3月26日は「風呂の日」

 

 

おはようございます、まちゃはるです。

 

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

普段はサッと済ませますが、旅行に行くと

ゆっくりするものの記念日もあります。

 

今回はそういう記念日です。

 

普段はなサッと済ませる分、

旅行したときはつい満喫したくなります。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで3月26日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで3月26日は何の日かというと

風呂の日」。

スポンサーリンク

 

皆さんは毎日のように「風呂」に

入っていることと思います。

 

ただ「風呂の入り方」は

人それぞれ違うのではないでしょうか。

 

また、家風呂と温泉などでは

入り方も違うかなと思います。

 

そこで、「風呂の日」が制定された経緯と、

渡井が温泉旅行をする際に重視すること

について取り上げていきます。

 

 

「風呂の日」が制定された経緯

 

「風呂の日」を制定したのは

東京ガス株式会社」さん。

 

なるほど、民間企業と言えど

公共性が高い会社ですね。

 

風呂と言えばガスも含めて

熱源は欠かせません。

 

この東京ガスさんが

家族みんなでお風呂に入って

親子で対話しよう」という目的で

1985年5月に制定されました。

 

今から33年前のこと、

意外と新しい記念日なんですね。

 

もちろん「2(ふ)6(ろ)」の

語呂合わせで「毎月26日」に

決定されました。

 

なお、温泉街や銭湯などでも風呂の日に

格安で入れるなどのキャンペーンを

実施しているところもあります。

 

 

そんな銭湯や温泉ですが、個人的には

「日帰り入浴は銭湯」

「旅行等で宿泊するのは温泉」

と勝手に決めています。

 

ですので銭湯はちょくちょく行きますが、

温泉は他万しか行きません。

 

そこで、「私の温泉宿を選ぶ条件」について

取り上げていきます。

スポンサーリンク

 

私の温泉宿を選ぶ条件

 

 

1.ご飯が美味しい

 

これは温泉旅行に限ったことではありませんが、

ご飯が美味しいということが私にとっては

絶対条件ですね。

 

例えば出張でビジネスホテルに泊まるとき等は

「素泊まり」にして、その土地の美味しいものを

食べるのが楽しみになります。

 

しかし、温泉に入ってからは宿でゆったり

したいものです。

 

そうなると宿で出されるご飯が美味しくないと

その旅行の楽しさが半減してしまいます。

 

いや、もっと減るかな。

 

ですので旅行に行くときは美味しい店や

ご飯が美味しい宿を口コミ等をリサーチしてから

決まるようにしています。

 

 

2.泉質(お湯が熱すぎない)

 

温泉の泉質がいい所、といっても

正直よくわかりません。

 

温泉に入ったら気持ちがいいものです。

 

ただ、普段からシャワーで済ませているためか

湯船に長く浸かるとのぼせてしまいます。

 

ですので、なるべく熱くない温泉を

選びたいところですね。

 

ただ、友人達と行くときはなかなかそんな

ワガママを言えなくて辛いですが・・・。

 

 

3.値段が高くない

 

あと気になるとすれば値段ですね。

 

一泊二食付きで一万円代であるのが理想です。

 

というのは安すぎても不安があるし、

高すぎるのは懐が痛くなるし、

この辺りがちょうど良いのではないかと

感じています。

 

ビジネスホテルに泊まるときは素泊まりですので

「寝るだけ」に使うだけなので、できるだけ

安いホテルを選ぶんですけどね。

 

温泉となるとある程度ちゃんとしたところを

選びたいところですね。

 

 

まとめ

 

「毎月26日」は「風呂の日」。

 

そこで私の温泉宿を選ぶ条件について

取り上げてきました。

 

ご飯、泉質(温度)、値段の三点セットは

私にとっては必須ですね。

 

その中でも「ご飯が美味しい」というのは

譲れないですね。

 

他にも広々としてゆったりできるとか

宿の中にも遊べるところがあるとか

挙げたらきりがありませんので

条件を三点に絞っています。

 

みなさんはどんな条件で温泉宿を

選んでいますか?

スポンサーリンク

 

 


生活・文化ランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村