今日は何の日?4月17日は「なすび記念日」

 

 

おはようございます、まちゃはるです。

 

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

そのまんま食べるより

料理に入っている方が美味しいものの

記念日もあります。

 

今回はそういう記念日です。

 

そのものを焼いて味付けしてもいいですが

料理の中に含まれていることが多いですね。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで4月17日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで4月17日は何の日かというと

なすび記念日」。

スポンサーリンク

 

皆さんは「なすび」は好きですか?

 

私は嫌いではありませんが、

なすび単体で食べることが少ないですね。

 

そこで「なすび記念日」が制定された経緯と

「良いなすびの選び方」について

取り上げていきます。

 

 

豆知識①「なすび記念日」が制定された経緯

 

「なすび記念日」を制定したのは

冬春なす主産県協議会」。

 

この協議会は冬春なすの主産6県である

高知園芸連、全農ふくれん、熊本経済連、

全農岡山、佐賀経済連、全農徳島

構成されている団体です。

 

ちなみに「冬春なす」とは

「ふゆはるなす」と読みます念のため。

 

やはり温暖な西~南日本の地域が

冬春なすの主要産地ですね。

 

10月から6月ごろにかけて

ビニールハウスで栽培されるのが

「冬春なす」。

 

ちなみに7~11月に露地栽培されるのが

「夏秋なす」(かしゅうなす)。

 

4月は冬春なすの最盛期であり

「417(よいなす)」の語呂合わせにより

4月17日を「なすび記念日」と

制定されました。

 

ちなみに「毎月17日」は

「国産なす消費拡大の日」

とされています。

 

「なるほど」と思いましたが、

「11月17日は

記念日になっていないのかな」

と思い調べてみました。

 

残念ながら「国産なす消費拡大の日」

しかありませんでした。

 

私の個人的な考えですが、

11月17日を「いいなす」として

「夏秋なすの日」にしてほしい

と思いました。

 

それはさておき、

なすびは1年中作られています。

 

それだけに食べる機会も多いですね。

 

そこで「良いなすびの選び方」について

取り上げていきます。

スポンサーリンク

 

 

豆知識②良いなすびの選び方

 

 

豆知識②-1.ヘタの切り口

 

まずはへ単の切り口を確認します。

 

切り口が新しいもの

鮮度のいいなすびですね、

 

また、色が黒くてとげがあるもの

選んでください。

 

何だったらとげで痛いぐらいのものが

いいでしょう。

 

ただ、本当に自分の手に

刺さないでくださいね。

 

というわけでまずは

ヘタを見てください。

 

 

豆知識②-2.首の太さ

 

次に見るのが首の部分、

 

全体的にふっくらしていて、

首まで太いものが食べごろの

なすびです。

 

ひょうたんみたく首が細いものは

まだ食べ頃ではないので注意して下さ藍。

 

 

豆知識②-3.表面のハリやツヤ

 

表面につやとハリがあって黒光り

しているものは、十分に日の光を浴びて

育っている証拠です。

 

黒光りは「ポリフェノール」が

含まれている証しで、ポリフェノールは

抗酸化作用があり、諸悪の根源である

「活性酸素」の発生を抑制する効果が

期待できます。

 

まあこれはともかく、

ハリやつやがあった方がいいのは

人間の肌と一緒ですね。

 

逆にしわのあるものは中の水分が

蒸発している証拠なので

避けたほうが無難です。

 

 

豆知識②-4.重さ

 

結論から言うと

持ったときにずっしりと重たいもの

が良いなすびです。

 

というのは、皆さんもご存知の通り

なすびは水分の多い野菜です。

 

水分すなわち水って重たいですよね。

 

この水分を多く含んでいるということは

震戦で水分が失われていない状態です。

 

 

 

今日は何の日?まとめ

 

4月17日は「なすび記念日」。

 

ということで「良いなすびの選び方」

について取り上げてきました。

 

ヘタの切り口やとげの有無、

色艶や太さ、重さを基準にして選ぶと

良いなすびに巡り合えます。

 

1年中食べることができる、そして

高額な野菜。

 

どうせなら良いものを

選んでほしいですね。

 

さて、なすびをどうやって食べようかな。

スポンサーリンク

 

 

ランキングに参加しています ☟


生活・文化ランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村