12月4日は「みたらしだんごの日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

たまに見ると食べたくなる

記念日があります。

 

今回はそういう記念日です。

お店で見かえると、

突然食べたくなるのは私だけでしょうか。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで12月4日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで12月4は何の日かというと

みたらしだんごの日」。

 

みなさんは「みたらしだんご」について

どう思いますか?

 

どうってことないと思う人も多いかも

しれませんが、

時々無性に食べたくなりませんか?

 

私も普段は何とも思いませんが、

たまに無性に食べたくなります。

 

また、スーパーなどで見かけて、

何かがこみあげてくる時があります。

 

そこで、「みたらしだんごの日」

が制定された経緯と、

「みたらしだんご」について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク

 

 

「みたらしだんごの日」が制定された経緯

 

「みたらしだんごの日」を制定したのは

山崎製パン」さん。

 

意外にもパン屋さんが制定したんですね。

確かに山崎製パンで売っている

「串団子(たれ)」。

 

「みたらしだんご」と言う

製品名ではないものの、

「串団子(たれ)」はれっきとした

「みたらしだんご」ですね。

 

「み(3)たらし(4)だんご(5)」

すなわち「みたらしだんご」の語呂合わせで

制定された「みたらしだんごの日」。

 

そう、「毎月3,4,5日」が

「みたらしだんごの日」になっています。

 

何だかありがたみが薄くなる気がしますが、

「みたらしだんご」を気軽に食べてもらおう

という目的で制定されたのでよろしいのでは

ないでしょうか。

 

価格も手ごろだし、串さえ汚れていなければ

そのまま食べられるので、この目的は

達成されたのではないかと思います。

 

 

「みたらしだんご」について

 

1.「みたらしだんご」の由来

 

「みたらしだんご」は漢字で書くと

「御手洗団子」。

 

なんだか感じだけを見ると

トイレをイメージしてしまいますね。

 

しかし、トイレは全く関係がなく、

京都市にある下鴨神社で行っている

御手洗祭」(みたらしまつり)で

売りだされたからと言われています。

 

「お祭りの名前」だったんですね。

よかったよかった。

 

ここで売られていただんごは

砂糖醤油の葛餡をつけたものでした。

 

これが「元祖」と言うやつですね。

 

今やどこへ行っても手に入りますが

地方によっては「醤油だれ団子」、

「焼き団子」、「みたらし」、「しょうゆ団子」

など呼び方も様々ですね。

 

 

2.「みたらしだんご」はヘルシーか

 

「みたらし団子」は和菓子ですね。

 

和菓子はヘルシーという

イメージがあります。

 

実際に「みたらしだんご」

1本(80g)のカロリーは

「158kcal」。

3本食べたら「474kcal」。

 

3本食べればそれなりに満足できる割には

低カロリーだなと言う感じ

ではないでしょうか。

 

じゃあヘルシーでダイエット向きかと言えば

そうではないようです。

 

というのも、

炭水化物が約半分を占めているうえ、

食塩も1本あたり0.48gも

含まれています。

 

醤油がかかっているだけあって

塩分も高めです。

 

つまり、糖質も塩分も高いことから

ダイエットには向かないようです。

 

ダイエット中でなくても

塩分は高いですね。

 

「もったいない」と言われそうですが、

醤油だれを落としてたべたら

塩分はかなり減りますね。

 

たれが団子にべっとりとついていますが、

それを落としても団子の味は

大きくは変わりません。

 

まああのべっとりが好きな人も

いるのでしょうけど。

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ

 

「毎月3・4・5日」は

「みたらしだんごの日」。

 

みたらし団子の由来から

カロリーまで取り上げてきました。

 

塩分が多いことは多少気にかかりますが、

この日をきっかけに、

昔からある「みたらしだんご」を

食べていただきたいと思います。


生活・文化ランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村