9月22日は「フィットネスの日」

 

こんばんは、まちゃはるです。

 

毎日何らかの記念日があります。

 

9月22日は「フィットネスの日」です。

 

スポンサーリンク

 

公益社団法人 日本フィットネス協会(JAFA)が

2014年に登録したフィットネスの日。

 

ちなみに9月22日というのは、

ちょうど30年前の1987年に

JAFAが設立された記念日でもあります。

 

つまり今年はJAFAの30周年ですね。

 

また、9月は厚生労働省が制定している

健康増進普及月間」です。

 

ということで、9月は健康について

考え行動する月ですね。

 

そこで、フィットネスとは何なのかを

再確認したいと思います。

 

 

フィットネスとは

 

みなさんは「フィットネスって何?」

と聞かれたらスパッと答えられますか?

 

なかなか正確には答えられませんよね。

私も「健康にいいこと」としか

答えられませんでした。

 

わかっていそうでわからないフィットネス。

 

フィットネスとは簡単に言うと、

・健康な状態を維持するために行う運動

・運動健康な状態で生活をするために必要な能力

ということです。

 

つまり、健康のための運動がフィットネスです。

 

ちなみに、似た言葉で「エクササイズ」があります。

エクササイズとは、訓練、練習、練習問題

という意味があります。

 

フィットネスは健康のための運動。

エクササイズは技術・体力向上のための運動。

どちらも運動であることいは同じですね。

 

どちらも似て非なるものですね。

 

 

フィットネスとはどんなことをするの?

 

中高年になると、エクササイズというよりは

フィットネスをやるほうが

しっくりきますね。

 

フィットネスとは具体的には

ウォーキングやヨガ、サイクリングなどの

有酸素運動がありますね。

 

フィットネス=有酸素運動と考えてもらって結構です。

 

また、中高年が患いやすいメタボリックシンドローム

 

有酸素運動をすることで脂肪を燃焼させ、

メタボの予防効果が期待できますね。

 

そのほかにも、フィットネス

すなわち有酸素運動をすることによって

さまざまな効果をもたらせてくれます。

 

 

有酸素運動の効果・注意点

 

有酸素運動をすることで様々な効果があります。

 

・ 脂肪の燃焼によるダイエット効果

 

・ 基礎代謝・新陳代謝の向上によるダイエット効果

 

・ 心肺機能の向上・改善

 

・ 骨が強化され、骨粗鬆症の予防

 

・ 血管が修復され、高血圧・動脈硬化等の予防

 

・ 脳が刺激され、発想力の向上が期待される

 

・ ストレスが発散され、心身ともに健康状態の改善が期待できる

 

これだけの効果が期待できます。

有酸素運動=ダイエットというイメージが

ありますが、様々な効果が期待できますね。

 

ただ、有酸素運動は30分以上やらないと

効果が薄いとされています。

 

ですので、自分なりに運動強度を下げたり、

短い時間から初めて徐々に時間を増やす等、

無理のない範囲で行ってください。

 

また、食前であったり、食後すぐの場合は

エネルギー不足や腹痛等を起こしやすいので

そのタイミングでの有酸素運動は控えてください。

 

また、有酸素運動は運動強度は低いですが、

準備運動をせずに行うと

ケガの原因にもなりますので、

ストレッチなどで体をほぐしてから行ってください。

 

スポンサーリンク




 

まとめ

 

フィットネスというと難しいですが、

有酸素運動と考えたらわかりやすいです。

 

9月22日は「フィットネスの日」

 

フィットネスは運動強度が高いものではなく

誰もができる健康増進法であると考えています。

 

つまり、9月22日は

健康のことについて考える記念日であると

私は考えています。

 

仕事や家族サービスなどで疲れて、

家でごろごろしたい気持ちは

私にもよくわかります。

 

ただ、せっかく健康を考える記念日が

ありますので、今一度健康について

考えていただき、有酸素運動などで

健康状態を維持していただけたら幸いです。