2月11日は「初午いなりの日

 

 

おはようございます、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

食べ物としては知っていましたが、

風習としてゃ知らなかったものの

記念日もあります。

 

今回はそういう記念日です。

スポンサーリンク

 

私はこれが好きですが、

私の家族では私一人なので

あまりありつけることがありません。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで2月11日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで2月11日は何の日かというと

初午いなりの日」。

 

「いなり」とは「いなり寿司」のこと。

 

「いなり寿司」の存在は誰

もが知っていると思いますが、

頭に「初午」が付いている記念日です。

 

そこで「初午いなりの日」が制定された経緯と、

「いなり寿司」について取り上げていきます。

 

 

「初午いなりの日」が制定された経緯

 

「初午いなりの日」を制定したのは

一般社団法人全日本いなり寿司協会」。

 

「いなり寿司」というピンポイントでも

協会というものがあったんですね。

 

「初午」すなわち「はつうま」は

読んで字のごとく「初めてのうま」のこと。

 

ここでは「2月で最初の午」という

意味で使われています。

 

「初午」は1年で最も運気が上がる日

言われています。

 

また、稲荷神社のお使いであるのが

「キツネ」。

 

初午の日にキツネの好物である「油揚げ」を

使用した「いなり寿司」を食べると

福を招くと言われています。

 

すなわち、初午の日に

家族が幸せになることを願って食べる

いなりずしのことを「初午いなり」

といいます。

 

キツネにお供えをする油揚げを食べるのは

バチ当たりのような気がするのは

私だけでしょうか。

 

実際は「初午」の日に近い

「建国記念日」である2月11日を

「初午いなりの日」と制定されました。

 

稲荷神社のお使いがキツネで、

キツネの好物が油揚げ。

 

そこで、油揚げの効能について

取り上げていきます。

 

 

油揚げの効能

 

ご存知の方も多いと思いますが、

油揚げは「大豆」から作られています。

 

それゆえに大豆にある栄養も含んでいます。

 

 

1.イソフラボン

 

大豆と言えば「イソフラボン」。

スポンサーリンク

 

油揚げにもイソフラボンが

豊富に含まれています。

 

イソフラボンは女性ホルモンである

「エストロゲン」と同じような

働きをすることが期待されます。

 

これにより、骨からカルシウムが溶け出す

ことによって起こる「骨粗しょう症」の予防

や更年期障害の予防、

血液をサラサラにする効果が期待できます。

 

 

2.タンパク質

 

大豆にはタンパク質が豊富に含まれており、

油揚げにも同様なことが言えます。

 

大豆が「畑の肉」と言われるゆえんです。

 

タンパク質は筋肉をはじめ、

身体の様々な部分を作る重要な成分です。

 

ダイエットには筋トレが効果的ですが、

そのためにはタンパク質は欠かせません。

 

 

 

3.サポニン・レシチン

 

大豆と同様に油揚げにもサポニンや

レシチンが豊富に含まれています。

 

サポニンには血中コレステロールや

中性脂肪を下げる効果が

期待できます。

 

また、レシチンは血管内のコレステロールを

溶かし出す効果があり、

血管を若返らせる効果が期待できます。

 

また、脳神経をはじめとする

細胞膜に働きかける効果が期待できます。

 

これらにより高血圧や脂質異常症を防止し、

動脈硬化、脳卒中、心疾患などを

予防する効果が期待できます。

 

 

4.ビタミンE

 

 

油揚げにはビタミンEを含んでいます。

 

ビタミンEは抗酸化作用があり、

諸悪の根源である「活性酸素」を抑制する

効果が期待できます。

 

また、血液をサラサラにすることによって

血圧低下や血行を促進する効果が

期待できます。

 

 

まとめ

 

2月11日は「初午いなりの日」。

 

実際の2月の「初午の日」はずれますが、

2月11日の「建国記念日」に合わせて

制定されました。

スポンサーリンク

 

これに伴い、いなり寿司を食べると福を呼ぶ

とされていますが、いなりずしの材料である

油揚げは実際に体にいいですね。

 

この「初午いなりの日」にいなり寿司を

食べて、皆さんに福が訪れますように。


生活・文化ランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村