ですが、

やはり世界レベルの選手が育ち、

その選手がコーチになって後世に伝える

という流れが生まれればと考えています。

 

また、テニスは普及はしているものの、

テニスの協議人口のわりに、

テニスだけで食べていける選手は

ほんの一握り。

 

これはテニスに限ったことではありません。

 

ピラミッドを大きくすることで新たなスター

が次々と生まれるように思います。

 

つまり、テニスの発展に必要なことは

 

・ 世界レベルの選手をたくさん育てる

・ 同様に世界レベルのコーチ育てる・呼ぶ

・ テニスのすそ野を広げ、テニスだけで

食べていける人を増やす・環境を作る

 

これらが必要だと思います。

 

 

まとめ

 

2017年9月24日は

20回目のテニスの日。

 

普及しているスポーツであるテニス。

 

しかし、発展しているかと言われたら

まだまだ発展途上であるテニス。

 

ただ、錦織選手のような選手や

松岡修造氏のような優れたコーチも

現れているのも事実です。

 

これからますます発展

していくのだろうと感じています。

 

今回で20回目のテニスの日。

これからますますの普及と発展を

願ってやみません。