12月21日は「バスケットボールの日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

漫画によってメジャーになったスポーツの

記念日があります。

 

今回はそういう記念日です。

 

私は学生時代にこの漫画を読んで

はまった人間の一人です。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで12月21日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで12月21日は何の日かというと

バスケットボールの日」。

 

皆さんは「バスケットボール」を

やったことはありますか?

 

私は体育の授業でしかやったことは

ありませんが、「マンガ」によって

はまった人間の一人です。

 

そこで、「バスケットボールの日」

が制定された経緯と、

私がバスケットボールにはまった

原因のマンガついて

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク

 

 

 

「バスケットボールの日」が制定された経緯

 

「バスケットボールの日」を制定した

というよりは、バスケットボールの解説者である

島本和彦さんが提唱しました。

 

そこで「『バスケットボールの日』委員会

が作られて2011年から実施されています。

 

つい最近までなかったんですね。

バスケットボールは歴史のあるスポーツなので、

もっと昔からあるようなイメージでした。

 

まあ日本では盛んになったのは「スラムダンク

というマンガが流行ってからですかね。

 

それでも20年以上前の話ですがね。

 

島本さんが提唱していなければ

「バスケットボールの日」は

まだ作られていなかったかもしれません。

バスケットボールの歴史は古く、

1891年12月21日

マサチューセッツ州スプリングフィールドで

初めてバスケットボールの試合が行われた

という経緯から

12月21日を、「バスケットボールの日」

と制定されました。

 

バスケットボールという競技が

作られたのもこの年です。

 

それからというもの、アメリカでは

メジャーな競技でどこにいっても

バスケットのゴールがあるものの、

日本ではゴールがある公園は少なく、

それほどメジャーではありませんでした。

 

それを流行らせたマンガが「スラムダンク」。

そのマンガについて取り上げていきます。

 

 

「スラムダンク」について

 

「バスケットボールのマンガ」と聞いて、

どのマンガをイメージしますか?

 

今の若い人達は「黒子のバスケ」

とかいうのかもしれません。

 

しかし我々の世代では「スラムダンク

という人が圧倒的に多いのではないでしょうか。

 

「スラムダンク」とは1990年から

週刊少年じゃんで連載されていました。

 

ちょうど私も学生時代で、

部活は何にしようかと考えるような時期でした。

 

そんな中、スラムダンクの影響で

バスケットボール部に入部した人が

多かったですね。

 

バスケットボール関係者には喜ばしいことだと

思いますが、スラムダンクが連載される前から

バスケットボールをやっていた人は

「流行に乗りやがって」と怒っていましたがね。

 

スラムダンクの主人公は

巷では名の通った不良でバスケ初心者である

「桜木花道」。

 

中学から有名な選手だったルカワこと

「流川楓」。

 

キャプテンのゴリこと「赤木剛憲」。

 

先輩から目をつけられてたリョーちんこと

「宮城リョータ」。

 

中学でMVPを取るほどの選手でしたが、

膝の怪我でバスケを一時やめた後

グレていたミッチーこと

「三井寿」。

 

この5人が主力メンバーで大会を勝ち抜いていく

というストーリーです。

 

この過程でいろんなことがありましたね。

 

ゴリ以外は「問題児軍団」でしたからね。

 

初心者の花道がゴリとバスケの勝負をしたり

流川やリョーちんと喧嘩したり、

陵南と練習試合をしたり

監督の腹をタプタプしたり。

 

花道がバスケをやる過程で

いろんなことが満載でしたね。

 

その中でも一番印象的なのは

「ミッチー」がバスケ部に戻るところでした。

 

ミッチーが不良軍団を引き連れてバスケ部に

乗り込んできて、もうメチャクチャな

ケンカになり、それが先生にバレて即廃部か

大会に出場停止を食らうような状況でした。

 

ミッチーがバスケ部にもどりたいことを知った

「桜木軍団」の1人である「水戸洋平」の一言

バスケ部を救うことになりました。

 

「三井くんが僕らのグループから出て

バスケ部に戻りたいなんていうから頭にきて

バスケ部も三井くんもやってしまいました。」

と言いったおかげでバスケ部はお咎めなしで。

 

ミッチーは

バスケ部に戻ってきて大活躍しました。

これは超脇役である「水戸洋平」の

超ファインプレーだったのではないでしょうか。

 

この先どうなるんだろうと思っていたところでの

洋平のこのシーンははカッコよかったですね。

 

ただ、個人的には「ミッチー」が

一番好きでしたね

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ

 

12月21日は

「バスケットボールの日」。

 

そこでバスケットボールのマンガである

「スラムダンク」について取り上げてみました。

 

ここで皆さんに聞いてみたいです。

 

皆さんは「スラムダンク」のどのシーンが

一番印象に残っていますか?


生活・文化ランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村