12月28日は「身体検査の日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

自分の成長を感じることができる

記念日があります。

 

今回はそういう記念日です。

 

とは言っても「人間的な成長」というよりは

「体格的な成長」ですが。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで12月28日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで12月28日は何の日かというと

身体検査の日」。

スポンサーリンク

 

色んな学生がいると思いますが、

私は身体検査は楽しみの一つでした。

 

私たちの学校では「身体測定」と

言っていましたけどね。

 

そこで、「身体検査の日」が

制定された経緯と、

自分の身体的な成長を

振り返ってみたいと思います。

 

 

「身体検査の日」が制定された経緯

 

「身体検査の日」を制定したのは

「文部科学省」(当時の文部省)。

 

というより、1888年(明治21年)

12月28日に文部省がすべての学校に

毎年4月に生徒の身体検査を行うよう

訓令したのが由来です。

 

当時は「活力検査」と呼んでいました。

 

身体検査を始めてから来年で130年

ということになりますね。

 

そんな昔から身体検査をやっていたなんて

驚きですね。

 

そんな身体検査について

振り返りたいと思います。

 

 

身体検査について

 

 

1.学生時代の身体検査

 

大人になってからの身体検査は、

体に異常があるかどうかを

見るための検査です。

 

「健康診断」という名前が

しっくりきますよね。

 

私の元同僚には「健康診断をしたら絶対に

異常が見つかるから受けたくない」

と言っている人がいました。

 

そのための健康診断なのにと思いますが、

大人の身体検査はどちらかというと

ネガティブな意味で捉えている人が

多いですね。

 

それに対し、学生時代の身体検査は

ちょっとイベントになっていますよね。

 

「やった、アイツの身長を抜かした」とか、

「また体重が増えた」とか

「身長が伸びないなあ」など

悲喜こもごもですね。

 

身体検査の後はまたちょっとした行事が

待っています。

 

それは「並ぶ順番の入れ替え」ですね。

 

背の低い人から前に並ぶので、

今までの並び方と変わります。

 

私は小学生の頃は真ん中より

前の方でした。

 

どちらかといえばチビの部類ですね。

 

それが中学生になったあたりで

急激に身長が伸びたんです。

 

おそらくその検査1回で5・6人ぐらいは

身長を抜かしたと思います。

 

そうなると出てくるのが

背伸びした疑惑」です。

 

私に身長を抜かれた生徒が集まって背比べが

始まります。

 

そのうちの一人が私の足を押さえて背伸びが

できないようにし、他の人が背の高さを

比べるということか起こるんです。

 

目で見ても私の方が背が高かったのですが、

その事実をなかなか受け入れてもらえず

ワイワイやっているうちに先生から

「早く並べ!」と起こられるんです。

 

ラチがあかないので先生が背の高さを比べて

「お前(私)の方が高い」と

言ってくれたのでその場は収まりました。

 

「背伸びした疑惑」が晴れだ時、

晴らせてくれた先生には感謝しましたね。

 

そう考えると身体検査は「遠足」や

「運動会」「通信簿」に次ぐイベントだった

のではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

2.デリカシーのない教師

 

身体検査は「身体測定」

だけではありません。

 

尿検査」などもあるんです。

 

その時に「尿蛋白」で引っかかって再検査を

することになりました。

 

今となっては再検査は面倒だな

としか思いませんが、学生の頃は

再検査なんて他人にバレたくない

と思うものです。

 

指定された時間にこっそりと保健室に

行ったのですが、

肝心の保健の先生かいなかったんてす。

 

仕方ないから先生を探して学校内を

うろついていたら別の怖い先生から

「何をしてるんだ」と聞かれて

事情を話しました。

 

そしたら一緒になって

探してくれたんですが、

程なくして保健の先生が見つかったんです。

 

よかったと思ったのも束の間、その先生が

コイツ尿検査で引っかかって再検査!

と大声で叫んだんです。

 

他人に知られたくなかったのに、

そこにいた生徒たちに丸わかりです。

 

当時の私からしたら

「なんてデリカシーのない先生だ」

と思いましたね。

 

これを読んでいる先生がもしいたら、

その辺りを汲んでいただきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

12月28日は「身体検査の日」。

 

そこで学生時代の身体検査について

振り返ってみました。

 

良い結果が出てもそうでなくても

嫌なことが起こるものですね。

 

ただ、お子さんのいる家庭にしてみたら、

毎日顔を合わせているのでなかなか

我が子の成長がわからないものです。

 

この身体検査は我が子の成長がわかる

いい機会だと思います。

 

大人になってからは体の異常が

あるかを見る検査として、

積極的に受診していただきたいと思います。


生活・文化ランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村