3月27日は「さくらの日」

 

 

おはようございます、まちゃはるです。

 

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

1年の中で、これが咲いている時期は

本当に短くて儚いものの記念日もあります。

 

今回はそういう記念日です。

 

私の住む地方ではこの日よりも

1ヶ月以上先の話ですね。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで3月27日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで3月27日は何の日かというと

さくらの日」。

スポンサーリンク

 

さくら」はもちろん

」のこと。

 

すでに桜が開花していますね。

 

と言いたいところですが、

私の住む地方では桜の開花は

ゴールデンウイーク前後になるので

まだまだ先ですね。

 

しかも、先始めてから散るまでの期間は

1年の中ではほんの少し。

 

これは儚いですが、「桜ソング」は

聴きたいとき、歌いたいときには

いつでも登場させることができます

 

そこで、「さくらの日」が制定された経緯と

「私がよく歌う桜ソング」について

取り上げていきます。

 

 

「さくらの日」が制定された経緯

 

「さくらの日」を制定したのは

公益財団法人日本さくらの会」さん。

 

日本さくらの会は1964年(昭和39年)

に急激に衰退していたさくらの

愛護や育成、保存、普及等を目的として

設立された団体です。

 

当時は東京オリンピックあり、

開発が進んでいたために

桜が衰退していたようですね。

 

そのさくらの会が

日本を代表する花である桜への関心を高め、

花と緑の豊かな国土を作ろうという目的

1992年(平成4年)に制定しました。

 

その当時はどのぐらい桜が衰退していたのか

わかりませんが、現在では日本中に

たくさんの「桜の名所」があり、

花見のシーズンには賑わいを見せています。

 

これは日本さくらの会および関係者の方々の

ご尽力の甲斐があり、目的は達成されたと

思います。

 

「さくらの日」の日付は七十二候の

ひとつである「桜始開」の時期であることや

「咲く=3×9=27」の語呂合わせにより

3月27日にきまりれました。

 

 

まあ私も含め北海道の人は

「1ヶ月早いよ」

と感じていると思います。

 

さて、桜は開花している時期はわずかですが

「桜ソング」は永久に不滅です。

 

そこで「私がよく歌う桜ソング」について

取り上げていきます。

スポンサーリンク

 

私がよく歌う桜ソング

 

1.桜坂(福山雅治)

 

この曲が出てからもう18年も経過していますが

私の中では鉄板の持ちネタ、もとい持ち歌

ですね。

 

春は出会いと別れの時期で環境も変わり、

期待と不安が入り混じる時期ですね。

 

そんな時にこの歌を聴いたら泣けてくる人も

いるのかもしれません。

 

私の場合、この曲が出た頃は

これまで生きてきた中でも楽しいと思える時期

だったので、それを思い出しながら

歌います。

 

しかし余談ですが、この曲が出た頃に友人達と

カラオケに行って歌ったことがありました。

 

その友人達とは学生時代からの仲で

男女混じっていたのですが、

みんな友人同士でした。

 

私は何となくこの曲を歌ったら、そのうちの1人

が(勝手に)落ちたという経験があります。

 

私は桜坂をただ歌っただけ。

もちろんその人を口説くつもりなど全くない

 

お互いが友人だと思っていたし、仮に2人きりに

なっても何も起こらないであろう仲。

 

それが、この歌を歌った瞬間に私に対し見る目が

変わったんです。

 

挙げ句の果てに帰り際に「付き合ってください」

とみんなの前で言う始末。

 

私も含めてみんながびっくり仰天!

 

そのときは遅くまでお酒を飲んでいたので

酔っ払っていたのだと思います。

 

本人は記憶がなくなっていましたからね。

 

翌日に別の友人から訳を聞いたらしく、

本人から「あんたと付き合う気は無いから」

などと言われて、告ってもいないのに

フラれ感じで非常に気分が悪かったのを

思い出します。

 

のちに「この歌は人を血迷わせる、ズルい曲だ」

などと言っていたようです。

 

まあこの人だけでしょうが。

 

この歌を歌うたびにこの苦い思い出が

蘇ります。

 

これ以外は楽しい時期だったんですけどね。

スポンサーリンク

 

2.桜(コブクロ)

 

コブクロは心に響く曲を作ると言うか、

この曲も桜が咲いている風景が浮かんでくる曲

ですね。

 

いろいろなアーティストが「桜(さくら)」

という曲を出していますが、私はこれが

一番好きですね。

 

この曲を歌った時に泣いた奴がいました。

 

私の拙い歌で泣けるなんて

なんて純粋なんだろうと思いましたね。

 

 

番外.3月9日(レミオロメン)

 

この曲は卒業ソングとして定番になりましたが、

「3×9」が出てきたのでこの曲を

取り上げました。

 

まあ「桜」という単語もチラッと出てくるので

(勝手に)桜ソングにしました(笑)。

 

しかし、もともとは「友人の結婚を祝い歌

として作曲されています。

 

友人の結婚記念日にちなんで「3月9日」

なのだそうですが、どうせなら後1日遅らせて

私の誕生日にぶつけてほしかったと

悔やまれる曲です(笑)。

 

不覚ながらこの曲は友人が歌っていらのを聴いて

初めて知りました。

 

いい曲だったので私の持ちネタに

してしまいましたけど。

 

 

まとめ

 

3月27日は「さくらの日」。

 

そこで私が歌う桜ソングについて

取り上げてきました。

 

桜坂(福山雅治)、桜(コブクロ)、

3月9日(レミオロメン)と全部いい歌

ですね。

 

私の苦い思い出もあり、涙あり、悔しさありの

桜ソング達ですね。

 

もう春がやってきて、桜が咲く時期が

近づいてきていますね。

 

みなさんはどんな桜ソングか好きですか?

スポンサーリンク

 

 


生活・文化ランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村