12月16日は「電話創業の日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

文明や技術の発達を感じる

記念日もあります。

 

今回はそういう記念日です。

 

これからも発展していくのでしょうが

個人的にはもう十分だなと思います。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで12月16日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで12月16日は何の日かというと

電話創業の日」。

 

電話」も時代とともに進化しており

現在でも各社が競うように

新機種を売り出しています。

 

そこで、「電話創業の日」にデータと

私が使ってきた電話の移り変わりについて

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク

 

 

「電話創業の日」のデータ

 

日本で初めて電話創事業が始まった日は

1890年(明治23年)12月16日

 

当時の東京市内と横浜市内、そして

東京と横浜を結ぶ回線を設置して

事業が始まりました。

 

当時の加入者数は東京が155件、

横浜が44件ということで、

現在とは人口の規模こそ違いますが

ほんの一握りの人しか使えなかったのが

わかりますね。

 

まあどんなものでもできたては

そんなもんでしょうけど。

 

ちなみに日本で最初の電話は

1877年(明治10年)の

政府内で試験的に世知したのが

最初だそうです。

 

ということは試験開始から

事業開始まで13年も

要したことになりますね。

 

現在と違って連絡をしたくても

手段がないのでいろんなことで

苦労したんだなと思います。

 

 

電話の移り変わり

 

1.ダイヤル式電話機(黒電話)

 

皆さん上のイラストを見てください。

 

私が物心がついたときに我が家にあった

電話機です。

 

真ん中のダイヤルを「ジーコ、ジーコ」と

回して電話番号を入力して相手に

電話していました。

 

中高年以上の方は「懐かしい」と

思ってくれるのでしょうが、

平成生まれの若者は

見たこともないかもしれません。

 

当然古い電話ではありましたが、

現在の電話よりもすぐれていた点が

一つだけあったんです。

 

それは「コンセントをつながなくても

通話ができる」ことです。

 

いわゆる「エコ」というやつですね。

 

我が家ではこの電話は昭和の終わり頃まで

活躍していましたね。

 

 

2.子機が付いた電話

 

昭和の終わりごろに黒電話と

別れを迎えます。

 

次のイラストのような電話が

我が家にやってきました。

 

左が「親機」で右が「子機」なのですが

親機は実際に使っていたものとは

形が違いますが、

子機はこんな形をしていました。

 

これで一番驚いたのは

コードレスで電話ができる

ということでした。

 

これは衝撃的でしたね。

 

私も年ごろでしたから

両親に電話での会話を聞かれたく

ないわけです。

 

そんなときにこの電話が我が家にやってきて

大喜びしたのを覚えています。

 

 

3.携帯電話

 

2の電話が我が家に来てから

10年位でしょうか。

 

その前に「PHS」というのが流行っていて

建物の中では使えないシロモノでした。

 

PHSとは携帯電話の前身みたいなもので

安く手に入ったので学生の間では

流行っていましたね。

 

現在の大学生はスマートホンを

持っているのでしょうが、

当時はPHSや携帯電話を持っている人は

半分ぐらいだったでしょうか。

 

私は携帯電話を持つのが遅かったので

PHSを持たずにいきなり携帯電話を

持ちました。

 

そんな中、初めて携帯電話を持ったときの

あの感動。

 

最初なんてそうかかってくるはずもない

電話を眺めながら、家電で携帯電話を使う

練習をしたのを覚えています。

 

今の若者には味わえない感動

ではないでしょうか。

 

今では「スマートホン」

の時代になりましたね。

 

こうしてみると電話って

著しく進化を遂げたものの一つ

なのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ

 

12月16日は「電話創業の日」。

 

そこで私がが使ってきた電話機を

取り上げてきました。

 

「懐かしい」と思われた方も

いると思います。

 

かたや「見たこともない」

という若者もいると思います。

 

ともあれこの日をきっかけに

電話による便利さをかみしめていただけたら

幸いです。


生活・文化ランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村