11月3日は「サンドウィッチの日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

 

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

最低一つは記念があります。

 

できる経緯は様々ですが、

そこには制定した人の

気持ちが込められています。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで11月3日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

というわけで11月3日は何の日かというと

サンドウィッチの日」。

 

サンドウィッチ」と聞いて

何をイメージしますか?

 

私は「ツナサンド」を筆頭に

「たまごサンド」ガス機で、

買うときは必ずこの2つがっ入っている

ものを選びます。

 

レシピはかさむ具材によって変わるので

無数にありますね。

 

そこで、「サンドウィッチの日」

が制定された経緯と

「サンドウィッチ」の誕生秘話について

鳥阿部て行きます。

 

スポンサーリンク

 

「サンドウィッチの日」が制定された経緯

 

制定したのは

「神戸サンド屋」。

 

現在の「神戸サンドウィッチ工房」。

 

11月3日はイギリスの貴族である

サンドウィッチ伯爵」の誕生日。

 

これにちなんで制定されたこと。また

「11(いい)3(サンド)」の

語呂合わせによっても11月3日を

「サンドウィッチの日」に制定されました。

 

 

「サンドウィッチ」の誕生秘話

 

サンドウィッチ伯爵は部類のトランプ好きで

食事をするのも忘れてトランプを

するほどでした。

 

しかし、空腹には勝てない、

でもトランプは中断したくない。

 

そんな思いで考案されたのが

パンとパンの間におかずを挟んで

片手で食べて、片手でトランプをした

ということが

サンドウィッチの始まりでした。

 

今だったら

「行儀が悪い、どちらかにしなさい」

と怒られるのではないでしょうか。

 

ただ、サンドウィッチ伯爵のトランプ好き

また横着さが「サンドウィッチ」を

生み刺したということですね。

 

今ではすっかりおなじみになり

様々な具材を挟むことで

レシピも無数に広がりを見せています。

 

発明というのは大抵

「楽をしたい」「横着したい」等

という思いから生まれるものですよね。

 

こういう出来事が私の横着さを

肯定してくれている気がしてなりません。

「横着バンザイ!」(笑)

 

ただ、発明家曰く

「こういうのがあったらいいな」

と思いついたニーズは

他の人もそのニーズを持っている

ということです。

 

今回はサンドウィッチ伯爵の横着さから

生まれた産物

と言えるのではないでしょうか。

 

「サンドウィッチ式の食べ方」

としてサンドウィッチが世に広がりました。

 

これがヒントになって「ハンバーガー」が

生まれたとされています。

 

「ハンバーガー」も形は違えど

パンの間に具材を挟んでいますよね。

 

たっだ、ハンバーガーの場合は

大きく口を開けないと食べられないことが

多いですが。

 

サンドイッチもハンバーガーも

今では日本でも人気の食材。

 

おおもとはサンドイッチ伯爵の横着さから

生まれた産物です。

 

なんだか複雑な気分ですね。

スポンサーリンク

 

まとめ

 

11月3日は「サンドウィッチの日」。

 

「サンドイッチ」を広めたのは

「サンドウィッチ伯爵」。

 

サンドウィッチ伯爵の

食事を忘れるほどのトランプ好き

が生んだ「サンドイッチ」。

 

トランプを中断したくないという

横着さから生まれた

「サンドウィッチ」。

 

それをヒントにパンにハンバーグを挟んで

生まれた「ハンバーガー」。

 

「横着」と言ったら聞こえが悪いですが、

「横着」が新たなものを作ってきたのも

事実です。

 

というより「便利さを求める」ことが

新しいものを生み出すんですね。

 

サンドイッチははさむ具材によって

無限に広がるレシピ。

 

私も含めて横着な人はこのことを胸に

横着街道を邁進してはいかがですか?

 

「横着バンザイ!」。

 

でもほどほどにした方が

いいですよ。


生活・文化ランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村