3月21日は「アクションスポーツの日」

 

 

おはようございます、まちゃはるです。

 

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

チキン(臆病者)の私はあまり得意でない

ものの記念日もあります。

 

今回はそういう記念日です。

 

オリンピックの競技としても

行われていましたが、

「危ないからやめなさいよ」。

と言いたくなります。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで3月21日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで3月21日は何の日かというと

アクションスポーツの日」。

スポンサーリンク

 

皆さんは「アクションスポーツ」って

ご存知ですか?

 

サーフィンやスケートボード、スノーボードを

代表としたスポーツをアクションスポーツと

いいます。

 

私にはあまり縁がない分野ではありますが、

スノーボードだけはやっています。

 

まあ挫折しそうにはなりましたが。

 

そこで「アクションスポーツの日」が

制定された経緯と、

「私がスノーボードを挫折しなかった理由」

について取り上げていきます。

 

 

「アクションスポーツの日」が制定された経緯

 

「アクションスポーツの日」を制定したのは

一般社団法人日本アクションスポーツ連盟

(JASA)」。

 

アクションスポーツ用品を取り扱っている

メーカーや小売店等の関連企業が協力して

設立されたのがJASA。

 

サーフィンやスケートボード、スノーボード等の

アクションスポーツを普及、発展させることを

目的として制定されました。

 

よく「若者のスキー場離れ」が囁かれている

一方で、街中でスケートボードの練習をしている

若者を見ると、普及しているのか否かが

はっきりしていないような気がします。

 

ただ、こないだ行われた平昌オリンピック

での活躍を見ると発展はしてきているのかなと

感じています。

 

これからますます普及・発展することで

4年後の北京オリンピックが楽しみに

なりますね。

 

「アクションスポーツの日」は雪の上で

スケートボードができるということで

「春分の日」と制定されました。

 

すなわち今年は3月21日ですね。

 

今年は雪が多いものの、最近の春分の日は

暖かくなってきて、スキー場の雪質も

今ひとつということが多く、

ちょっと残念ですね。

 

 

ところで、私はアクションスポーツとして

唯一行っているのがスノーボード。

 

しかし、なかなか上達せずに挫折しそうに

なりました。

 

それでもなんとか人並みに滑れるように

なりました。

 

そこで、なぜ挫折しなかったのかについて

取り上げていきます。

スポンサーリンク

 

なぜ挫折しなかったのか

 

1.道具を揃えるのに費用がかかった

 

スノーボードをやる人はご存知だと思いますが、

一式揃えるのにお金がかかります。

 

ボード、靴、ビンディングの3点セットに

ウェアだけで10万円ぐらいしました

 

安物を買えばもっと費用は抑えられますが、

一緒に買いに行った経験者からは

「安物では上達しない」「格好から入れ」

と言われたので、意地になって買いました。

 

それにグローブ、帽子、ゴーグルなど付属品を

揃えると更にお金がかかります。

 

これたけ費用がかかったのにもかかわらず、

なかなか上達しませんでした。

 

「もうやめようかな」と思いましたが

それでは10万円以上が水の泡になると思い、

今度は別の経験者に相談しました。

 

そしたら、「まずボードの手入れが悪い

と言われてボードのワックスがけを教わり、

更に「エッジの利かせ方」から

教えてくれました。

 

先の経験者は何も教えてくれないまま

「さあ滑って」というスタイルだったので

いざ滑り出したら止まることもできず、

転んで止まるという始末でした。

 

エッジを利かせることができるように

なってからはあっという間に上達し、

スノーボードが面白いと感じました。

 

何でもそうですが、初めてのことをやるなら

きちんとした人に教えてもらうことが

一番ですね。

スポンサーリンク

 

2.職場の同期の存在

 

そんな中、職場の同期で

「スキー場に行かない?」という声が

かかりました。

 

彼らは私がスノーボード一式を購入

したことを知っていたので

声をかけてくれました。

 

その中には女子もいて、当時は

カッコいいところを見せよう

などと邪なことを考えました。

 

人知れずナイターで頼れる経験者と

猛練習を重ねてなんとか格好は

つきました。

 

その後に同期でスキー場に行ったら

その中に素人同然の

奴がいました。

 

それも言い出しっぺの奴が。

 

とりあえず私が教わった通りに教えたら

上達してくれたので何とかなりましたが。

 

また、女子の中にも

怪しげな滑りの人もいて

「猛練習した自分は何だったんだろう」

と思ったのと同時に

「猛練習したおかげで格好はついたかな」

と複雑な気分になりました。

 

時には邪な動機があっても

いいのかもしれません。

 

 

まとめ

 

「春分の日」は

「アクションスポーツの日」。

 

アクションスポーツには縁がない中で

唯一携わったのがスノーボード。

 

もちろんアスリートのような

アクロバティックなことはできませんが

簡単なエアーぐらいはできます。

 

挫折しそうになりましたが、

かかった費用が無駄になるのが嫌だったこと

同期にいいところを見せたかったこと等で

挫折しないで済みました。

 

これから何かを始めようとするときに

格好から入ったり(費用をかけたり)

不純な動機があっても

いいのではないでしょうか。

 

最近はスノーボードをしに行くことが

少なくなりましたが、

この記事を書いているうちに

また行きたくなりました。

 

今度は誰と行こうかな。

スポンサーリンク

 

 


生活・文化ランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村