11月23日は「小ねぎの日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

 

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

脇役の記念日もあります。

 

今回はそういう記念日です。

たまにはそういう日もあって

いいのではないでしょうか。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで11月23日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで11月23は何の日かというと

小ねぎの日」。

 

「万能ねぎ」とも呼ばれている

小ねぎ」。

 

その名の通り、様々な場面で「小ねぎ」が

使用され、万能ぶりを発揮していますね。

 

そこで、「小ねぎの日」が制定された経緯と

「小ねぎ」について取り上げていきます。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

「小ねぎの日」が制定された経緯

 

「小ねぎの日」を制定したのは

小ねぎ主産県協議会」。

 

この協議会は宮城県、高知県、大分県、福岡県、

佐賀県の「全国農業協同組合連合会」の

県支部で構成されています。

 

これまたいろんな団体があるんですね。

 

11月23日と言えば「勤労感謝の日」。

 

この日を

「国産小ねぎの販売促進のシンボル的な日」

と位置づけて、

勤労感謝の日に「労う(「ねぎ」らう)」

にとして制定された「小ねぎの日」。

 

なるほど、「ねぎ」らうのかと

感心してしまいました。

 

勤労に対する労いとして栄養がある「ねぎ」で

「ねぎ」らってもらいたいものです。

 

 

「小ねぎ」について

 

1.私の「小ねぎ嫌い」の克服

 

私は子供の頃「小ねぎ」が嫌いでした。

 

それにもかかわらず「小ねぎ」はいたるところに

「薬味」として登場します。

 

あの苦味が私を

苦痛の渦へといざなっていきます。

 

例えば蕎麦を食べてもごっそり残っている

「小ねぎ」。

 

当然「小ねぎ」を避けて食事をした結果ですが、

これてよく怒られたものです。

 

先日の記事 記念日は毎日です!11月21日は何の日「カキフライの日」私の恩人

みたいに「カキ」が「カキフライ」に変化したり

するわけでも、救世主が現れるわけでもない。

 

私の「小ねぎ嫌い」は20歳ぐらいまで

続きました。

 

しかし、20歳を過ぎたぐらいから

「小ねぎの苦味」が

だんだん気にならなくなりましたね。

 

特に「ねぎ嫌い」を克服しようと

していませんし、克服するきっかけが

あったわけでもありません。

 

しかし今となっては自分から

「小ねぎ」を探して蕎麦に入れる始末。

 

私が思うに、年齢を重ねるにつれて苦いものを

欲するようになるのではと

勝手に思い込んでいます。

 

気付いたら「小ねぎ嫌い」が

克服されていました。

 

もしかしたら、

「酒飲みはしょっぱいものが好き」ということも

影響があるのかもしれません。

 

ということは、「小ねぎ嫌い」を

克服させてくれた救世主は

「お酒」だったのかもしれません。

 

 

2.小ねぎの効能

 

「小ねぎ」は「万能ねぎ」と言われるぐらい

栄養価も高い食材です。

 

決して主役にならず、

脇役に徹している小ねぎですが、

実は主役を押しのけるぐらいの栄養があります。

 

 

①.ビタミンAが豊富

 

「小ねぎ」にはビタミンAが

豊富に含まれています。

 

ビタミンAは抗酸化作用があり、

諸悪の根源である「活性酸素」を

抑える効果が期待できます。

 

また、ビタミンAは体の中の粘膜を正常な状態に

保つために必要な成分であり、

免疫力を高める効果が期待できます。

 

 

②.ビタミンCが豊富

 

「小ねぎ」にはビタミンCが豊富に

含まれており、コラーゲンの生成を促進したり、

シミやソバカスなどを予防することで

美肌効果が期待できます。

 

また、免疫力を高めたり、

ストレスの原因を抑制する働きが期待できます。

 

 

③.カルシウムが豊富

 

「小ねぎ」にはカルシウムが

豊富に含まれています。

 

ご存知の通り、

カルシウムは骨や歯を丈夫にする成分ですね。

 

カルシウムが不足すると怒りっぽくな

るというだけでなく、骨粗鬆症になってしまう

恐れがあり骨折しやすくなります。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

まとめ

 

11月23日は「小ねぎの日」。

 

その名の通り、勤労感謝の日に「ねぎ」らう

ために制定された「小ねぎの日」。

 

私はおかげさまで「小ねぎ」の苦手を

克服することができました。

 

そして、薬味として活躍してくれて、

栄養もある「小ねぎ」を食べて健康体を

維持していきたいものです。

 

この日をきっかけに「小ねぎ」を生産している

関係者に感謝をしながら、

「小ねぎ」の存在感を再認識していただけたら

幸いです。


生活・文化ランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村