2月4日は「世界対がんデー

 

 

おはようございます、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

なくなってほしいけど、

なかなか無くならないものの

記念日があります。

 

今回はそういう記念日です。

 

今回の場合は「記念日」でもありますが、

「啓発の日」でもあります。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思いますが、

今回の話題はちょっと明るくはないですね。

 

というわけで2月4日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで2月4日は何の日かというと

世界対がんデー」。

 

「がん」は「悪性新生物」、「悪性腫瘍」

とも呼ばれています。

 

悪いイメージしかない「がん」。

 

日本人の死因第一位である「がん」。

もう40年近く1位であり続ける

厄介な病気です。

 

1日も早くなくなってほしいものです。

 

そこで「世界対がんデー」が

制定された経緯と、

なぜか「白い巨塔」について

取り上げていきます。

スポンサーリンク

 

「世界対がんデー」が制定された経緯

 

「世界対がんデー」を制定したのは

国際対がん連合(UICC)」。

 

日本にも「UICC日本委員会」

があります。

 

2002年から実施されているもので、

がんに対する意識の向上と予防、治療等への

取り組みを促進するために設けられた

記念日です。

 

これは2000年2月4日に採択された

「対がん同盟結成を呼びかけるパリ憲章」

にちなんで2月4日を「世界対がんデー」

と制定されました。

 

がんは古くから死因第一位でいましたが

この日ができたのは最近のことであり

歴史の浅さを感じてしまいます。

 

日々医学の進歩はされているとは思いますが

「がんに対する意識の向上」という点では

まだ高いとは言えなと思います。

 

「がんは怖い病気だ」とはわかっていても

それを早期発見しようという意識は

一般の人には薄いような気がしています。

 

そんな中、「がん」というと思い出すのが

10数年前にテレビで放送されていた

白い巨塔」。

 

そこで、「白い巨塔」と実体験に基づき

思うところを取り上げていきます。

スポンサーリンク

 

「白い巨塔」について

 

この先は「ネタバレ」ゾーンなので

「白い巨塔」を見ていない人。

これから見ようとしている人は

飛ばしていただけると幸いです。

 

でのもうかなり古いので

そのような人は少ないかもしれませんが。

 

「白い巨塔」は小説や過去にも

テレビで放送されていましたが、

私が見ていたのは主役である財前五郎役を

唐沢寿明さんが演じていた時のドラマです。

 

主役の財前五郎は「がんの専門外科医」。

 

手術の腕前は超一流で、

著名人などのがんの手術を数々行い

治してきた敏腕外科医。

 

医科大学での教授選挙で教授になるべく

権力を使ったりお金をばらまいたり、

その後自ら行った手術で訴えられるなど

野心に満ち溢れる主人公であり

かなり黒い内容のドラマです。

 

その過程で要所要所で出てくるのが

有能な内科医で「患者を第一」

に考えている同期の里見助教授。

 

二人はお互いの腕は認めあっているものの、

そりが合わず度々口論を起こします。

 

どちらが正しいかはさておき、

大学や自分の都合で患者を動かす連中に対し

里見が発する「患者には関係のないことだ

というセリフが大好きでした。

 

「患者を第一に考えている」のが表れていて

カッコいい!

 

あのドラマのような出来事が

実際に行われているかは

定かではありませんが、

私の頭の中によぎったのは

「医者の患者に対する接し方」でした。

 

患者との対話が今一つの財前と、

患者に向き合って治療をする里見。

 

普通に考えたら、患者を第一に考えている

「里見のような医者がいい」

と思うでしょう。

 

しかし、私が入院したときは「財前」

のような医者でした。

 

いや、よく看護師はもちろん、

患者に対してすら怒鳴りつけていたので

財前よりもはるかにタチが悪かったですね。

 

気難しいというのか話ずらいというのか

とにかく廊下で会っても

「俺に話しかけるなオーラ」を

発する医者でした。

 

もう二度とその医者と

会うことはないでしょうが、

あんな医者だらけだとしたら

「病院嫌い」「医者嫌い」の人が

多いのも頷けます。

 

医者にとっては

「数多い患者のうちの一人」

に過ぎないのかもしれませんが、

患者やその家族にとっては

「かけがえのない自分(家族)の体」。

 

私はその病院に入院して

このギャップは埋まらないのかな

と感じてしまいました。

 

スポンサーリンク

 

話はだいぶそれましたが、

その財前五郎はガンを早期発見できず

亡くなるという皮肉な結末を迎えました。

 

まさに「医者の不養生」ですね。

 

こんなことがないように

がんを早期発見することが重要ですね。

 

 

まとめ

 

2月4日は「世界対がんデー」。

 

「がん」と聞くと「白い巨塔」を

思い出してしまいます。

 

あの中の出来事がどこまで本当に

起こっているのかわかりませんが、

私が出会った医者を見ると

あれは本当なのかなと思ってしまいます。

 

「話ずらい医者」だとしたら、

患者からの重要な情報も引き出せず、

結果大事な症状を見逃すことも

あるかもしれません。

 

そうなると「がんの発見」も

遅れる可能性があります。

 

ぜひとも「患者を第一に考える」医者が

一人でも増えてほしいと思います。


生活・文化ランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村