11月29日は「いい肉の日」

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

美味しい記念日が多いですね。

 

今回もそういう記念日です。

と言うか大好きな日です。

 

今回もこの食べ物について

取り上げていきます。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで11月29日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで11月29は何の日かというと

いい肉の日」。

 

「毎月29日」は「肉の日」。

 

その中でも11月29日は1年に1回の

「いい肉の日」。

 

みなさんは「肉」は好きですか?

 

私?

もちろん大好きです。

 

すっかり時期は外れていますが

「野外でのバーベキュー」は

特に好きですね。

 

そこで、「いい肉の日」が制定された経緯と

「野外の焼肉」の魅力について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク

 

「いい肉の日」が制定された経緯

 

「いい肉の日」を制定したのは

より良き宮崎牛づくり対策協議会」。

 

宮崎県と言えば「都城市」の牛が

有名ですね。

 

宮崎県の元知事も

宮崎牛の良さをアピールしていましたよね。

 

制定された目的も同じで、

宮崎県の肉用牛の味と品質の良さで知られる

宮崎牛を世間にPRするために

制定されました。

 

いい肉」の語呂合わせで

11月29日を「いい肉の日」と

制定されましたが、

焼肉店ではこの日に合わせて

セールをやったりしていますね。

 

「いい肉の日」はかなり浸透されたのでは

ないかと感じています。

 

 

バーベキューについて

 

ここでは野外でのバーベキューについて

取り上げていきます。

 

1.バーベキューの魅力

 

① 皆でやる楽しさ

 

何といってもこれが一番でしょうね。

やる場所を決めて段取りするところから

バーベキューは始まっています。

 

なんだか「遠足」みたいなことを

言っていますが、

それに似た感覚はありますよね。

 

材料を買いだすところから始まって

そこから目的地(海とか川とか)に

向かう際のワクワク感

 

大人になってもその気持ちは

変わりません。

 

そして現地で火を起こして

焼肉を食べる。

 

毎回この流れですが、

これがまた楽しいですね。

 

野外でバーベキューをやるのは

アウトドアの醍醐味ですね。

 

 

2.安い肉でも美味しく感じる

 

1にも通じるのでしょうが、

外でやる焼肉は、例えやすい肉でも

美味しく感じますよね。

 

おそらくみんなでやることで

「楽しい」ということが

「スパイス」になっているんですね。

 

キャンプでのカレーと同じ感覚でしょうね。

 

おかげでつい食べ過ぎてしまうのが

唯一の難点ですね。

 

私の場合は「たまにはいいかな」と

思うようにしていますが。

 

 

3.いいところを見せられる

 

もうそんな歳ではありませんが、

若いときだったら、てきぱき動くことで

自分のいいところを見せられますね。

 

仮に好きな人がいようものなら

力の入りようが違います。

 

荷物を運ぶところから

焼くまでの段取りを

スパッとこなせばいいのです。

 

とくに「火をおこす」ことを

涼しげな顔でスマートにやることで

さりげなくいいところを

見せることができます。

 

ただ、

「どや顔」をしてはいけませんよ(笑)。

 

あと、終わった後の後片付け

きちんと行うことで

他と違うところを見せましょう。

 

 

4.番外編

 

・ 火のおこし方

 

せっかくいいところを見せるチャンスなのに

「火がつかない」なんてことがあったら

男を下げてしまいます。

 

今一度、火をおこす手順を確認しましょう。

 

① 用意するもの

 

・ 炭

・ 着火剤

・ トーチバーナーまたはチャッカマン

  (無ければライター)

・ うちわ(トーチバーナーがない場合)

・ 炭ばさみ

・ 軍手

・ 火消壺

 

こんなところでしょうか。

特に「トーチバーナー」はおススメです。

 

勢いよく火が出ますので、

うちわを使うことなく

楽に火をつけることができます。

 

昔「舗装屋」の人と焼肉をやった時は

「ガスバーナー」を持ってきていましたね。

(普通ではそこまで出来ませんがね)

 

② 火のおこし方

 

1) コンロにアルミホイールを引く

跡形で毛が楽になります。

 

2) 着火剤を置く

着火剤を一番下に置きます。

 

3) 炭を置く

着火剤の周りに炭を置きます。

更に着火剤の上にも炭を置きます。

 

この際に気を付けることは

炭の置き方です。

 

なるべき平らな炭を着火剤の上に置き、

なおかつ空気が通りやすいように

隙間を開けて炭を置きます。

 

4) 火をつける

 

着火剤に火を付けます。

着火剤があっという間に燃えますので

うちわを使って風を送り

炭に火を付けます。

 

この時に、下手に炭を動かすと

火が付きにくくなります。

 

5) 炭を追加

ある程度炭に火が付いたら

更に大きめの炭を追加して

更に火を付けます。

 

炭の火が落ち着いてきたら

出来上がり。

 

 

ただし、「トーチバーナー」があると

2)~5)の手間をほとんど省くことができ

労力をかけず簡単に火が付きます。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

11月29日は

「いい肉の日」。

 

残念ながら外で焼き肉をやる季節では

ありませんが、野外での焼肉が好きなので

あえてそれを取り上げました。

 

焼肉屋の焼肉も美味しいですが、

野外でのバーベキューも楽しくて

好きです。

 

そんなバーベキューを

準備から片付けまで

ルールを守って楽しく

やっていただきたいと思います。


生活・文化ランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村