11月24日は「和食の日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

 

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

日本が誇る記念日もあります。

 

今回はそういう記念日です。

「本当に日本に生まれて良かった」と

感じています。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで11月24日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで11月24は何の日かというと

和食の日」。

 

みなさんは「和食」と聞いて

何をイメージしますか?

 

「天ぷら」や「お寿司」等というイメージも

ありますが、「出汁による旨味」

ということも欠かせません。

 

そこで、「和食の日」が制定された経緯と

「和食の魅力」について

取り上げていきます。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

「和食の日」が制定された経緯

 

「和食の日」を制定したのは

『和食』文化の保護・継承国民会議」。

 

またもいろんな会があるなと

感心させられます。

 

収穫の秋であるこの季節に、

「和食」の文化について再認識し、

「和食」を後世に伝えるとともに

守っていくことの大切さを

改めて考えることを目的として制定された

「和食の日」。

 

「11(いい)2(に)4(ほんしょく)」

品和知「いい日本食」の語呂合わせで

11月24日が「和食の日」として

制定されました。

 

 

若干苦しい語呂合わせですね。

11月29日でもいいような気がしますが

敢えてツッコまないようにしましょう。

(ツッコんどるがな)

 

今では洋食を食べる機会も多いですよね。

パスタとかピザとかハンバーガーとか。

 

もちろん洋食を否定するつもりは

ありませんが、

今回は「和食の日」ということで

「和食」の魅力に

迫っていきたいと思います。

 

 

「和食」の魅力

 

一口に「和食」と言っても

様々な食材で様々なレシピがありますね。

 

そこで、私が考える「和食の魅力」に

迫っていきます。

 

 

1.素材の味を生かした料理

 

全部ではないかもしれませんが、

和食は「素材の良さを生かした味付け

がなされていますよね。

 

また、同じ11月24日は

鰹節の日」。

 

この鰹節で取った出汁で作られた料理は

まさに和食を支えているのでは

ないでしょうか。

 

特にこれからの時期は「おでん」が

食べたくなりますよね。

 

コンビニでおでんのにおいを

嗅いだらもうダメ!

 

「たまごと大根とはんぺんと・・・」

と注文する始末。

 

おでんの汁も

食材の良さを引き立てる味と

言えますね、

 

 

2.四季それぞれに旬のものがある

 

日本は四季がはっきりしています。

 

それぞれの季節で旬のものがありますよね。

 

海の幸、山の幸、川の幸それずれが

1年中料理を彩ってくれるので

食卓も華やかになりますね。

 

また、先ほどのおでんではありませんが、

「食材そのものの旬」というよりは

寒くなったら食べたくあるものも

ありますね。

 

旬の味を楽しむのも

人生を楽しくしてくれる要素ですね。

 

また、みそ汁など中に入れる具材は

変わるものの、1年中食べても飽きない

のが「和食の強み」かもしれませんね。

 

 

3.ヘルシーである

 

全部ではないでしょうが、

和食はヘルシーなものが多いですよね。

 

一汁三菜」って聞いたことが

あるでしょうか。

「主菜」が一品、「副菜」が二品、

「汁物」が一品で「一汁三菜」です。

 

この「一汁三菜」は栄養バランスがよく

日本人の健康を支えている食事と

言えるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

まとめ

 

11月24日は「和食の日」。

 

普段何気なく食べていますが、

改めて「和食」のすばらしさを

再認識しました。

 

食材の豊富さ、味付け、栄養のバランス

どれをとっても素晴らしいでは

ありませんか。

 

その素晴らしさが世界から認められ、

和食が「ユネスコ無形文化遺産」に

登録されました。

 

この日をきっかけに、

和食のすばらしさを

再認識していただければ幸いです。


生活・文化ランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村